2006年01月15日

満月の夜に

夜はいつも孤独を連れてくるけれど
孤独な夜も私は好き

月の光は心の闇を照らし
忘れようとしていた過去を甦らせるけれど

今夜は静かに想い出と向かいあいましょう

孤独も満たしてくれる月の光
ひとり星空の下で
流れる雲を見ている

遠く旅して
私はここにいるの

自分の心に正直に生きてきた
嘘なんてなかった

たとえいつ消えても
私は決して後悔なんてしないでしょう

月の光は知ってる
このさみしさも切なさも。

今夜は
ひとりじめしたまま・・
包まれたままで。

満月の夜に。


nori56jp1 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2006年01月13日

祈ることができる

私たちは好きな人に何ができるかといつも考えます。
好きな人がいつも健康で 幸せで笑顔であってほしい。
うれしいことであふれていてほしい。
そう思ってもその人のために
何もできない無力な自分に虚しさを感じることもあります。
目に見えるもがないとさみしくなるのです。

でも最近思うのは
その人のことを心から思ってあげること
それが何より大切なのでは、って思うようになりました。

人からいただく想いが 
いろんな悲しみを撥ね退けるバリアのようになって
私を守ってくれているのではないのかなぁ、
と感じられる今日この頃。

「祈ることしかできない」と嘆いた私に
「祈ることができるんだ」と諭してくれた友人の言葉が
今も心に残っています。

大切な人を想い 幸せを祈ることができる。
とても素晴らしいことなんだなぁ・・・

目に見えないからこそ大切にしていきたい。
そう思える今の私です。




2006年01月12日

「愛がすべて」

思い切って始めました。
どきどき。

まだ幼い頃 私の憧れの歌手、GOROさんが
スタイリスティックスの「愛がすべて」を歌われていました。
あまりに素敵だったので忘れられませんでした。
テレビの前にテープレコーダーを置き
息を止めて録音しました。

とてもとてもすてき。

姉の持っていた歌本を見て 辞書を引きお勉強。
一緒に歌ってとても満足でした。

このプログのタイトルを考えたとき
この言葉しか出てきませんでした。

「愛がすべて」

人生は 愛がすべて。

色んなことを語っていけたならぁ、って思っています。
少しずつ
ゆっくりと 
いろんなことを。

nori56jp1 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)