2015年03月28日

春はミモザ。

DSCF6747


晴れやかな空に
ミモザが跳ねる。

今年もちゃんと、
春が来たこと
教えてくれる。

旅立ったのは
確かに春。

あれから
時は流れて・・・・

人はきっと
帰りたい場所があるから
がんばれるの。

いつか
「お帰り。待っていたよ。」って、
頭を撫でてもらいたくて

あたしは
必死でがんばっている。

今はひとり、
春の中で
歓び跳ねるミモザを見上げながら
がんばっている。
DSCF6732_convert_20150320164152



nori56jp1 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 

2015年03月16日

うさぎ

あたしはうさぎ

あたしはピンと耳を立て
菜の花畑で隠れてる

もしかしたらあのひとが
あたしの名前を呼びながら
探しに来てくれるかもしれないと

あたしは安全な場所で
じっと静かに待っている

あれはもう 随分と前のこと
ぬくぬくと暖かい部屋の中で
育っていたあたし

だけどある日 野に放たれて
あたしは 帰るお家を見失ったの

あたしはひとりでも
きっと生きていけるけど
いつもあのひとを思い出す

もしかしたら あのひとが
ひどく後悔して
あたしの名前を呼びながら

泣きながら探しに来てくれるのではと
心のどこかで思ってる。

菜の花畑で 今日だけは
待ってみたいと思ってる。

あしたになれば
ふっきれて
野うさぎとして生きてゆく。

だから今日一日は
聞き耳を立てこの場所で

あたしは 待ってみるつもり。
DSCF6724



2015年03月10日

花は枯れるから。

花は 枯れるから 
美しさが鮮やかに残る

生きているものには
命があること、

限りある中で
精一杯自分を輝かすこと、

教えてくれる

きれいに咲いて
ゆっくりとしおれ
やがて枯れてゆく

だから

「ありがとう。
こんなにもきれいに咲いてくれて」と

声をかけたくなる。

自分らしく
ひたすらに咲くこと

花はわたしに 教えてくれる。

DSCF6656


nori56jp1 at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2015年02月17日

悔い

今の自分であれば
間違うことなどなかった。

けれど
まだ若かったから。

必要とされることもなければ
愛されることもなかった。

ささやかな出来事も
語りあえず
笑いあえず
小さな喜びもわかちあえずに。

何も
わたしにできることなどなかったことを
今になって悔いている。

愛されることが

誇りと尊敬の上に成り立っていること
これから 肝に銘じて
わたしは生きていく。

DSCF6677




2015年02月13日

片思い

想いは
届かなくてもいい。

ただ この胸で
面影を追うだけでいい。

何も、返ってこなくてよいのだから。

誰も知らない、
この胸の中で
大切に仕舞いこむ思いがあっていい。

ずっとあたためる
想いをひとり
抱いていればいい。

変わることのない
私の愛を貫くために。

片思いが
私を少女にしてくれるから。

きれいなままの
記憶に留めて。

DSCF6652_convert_20150205214224




2015年02月01日

つくし

つんつん つくし
出ておいで。

春が来たから
出てきたと、
わたしの前で笑ってみせて。

つんつん つくし
出ておいで。

だって春だもの、
呼ばれた気がしたの、と

おちゃめに
ちょっぴり胸張って、
私の顔を見上げてみせて。

つんつん つくし
待ってるの。

うれしい春を
連れてきて。

DSCF6647_convert_20150131234101


