2006年03月

2006年03月29日22:41約束
約束は
明日を生きる力。
生きるよろこび。

約束のない明日は
とてもとてもさみしいのです

どうか
明日も
あさっても
約束してください

いつも指切りしてほしい
それだけでいいのです

守られなくてもいい

約束は
明日を生きるために。

今の喜びをかみしめるために。






2006年03月27日18:18ミモザの季節
ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

青空の下で
ほわりほわり

思い出の中の
黄色いワンピースの少女が
風の中でやわらかく飛び跳ねる

少女は無邪気な笑顔で
悲しみも知らないままで・・・

ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

おしゃべりな少女が
にこりにこり

遠い記憶
ミモザの季節

夢の中で
ふわりふわり

2006年03月20日21:43きれいな言葉
きれいな心から
きれいな言葉が出てくるのですね

やさしい気持から
やさしい言葉があふれてくるのですね

感謝の想いが
「ありがとう」と
私を素直にさせてくれて

ユーモアを楽しめる心が
楽しい言葉を笑顔で話させてくれる

そんな当たり前のことを
今しみじみと思う私の心は
とても穏やかで
明るい光に満ちています

きれいな言葉は
きれいなわたし

優しい心でいられる しるし



2006年03月15日10:01「春の空」
春の空
見あげた

青い空の
ずっとずっと先の
はるか彼方まで
目を凝らすように。

そして
私は大きく息を吸い
空に向かい
微笑んで
目を閉じる

春の風
春の香り
春の陽ざし

みんなみんな優しい

春に包まれて
私は少女に戻っていく

幸せな春の風景が
心の中に広がる

無邪気な少女が
今も私の中で笑っている

春の空
見あげて

ぽろり涙 
こぼれる

2006年03月09日07:57水仙
水仙の花
今年も咲いて

春が来たと
おしえてくれる

厳しい冬を越えて
今年もこの場所で

誇らしげにまっすぐと。

甘く香る
春の香り

かわらない
やさしい香り

そして教えてくれる

季節は心で
感じるものだと。

2006年03月04日05:48「痛みを越えて」
痛みを知って
人は優しくなれるのですね

傷つくことで
いたわりを知るのですね

見守ることも愛
たとえ何もできなくても

ただ幸せを祈ることも
素晴らしい愛のかたち

痛みを越えて
優しい心で

たとえあなたの
そばにいられなくても

私は祈りたい
あなたの幸せを

心だけはいつも
あなたのそばで

2006年03月02日07:19「誇り」
どんなことも
越えていく 最後の力
それは「誇り」

つらい闇の中で
自分と向き合あい
もがき
くるしみを
乗り越えようとする時に 

光を放つものは
まぎれもなく
自分自身への誇り。

まっすぐに
自分の気持ちに正直に
精一杯走ってこれたことを
私は誇りに想いたい

これからも
私は変わらずにずっと。

いつも笑顔で。

心に光る誇りを持って。