2021年05月07日00:22教えていただいたことをいつも胸に。
教えていただいたことをいつも胸に。

実は 先月 私の習っている日舞の師匠(おおせんせい)が亡くなられました。
私は 今まで身近な人を失ったことがなかったため
本当にショックは大きく いろいろと現実を受け止めるまでに時間がかかりました。
このことを口にすることも辛くてできませんでした。

つい先日まで お元気で
しゃきっとしていらっしゃるお師匠さんを拝見したのに・・・と 
とても信じられない想いでしたので 
葬儀の日 お師匠の胸元にお花を手向けたときは
本当に泣けて泣けてどうしようもありませんでした。
大切な人を失うということは こんなにも悲しく虚しいものなのかとやりきれない想いです。
あまりにも認めたくない現実だったからです。

「変わる素晴らしさ、変わらない素晴らしさ」(2003.5.23)でも書いていますが
師匠の言葉は本当に胸に沁みるものでした。
当時は何を言われても涙が出てしまう私でした。
今しみじみ お師匠が私に投げかけてくださった言葉をかみしめています。
日舞をもう一度習いたいと 先生を捜して こうしてお師匠とご縁があったことを感謝せずにはいられません。
途中からお師匠のお弟子さんへと教えていただく方は変わりましたが
お師匠に直接ご指導していただいたことがあるというのは
今思うとあまりにもうれしく誇れることです。
身に余る光栄としか言いようがありません。

お師匠はいつもたくさんのお弟子さんのことを考えていらっしゃいましたし
踊りのことをいつも考えていらっしゃいました。
あまりにも偉大で 素晴らしい師匠でした。

最後にお逢いした時の お師匠の言葉を思い出します。

「きものを着るときは きものにも "今日はかわいく着せてちょうだいね"って
 話しかけてあげるのですよ。
 着てあげてる、ではないのですよ。
 私はいつもそうしています。
 そういう心が大切だと思うのですよ。」
 そう言って 少女のような表情をされたことを今も忘れられません。
 
人生の師と仰ぐ人を 失うということは なんとも虚しく悲しいものですが
どうか見守ってくださいと心の中で手を合わせ
これからの日々 背すじを伸ばして しゃんとして生きて行きたいと思っています。

そして今想うのです。
今 自分にできることを精一杯、悔いを残さずに・・・と。

(2006.11.25)

2021年05月07日00:18自分のために 忘れてはいけない言葉。
 自分のために 忘れてはいけない言葉。

自分のために
 決して忘れてはいけない言葉をここに書きます

  人生は信じられないようなうれしいことがあれば
それとおなしくらい苦しい事も起こってきます。
絶頂と絶望は いつも隣り合わせなのです

 私が私でいるために
 しっかりと立っているために
 忘れてはならない大切な言葉を
 自分のために書きます。

    「日舞の先生の私への言葉」

「一生懸命がんばるチャンスを与えていただけただけいいじゃないですか
 それだけでも感謝感謝なのですよ。
 あなたは人に評価されたいからがんばったのですか?
 そうではないでしょう。
 今はわからなくても きっとわかっていただける時がきます。
 いえ わからないままであったとしても いいではないですか。

 背中を向けたら終わりです。
 口にすれば それで終わります。
 けれど それは本当に最後の最後に言うのです。

  今までやってきたことは 一人でできたことではないでしょう?
家族にも 周りの人にも協力していただけたからこそ
続けてこられてのですよね?
やめてしまったらその人たちに対しても申し訳ないじゃないですか。

 ならば 黙って淡々と自分のやるべきことをするのです。
 それでいいではないてすか。

 自分が自分を褒めてあげられれば それでいいではないですか。
 それで充分なのですよ。
 感謝、感謝なのですよ。

(2006.05.26)

2021年05月07日00:17ずっと守られてきたことを
〜ずっと守られてきたことを〜
私も日舞を始めて丸7年になります。
毎週火曜日のお稽古から 私の一週間は始まっているように思っています。