e06eab31


nori56jp1 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2015年01月23日

額縁の空

わたしに与えられた空は
小さい空で

神様はわたしに
「ささやかに生きよ」と
小さな空を差し出された。

わたしは
その空を
隅から隅まで飛びまわって、
それでもまだ力を持て余し、
もっともっと遠くまで
その空を突き破り
飛んでみたかったけれど

わたしは
その時知ったの

私の空は
この大きさですべてだと。

だからわたしは

せめてこの空を
きれいな額縁で飾り

その中で
美しく飛ぶことだけを
考えているの。
TOPsky






nori56jp1 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2015年01月22日

変らない

変らない
見降ろす海も。

変らない
見上げる山も。

変らない
空を飛ぶ鳥も。

変らない
いつも通る道も。

変らない
この心も。

けれど人生だけは
川を流れる水のように
勢いをつけて流れていく。

いつか
景色も変えないままに

わたしはどこかに
たどり着けるのだろうか。
DSCF6621



2015年01月09日

夕日

DSCF6586

ふと顔を上げて 窓の外を見た。

夕焼けに包まれた ピンク色の家並みに
思わず外に飛び出して 海まで走った。

 「間にあったね。待っていたよ。」
美しい夕日が
穏やかに私を迎えてくれる。

 「忙しかったの。ごめんなさい。」
心で夕日と語らう時間。
穏やかに満ちる時。

夕日に照らされて輝くさざ波。
優しい風景にほっとする。

日没まであとすこし。

沈む瞬間は見ないの。
だってさみしくなるから。

 「どうか私を見送ってね」
私は夕日に背を向けて歩き出す。

 「ありがとう。またあした。」
背中を押す声に 私は微笑むけれど
胸が熱くて泣きそうになってる。

 「また来るね。
  これからは もっといっぱい。」
歩きながら 私はつぶやくの。



nori56jp1 at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2015年01月06日

涙と微笑み

泣き虫さんは
泣き笑い。
涙と微笑み繰り返す。

そんなに忙しいのは
まだ君が若いからさ。

見てごらん。
あの空を。

雨降りに太陽。

東の空は雨降りで
西の空には太陽輝く。

きっとあしたは 晴れるだろう。

きれいだね。
大きな虹が架かる空は。

大丈夫だよ、って
空までも微笑んでいるよ。

消えるまで
ながめていよう。
希望をくれたあの虹を。

このまま君と一緒に。

DSC_0670




2015年01月02日

消えた影

強い光の中で立つあなたに
あなたの影は言いました。

 「私はあなたの影ですが
 もう あなたから離れます」

それはあなたが絶好調の時でした。

気にもとめていなかったあなたは
心の中で思います。

 「私の影がわたしから
 離れられるわけがない。」

あなたは心でそう思い、
てきとうに受け流してしまいました。
放っておいてもついてくる、
それが影というものだろう。
変なことを言うやつだ、と。

あなたの影には
あなたの思うことはすべて伝わっていました。
影は黙っていましたが
心の中でつぶやきました。

 「強い光を受ければ受けるほど
 わたしという影は強まります。
 けれど、まぶしい光、
 色とりどりの美しい光に照らされた
 今のあなたは、
 自分の影を振り返って見ることも忘れてしまいました。
 つねにそばにいて
 あなたを見ているわたしだからこそ
 あなたのすべてが見えてしまいます。
 もう わたしは必要ないようです。」

