2006年04月

2006年04月30日18:00十姉妹
小さい頃から小鳥が好きだった
犬や猫を飼うことは許してくれない父だったけれど
鳥を飼うことだけは許してくれた

寂しい時は鳥をながめてすごした
言葉はなくても
かわいい鳥のしぐさに 
この心は安らぎを取り戻し満たされた

十姉妹優しい
小さい頃からずっとそばにいた
見ていると心癒されて
さみしさも忘れた

新しい仲間も
すぐに受け入れて家族として迎える
とてもとてもやさしい

違う鳥の卵も大事に孵し育てる
巣作りも子育ても家族みんなで
いっしょうけんめい。
愛情いっぱい。

そして水浴びも
うれしそうにとてもにぎやか。

小さい鳥に教えられる

生きていることの楽しさを。
家族の温かさを。

そして人を迎えるうれしさを。

平和で優しい十姉妹
いつも私に優しさをくれる鳥

2006年04月28日12:34海で
いつも海の見える場所ですごしている
海はいつも目の前にあって
水平線をながめることも
いつか当たり前になっていた

がむしゃらに駆ける日々は
すべてを当たり前に変えていく

今日は 海に行こうと思った

ハイヒールも脱ぎすてて 波打ち際へと走る
途中でころんで砂だらけになっても
うれしくて笑える自分がそこにいる

おすまし顔などする必要もない

「ずっと海に来たかった・・・」

穏やかな海は青空を映して
しずかに波の音だけが響く

誰もいない海で
まぶしさをひとりじめしたい

ずっとさみしかった
でも
さみしすぎて来れなかった

「待っていたよ」
優しい声が聴こえた気がした

見上げる青空に飛行機雲
まるですべてが絵を見てるよう

待っていてくれたのね・・

海と向き合う静かな時間
わたしが私に戻れる時間

2006年04月14日21:26春なんだなぁ
一年ずっと待っていた
桜の花びら敷き詰めた道
うれしく歩こう

舞い落ちる花びらと
舞い上がる花びらと

包まれてとても幸せ

春なんだなぁ・・
今しみじみと

いろんなことを乗り越えて

桜の花びら色に
心も染めて

また前に進もう

春の中で。




2006年04月07日19:39満開の桜の花の下で
桜の花
この一瞬のために
すべてを賭けて

青空に薄紅色の花びら
すべてを燃やして

すべては
春のために
旅たちのために

そして別れのために

花吹雪の中
夢のように
私もきえていけたら・・・

決して消えない記憶になって
永遠にあなたの胸で
美しいままで・・・

さようならは
桜の花にたくして・・・