踊りだけでなく 子育てについてや着付けについて、
礼儀や 人生についてまで 色んな話を聴かせていただけます。

おもしろいもので 踊りにも性格が出てしまうようです。
私の場合
『この私を見てちょうだい!!』・・・というような踊りになっていたことに
7年やってみてやっと自分が見えてきて
懸命に今 変わる努力をしているところです。

まだまだ果てしない道の途中です。

今回もいろんなお話を先生にしていただく中で
こんなことを言っていただけました。

 「あなたは小さい頃から
 車に酔ってどこにもいけないから・・・とかで
 あなたのことを
 みんなが一生懸命守ってきたのでしょう
 でも
 もう自分のことは自分で守らないといけないんですよ
 そして今度は
 あなたがみんなを守ってあげなければならないのですよ。」
 と。

あぁ そうだったのか
守られていることに甘えていたんだ。
なんということでしょう。

生きている限り勉強です。
学ぶことの出来る人生は素晴らしい。
私も 7年続けてきた日舞ですので
これからは資格を取ることを目指してがんばってみようと心に決めました。

目標があるってうれしいことです。
私らしい人生を貫きます。
(2006.03.08)



2021年05月07日00:16求めるものは
〜求めるものは〜
無我夢中で進む日々ですが いつも気がつくと壁に突き当たっている自分がいます。
自分の弱さを痛感します。

自分らしくと言い聞かせながら いつも自分を見失います。
マイペースといいながら 気がつけば周りのペースについていくのが必死で
息も上がり 倒れそうになっている自分がいます。
自分らしささえ 分からなくなっている自分がいます。


自分のことを わかってほしい。
必要とされたい。
私を認めてほしい。
受け入れられたい。

気がつけば そんな気持ちでいっぱいになっている自分がいるのです。
けれどその想いは たいてい空回りします。
きっとそう思う自分に
どこか見返りを求める気持ちがあるからでしょう。


そんな時
いつも助けられるのは 友人からの温かい言葉です。
なんとか前を向いて頑張ろうと思えます。
乗り越える力をいただけます。
このままでも大丈夫だよ、って背中を撫でていただけて
励まされ元気をもらい前に進む気力がわいてきます。
本当に感謝、感謝です。


そして今日もまた 日舞の先生に諭していただけました。

「人に求めるのではないのですよ。
 自分自身に求めるのです。
 自分のやるべきことを淡々とやるのです。
 それでいいのですよ。」

  「初志貫徹です。」

求めるものは 自分の中に。

なかなか成長できない私ですが
誇りを持ってがんばります。

ホームページもあと1ヶ月半で3周年です。
みなさま いつも本当にありがとうございます。

(2006.02.28)

2021年05月07日00:15ここにいられるだけで
〜 ここにいられるだけで 〜
私たちは毎日一生懸命生きているつもりなのですが
何かと落ち込むこともあり 自分に自信を失くしてしまうこともよくあります。
なかなか自分自身を好きでいられることは難しいような気がします。

いつも日舞のお稽古の度に 先生に色んな話をしていただけます。
先日の日舞のお稽古の日も 私は日舞の先生に こうお尋ねしてしまいました。

「先生、私は自分では一生懸命のつもりなのですが、私には何かが足りないようです。
 何が足りないのでしょう。それがわからないのです。」
すると先生は穏やかに微笑まれ こうおっしゃいました。

「何が足りない・・のではないのですよ。」

間を置いてまた穏やかにひとこと。

「すべて不足しているのです。」

「・・・・あぁ!!」言葉を失いました。
そうだったんだ。その通りです。
何をいきがっていたのでしょう。

そして言われました。
「自分が自分が・・という気持ちになっているのです。
 ここにいられるだけで感謝なのですよ。感謝しましょう。」と。

本当に胸がいっぱいになりました。
ここにいられるだけで 本当に幸せなのです。

いつもいつも大切なものは「心」だと自分に言い聞かせながらも
自分を見失っている自分がいます。
いつも自分を引いて 感謝する心で過したい。
あらためて思う 身の引き締まる12月の朝です。

ここにいさせてくださって 本当にありがとうございます。

(2005.12.01)