そうつぶやくと一瞬にして
静かに消えてなくなりました。

影を失くしたあなたは
まさか、とは思いましたが
特には何も困りませんでした。
さして影響のないことだ、と
知らん顔で過ごしていました。

雨の日や雲のかかる日には
まったく気にもなりませんでした。
どうってことないと思っていました。

けれど お日さまが燦々と注がれる日には
影のない自分を見て あらためて驚きました。

そして光が注がれる時には
消えた影のことを考えるようになりました。

あるべきものがない自分、に気づいたからです。

光と影は ひとつのものでした。
光があるから影があり、
強い影がある時は自分に
強い光が注がれていました。

そのことを知るべきでした。

影のないあなたは
もう知らん顔で生きることを決めました。

けれど時々 何かが足りないと
少し考えるようになりました。

消えた影は
あなたの心に影を落とし
あなたの胸の中で存在するようになりました。

失くした影をあなたは常に探しているのでした。



2014年12月26日

海に立つ

穏やかに
生きることだけがすべてだった。

心静かな日々が
欲しかったから。

そのために
何もしないことを選んだ。

おびえる日々と
訣別するために。


今年最後、
海に立つ。

穏やかな海に
夕日が映る。

泣かないで
泣かないで

かなしみは
海の中に閉じ込めて

いつまでも消えない
黄金色のその輝きは

この胸にきっと残るから。
DSC_0651



2014年12月25日

マリアさま

マリアさま 
マリアさま

わたしが
いつか先で
母に呼ばれて
天国にいけたなら

わたしは
母の胸に抱かれて
もう一度眠りたいのです

マリアさま
マリアさま

かつてはわたしも
次に生まれてきた時は・・・と
思いめぐらせた時期もありましたが

今思うことは、
そうしてずっと母の胸で眠りつづけて
もうこの世には出て来なくてもいいと思っているのです

もう十分に
修行したように思いますし、
考えてみれば
悔いもないような気がします。

マリアさま
マリアさま

クリスマスの夜だから
今のきもちを

マリアさまに
聞いていただきたかったのです。

******
DSCF5659

フランスに訪れた時、
モンサンミッシェルの中で見上げた
素朴なマリアさまです。


きよしこの夜
星はひかり
救いの御子は
み母の胸に 眠りたもう
夢やすく


DSCF5512

こちらはルーブル美術館で見た絵画。
私の「幸せ」のイメージです。

DSCF5459

こちらは ノートルダム大聖堂の中のマリアさまです。
こうしてながめていますと救われるような気がします。



2014年12月11日

さよならは。

さよならは言わない。

ひとつの道が
ふたつにに別れていたから

きっと自然に
違う道を進んだの。

理由なんて言わない。

なぜそうなったのか
どうしてそうしたのか

語らずにいたい

さよならは言わない。
何も告げない。

ほんとうのことなんて
わからなくていいの

真実は
この心の中に…。

最後は誇らしく
胸を張っていたいから

風のように消えるのがいい。

DSCF6570


2014年12月02日

この手の中に。

人間、欲張ってはいけないの。

何かを手に入れようとするとき
人は何かを手放しているのだから。

次々に手に入れている人は
次々に捨てているひと。

もしも、何も手に入らないと嘆くときは
自分の手の中にあるものをしっかりと見つめるの。

そうすればきっと、その訳がわかるはず。

他には決して手に入らない、
大切なものが
すでにそこにあるから。

だからそれ以上のものはありませんよ、と
神様は無言で示されている。

そのことに気がつかないといけないの。

神様は平等にすべてを与えられている。

私は最近 そう思うの。

***
DSCF6561

最近は田舎に帰る度
母を連れて 長府の忌宮神社によくお参りします。
ウコッケイやハトがいて
心が和みます。




2014年11月22日

愛と誇り

この世でたったひとつの
大切な存在になるには

自分がその人にとって
誇りに思える人間になること。

尊敬とともにに愛があり

愛とともに誇りがある。

DSCF6484


2014年11月14日

すべての神さまが。

すべての神さまが
わたしの願いを叶えてくださるわけではないけれど

わたしの 本当の気持ちは
神さまにはお話ししているから

いつかどこかの神さまが
わたしに手を差しのべてくださって

この胸の中にある願いが

ずっとずっと先でもよいから
叶いますように、と
祈っているのです。

この世は

捨てる神あれば拾う神あり、
というけれど

拾っていただける神さまが
きっといると信じて

今はただ
きちんと生きるのみだと
自分に言い聞かせます。

DSCF6478


2014年10月30日

