2021年06月13日18:0435作品目
2021年06月13日18:02紫陽花の季節が好き
2021年06月10日09:57久々のお稽古
2021年06月07日00:35萩土産
2021年06月07日00:33萩へ
2021年05月07日00:46生きていれば色々と経験する。
ホームページの めっせーじに書いた記事を
こちらにまとめることにいたしました。
****************

「生きていれば色々と経験する。」 

おかげさまで4/17で ホームページも丸18年になります。
19年目に突入です。
有難いことだと思っております。

生きていれば 信じられないようなことが起こるものですが
去年は 新型コロナウィルスが出てきて
世界中に広がり恐怖の日々でした。
自粛の日々で 衝撃的だったことを思い出します。

今年はさらに変異種が出て
ものすごい感染者の数が出ているのに
人々の感覚は麻痺してしまったのか
自粛になりませんので 本当にいつになったら
終息するのだろうと 怖さを感じます。

自粛の日々でしたが 去年は私は
レース編みで新境地が開けましたので
夢中で レースを編んで編んで編みまくりまして
意外に充実していました。

しかし 今年は正直 疲れが出ています。
いつになったら終息するのでしょうか。

いろんなことで試され続ける日々ですが
最後は人格、人間力がものを言うのだと思いますから
コツコツと真面目に
今すべきことをするのみなのかなぁと思います。
こんな世の中ですが とにかく 
私はここにいて ホームページは続けたいと考えています。
どうぞ これからもよろしくお願いいたします。  

(2021.4.17)   

2021年05月07日00:45目に見えないものを。
「目に見えないものを。」 

2018年の漢字は「災」だそうですが
こんな言葉が今年の漢字になるなんて ほんとうに悲しいことだと感じます。
それほどに災害の多い一年だったので
試練の多い一年という印象があります。

来年年号も変わるとのことで
終わりの一年だったわけですが
私自身にとっても そのことを実感するような一年でした。

出逢いがあれば別れがあり
始まりがあれば終わりがある。

けれど終わりは 始まりでもある。

終わるからこそ わかることもある。
今になって わかったこともいっぱいある。

今年特に考えたことは
人が亡くなったあと 魂はどこに行くのだろう、ということです。

今年は 私は空を見上げることが多かったように思います。
青空のはるか彼方に微笑む人がいてくれる。

もしかしたら そばにいてくれるのかもしれない。

目には見えないけれど 感じるものを大事にしたい。

残りの人生、誇り高く胸を張って
優しく生きていけたらと 考える日々です。


(2018.12.16)   

2021年05月07日00:44こんなに続けられるとは思わなかった
「こんなに続けられるとは思わなかった。」 

おかげさまで ホームページも 丸15年続けて来れました。
この日を迎えるまでの長い年月の中では
もうダメだ、もう続けられない、と
思うことも何度かありましたが
奇跡的に ページを閉じることなく 15年続けてこれました。

何事もそうですが
続けるということは容易ではありません。

長い年月の中では
うれしい出逢いも つらい別れも
幾度となく経験しました。

もしもすべてが 神様の決められたことだとしたら
私はこれまで
何が何でも失いたくないことも
神さまは取り上げられてしまいました。

けれど このページだけは 取り上げられることなく
ずっと私の手元にありました。

その意味を考える日々です。

無我夢中で駆け抜けた日々でしたが
未熟さゆえ
目の前のことも見失う時期もありました。

絶望もありました。

けれど
たくさんの方より お励ましと優しさをいただき
今日まで このページを続けて来れました。
心から感謝しております。

集う人の 憩いの場所になれますよう
今後とも努力してまいります。
これからも 元気である限り続けてまいります。

よろしくお願いいたします。
(2018.4.17)   

2021年05月07日00:43静かに流れにまかせて。
「静かに流れにまかせて。」 

たぶん ひと言で言うと 欲がなくなったんだと思います。
現実をやっと受け止められた、のかもしれませんし、
この人生はここまでだ、と感じたのかもしれませんし
背中に生えた羽根を仕舞い込んだ、という気もしますが
目の前のやるべきことを淡々とやろうと思うようになった、
ということだと思います。

まず 今年は 顎が外れる、ということが
1/3病院に駆け込んで以来なくなりました。

それから 仕事が本当に順調で
ミスをすることがほとんどなかったものですから
安定の一年でした。

今年の漢字は「北」ということでしたが
私の今年の漢字一文字は「凪」かな、と思っています。

こんなに静かで
こんなに穏やかで
こんなに平和で
こんなに変化のない一年というのは
多分生きているうちで 何度もないでしょう。

そう思えば 今年のこの一年は
人生の中でも屈指の幸せな一年と言えるのでしょう。

私が動かなければ
こんなにも平和なのです。
そのことを悟ったのです。

それゆえ 私は外に出ることをしなかったのです。

流れにまかせて 静かに流れた一年でしたが
正直 来年は 少しだけ
外に気持ちを向けていきたいと考えています。

平和と自由のバランスを取ながら。
(2017.12.15)  

2021年05月07日00:42運気に逆らわない。
「運気に逆らわない。」 

私は今年は とにかく真面目に生きたと思っています。

私の真面目、という定義は、
自分のやりたいようにやらず、好きなように動かず、
新しいことを始めず、おもしろいことに飛びつかず、
現状維持に心掛け、慎ましく生き、
常に自粛して 周りの人に合わせて行動する、ということを言います。

私は 今年は それを実行した年だったと思っています。
去年は何をやっても上手くいき、ご褒美いっぱいの一年でした。
その調子で今年も動いていたのですが
途中で 運気が低迷していることに気づきました。

それからは 神社通いと
あとは とにかく真面目に、
静かに動くことを心がけました。

色々と経験して思ったのですが
あまりにも幸せなことが起きる時は
またその逆へのスイッチを押した時だと自覚しないといけません。

強い光を浴びるときは
同時に闇を抱えてしまっている、ということを
こうして長く生きていれば知ることとなります。

案外人生は 誰に対しても平等なのだと感じます。

何もない、ということは
ある意味とても幸せな状態ということなのです。

私の今年の一文字を考えますと
「外」
この一文字です。

今年は 一時期 何度も顎が外れるというアクシデントもありました。
生きていると 信じられないことも起きます。
何度も病院に飛び込みました。

宝くじを買い続けましたが外れました。

そして「外される」、ということも経験し、

自粛の日々でしたので
蚊帳の外、という気分もありました。

自分の想いから外れて とにかく真面目に生きましたが
厳しいことばかりが起こる一年でした。

けれど すべては 自分の起した行動の結果が出ているのです。
そのことを胆に銘じたいと思います。
だから 伝えたいこともありましたが
ぐっと 呑み込みました。

私が 私自身を満たせないのに
他人まで満たすことはできません。
すべては 自分自身。
責任はすべて自分にあります。

それでも病気もせず、
家庭と仕事は平穏でした。
それだけでも感謝しなくては、と思います。

来年は楽しい年にしたいです。

しくじっても 許してもらえる自分になれますように。

来年は 少し肩の力を抜いていきましようか。
(2016.12.19)