2021年05月07日00:14ずっと変わらずにこの場所で
〜 ずっと変わらずにこの場所で 〜

おかげさまで私のこのホームページも3周年を迎えることができました。
一年目はあっという間のようで 実は本当に色々な試練がありました。
何度も挫折しそうになりました。
けれどそんな状況だったからこそ
たくさんの人に支えていただいていることを実感しました。 
自分の無力さも痛感しましたし 心から感謝する気持が持てました。

2年目は ただただ うれしいだけで走って来たような気がします。
あっという間の一年でした。
夢中で走っていたら一年が過ぎていたという感じです。

日舞の先生が色んなことを私に話してくださいます。
『石の上にも三年』という言葉がありますが
物事に慣れるのに 三年、かかるそうです。
「慣れる、という文字を見てごらんなさい。
 慣れるということは いつも心がまっすぐにちゃんと立つということなのです。」と。
そう言われてはっとしました。
どこか意味を取り違えている自分がいたことをとても恥ずかしく想いました。
まっすぐにきちんと立てていなければ慣れたとはいえないのです。
簡単なようで実はとても難しいような気がしています。

まだ私のホームページはたったの2年です。
夢もなかなか形になるものではありません。
まだまだ果てしない道の途中です。

けれど夢をもって
夢に向かって行動していればいつかは夢も叶うと信じたいです。
好きなものを好きと 叫ぶことの出来る喜びをかみしめます。
せめてこの想いが まっすぐに届きますように。

そして 私はずっと変わらずにここにいます、
そう伝えたいです。

ずっとずっと変わらずに夢を叫び続けたい。

いつも「のりえの部屋」を訪れてくださるみなさま
支えてくださって
本当に 本当にありがとう。

おかげさまで3年目に突入します。
どうぞこれからも末永くよろしくお願いします。 
  (2005.4.17)


2021年05月07日00:12心からのありがとう
 〜 心からのありがとう 〜

おかげさまで私のこのホームページも2周年を迎えることができました。
たったの一年ですが どうしようもなくうれしい気持ちでいっぱいです。
本当に色々なことがありました。こうして一年続けてこれたことが本当に本当にうれしい。

この一年、何年分もの経験がありました。
越えられそうにないと、挫折しそうな場面もたくさんありました。
今思えば それは全て私にとって必要なことだったのだと思います。

そしていろいろなことを乗り越えて
今日こうして私のホームページも一歳のお誕生日を迎えることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の弱さもたくさん思い知らされました。自分一人では何もできないことも痛感し
ました。
落ち込むこともたくさんありました。
けれど こうしてここにいられる喜び!!この胸にあふれています。
たくさんの人に支えていただいて 今の自分があります。
何よりそのことがうれしくて幸せで胸がいっぱいです。
みなさま 本当に本当にありがとうございます!!

そしてまた今日からまた第一歩を踏み出したいと思います。
最初の一年はみなさまから温かい心をいただくばかりで
なにもお返しすることもできずに来てしまいました。

またこの一年 私には叫ぶことしか出来ませんが初心を忘れずにがんばります。
そして支えてくださったみなさまへいつかご恩返ししたい気持ちでいっぱいです。
ありきたりのことしか書けませんが 感謝の気持ちでいっぱいです。

この胸にはいつも夢がいっぱい!そして愛もいっぱい。
今のうれしい気持ちを大切にします。

みなさま、心からありがとう。
続けることが何よりの目標です。どうかこれからも末永くよろしくお願いします。
  (2004.4.17)


2021年05月07日00:11人との出逢いの中で
〜 人との出逢いの中で 〜
私は 人と接する仕事をしています。毎日たくさんの人と出逢えます。
この仕事が好きなのです。好きな仕事だから頑張れます。
きっと「人」が好きだから この仕事が好きなのだろうと自分でも思います。

若い頃は勢いだけで走れました。何をしても 若いというだけでちやほやされる時代もありました。
けれど 若いだけでなんでも許される時代は あっという間にすぎてしまいます。
年を重ねるごとに 何で勝負したらいいのか、と わからなくなって迷う時が誰でもきっとあると思います。