どの道を。

人生は

どの道を
どう通ろうと

きっと出逢う人は同じで、
きっと同じ場所にたどり着く。

だから
こんなはずではなかった、
ということもないし、

違う人生もあったのに、
と考えることもないのだと

わたしは思うようになりました。

前にただ
進むのみです。

DSCF6522

***
旅先の鬼太郎ロードを歩いていた途中で見つけた花に
心癒されました。
つわぶきとホトトギスの和のたたずまいがとてもすてきで
しばし見とれてしまいました。


2014年10月29日

夢の中で

もう 
夢でしか叶えられないことを
今朝 夢の中で叶えて

うれしくて
夢の中で泣いた

うれしくてうれしくて
夢の中で泣きじゃくった。

あきらめたことだけど

せめて夢で、と思っても
夢でさえ見ることも叶わなかった。

だからわたしは
今日はうれしくて

うれしくてうれしくて

夢の中のことだとしても
このうれしい気持ちを
忘れたくないと思った

夢でしか叶えられないことだけれど
今朝の夢を
わたしはずっと
忘れずにいたいと思った。

DSC_0618



2014年10月28日

神様の前で。

神様の前で
手を合わせ
自分の姿を問うのです。

「神様 これでよろしいのでしょうか。」と。

神様は 何も答えられませんが
きちんと見てくださっています。

これでよければ
特に何事も起こりませんし

悪ければ 正されるよう
何かが起こります。

続けて良いことは
継続していく中で
少しづつ神様がご褒美をくださいます。

だから神様の前に立つときは
「どうぞお導きください」と
いつも委ねる気持ちです。

人生は 導かれて生かされるものだと
思っております。

****
DSCF6529

DSCF6483

***
26,27日と2回 出雲大社にお参りしてまいりました。





2014年10月14日

夕焼けに。

DSC_0619

忘れないように
いつまでも

大切に
この記憶を
留めていられるように

毎日
空を見上げて
静かにながめます。

真っ赤な夕焼けが
いつか色を失くして

闇に包まれるまで

今日も一日
忘れずに生きた、と

ただそれだけを伝えたくて

海と空がつながるところ、
夕焼けに褒めてほしいわたしは

今日もこうして来てしまうのです。


nori56jp1 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2014年10月09日

赤い月

DSCF6421

赤い月 
見上げた

あたしは 夜の闇はこわくない

だけど
だけど月がこわい

あたしの悲しみなんて
ほんの小さなことなの

真実なんて
傷を深めるだけ

あたしは力尽きて
闇の中で
息をひそめていたいのに

赤い月が 
あたしを連れ出す

怪しい光に操られるように
あたしは 月明かりの下に立つ

赤い月
もういいのよ

あたしのかわりに
泣かないで。


nori56jp1 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2014年10月02日

髪飾り

DSCF6393_convert_20140925215452


長い髪は
切らなかった。

どんなことがあっても。

私は少女のように

きらきらと輝く
想い出をつなげで
作った髪飾りで

そっと長い髪を
結わえる

変わらない
私の中の少女が

うれしそうに
微笑む。

何もかもすべて
きれいな記憶に変えて

長い髪に飾るの


2014年09月22日

彼岸花のそばで。

DSC_0614

秋の中
空を見上げる

彼岸花のそばに立つ

お彼岸に
突然真っ赤に咲いて

わたしを問いつめる

帰らなくていいの?
あなたの帰る場所は何処なの?と。

知らんふりして生きてきた
笑うことも
泣くこともしたくなかった

人生に起こることの意味など
もう考えたくもなかった

そんなわたしに
真っ赤に咲いた彼岸花が
問いかける


わたしは
秋の空に助けを求めるように

彼岸花のそばで
空を見上げる


nori56jp1 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年09月18日

萩の旗

DSCF6323

萩の花咲いて
今年も秋が来たと教えてくれる

さみしい心を埋めつくす
やさしく可愛い萩の花。

とくべつ
豪華に咲いたのは

わたしに 力をくれるため。

がんばれ、
がんばれ、と
弱いわたしを励まして

かわいい花のついた旗を
にぎやかに振ってくれる

秋の風と力を合わせ
私を応援してくれる。

だからわたしは

「やっぱり秋が好き」 と

萩の花をながめ
つぶやいてしまうのです。



nori56jp1 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集