そんな時に 人との素敵な出逢いは 自分を救ってくれます。
自分より年上で 素敵な人と出逢うと 本当にうれしくなってしまいます。
いったいどうしたらこんなに素敵に年を重ねることができるのか、と そばで観察したくなります。
人生の先輩の言葉は とても深く心に届きます。色々と 話を聞かせてもらうのが私は大好きです。

毎日の仕事の中でも 自分より年上で 素敵な女性に出逢えると とてもうれしいものです。
どうしても まずは見た目から入ってしまいますが 別によそいきの服を着ていなくても
とても素敵だと思える女性はたくさんいます。笑顔がきれいで 表情が豊かな女性です。
最近 つくづく思うのですが 年を重ねるごとに 女性は品がなくては、と 思うのです。
品のある女性は とても口元がきれいです。口元のきれいな女性は とても魅力的です。
そして きれいな言葉を話すということも とても大切だと感じています。

毎年誕生日を迎えるたびに 一つづつ 年を減らしていけたらどんなにかいいだろう、と
前は思っていました。年をとることがこわかったからです。
けれど 素敵な人生の先輩に出逢えてから そんなことも思わなくなりました。

「一日でも自分より早く生まれた人は 人生の先輩なのですから尊敬しましょう。」と
日舞の先生からも教えていただきました。
何歳になっても 柔軟で 人からたくさんのことを吸収できる自分でありたいと思います。
(2003.6.23)

2021年05月07日00:10変わる素晴らしさ、変わらない素晴らしさ

ホームページの めっせーじに書いた記事を
こちらにまとめることにいたしました。
****************

〜 変わる素晴らしさ、変わらない素晴らしさ 〜
人はみな いやでも年を取っていきます。 
いつも成長していたいと願いますが、何が成長できているのか よくわかりません。
何か 進歩を実感できればと 新しいことにも挑戦しますが
たいてい途中で「こんなものだ もういいや」、と妙に満足して 放りだしてしまいます。
ある時 そんな風に何に対してもテキトウに向かい合ってきた自分に気がつきショックでした。
続ける力のない自分自身に気がついたのです。
なんとかして こんな自分を変えたい、って思いました。
一生続けられることを私なりに考えました。
そして、 昔やっていた日本舞踊をもう一度やってみようと思い 始めてから4年目になります。

何でも一つのことを極めた人の存在はとても大きく、話される言葉の一つ一つにとても重みがあります。
最初の頃は 何を話されても もう涙が出て止まりませんでした。
何を言われてもなぜか涙が出てしまうんです。恥ずかしいと思いつつも そんな状態でした。
あるときお師匠さんに子供のことで愚痴をこぼしたことがあります。
「先生 子供が自分の思うようにならず苦労しています。どう子育てしたらよろしいでしょうか。」
そうしたら こう言われました。
「あなただって 自分の身体ひとつ 自分の思うように動かせていないじゃないですか。
なのにどうして あなたの息子さんたちが あなたの思うようになりましょうか。」と。
本当にあの時の言葉は決して忘れられません。

最近になって 少しだけわかってきたことがあります。
継続は力なり、と言いますが 本当にそうだと思います。貫く力を私は持ちたい。
一度決めたら 心は変えない。続けることが大切だと。
ずっと変わらない想いが
自分を、そして すべてのことを変えていく 力のもとになるのではないかと
しみじみと思う今日この頃です。
(2003.5.23)

2021年03月16日17:16菜の花畑に住むウサギ
id_8639732341

菜の花と桜が咲いて
今年もわたしの誕生日

青空は憧れ。
太陽は希望。

そして月は
いとおしい思い出。

いつまでたっても
菜の花畑から動けない

あの月へと帰りたいけれど
いまだに誰も迎えに来てくれないの

うさぎは月が恋しいものよ
記憶が私を泣かせるの

もう孤独にも慣れたけど
やっぱり夢に現れる

菜の花畑に住むうさぎ
今年もまたひとり
空を見上げる