2007年03月

2007年03月31日

錦帯橋

306e9778.jpg

水面に映る錦帯橋
美しいその姿
眺めるだけで誇らしい

桜の花 今年も咲いて
穏かな春を教えてくれる
今年も眺められるよろこび
かみしめる

桜の花越しに眺める
錦帯橋は
あまりにも美しい

桜並木の川沿い
語らう人も和やかに
ほのぼのと
うれしい春がやってきた

美しい錦帯橋
心にも錦の帯をかけて。



nori56jp1 at 17:13|PermalinkComments(0) 

2007年03月27日

弥生の空に。

弥生の空に
待ちわびる

さくら吹雪を
待ちわびる

どんなにつらく
哀しいことも
さくらの花が呑みこんで
また新しい人生をと教えてくれる
潔く美しい人生をと教えてくれる

花びらの舞う中で
いつも空を見上げることに憧れる
一瞬の夢でも
夢を見れればそれも素晴らしい。

愛されたことも
愛したことも
すべてが想い出になったとしても
また さくら吹雪の中に立ちたい

すべてを美しい想い出に変えて
また歩き出せる

弥生の空に
待っている

さくら吹雪を
待っている

nori56jp1 at 10:20|PermalinkComments(0) 

2007年03月22日

京都・国宝三十三間堂

44b529bf.jpg

何も知らず家族のあとを歩いた
長いお堂の中に
何があるのかも知らなかった

"いったいここの何が国宝なのだろう"
何も判らずに思ってしまった
自分の愚かさを今も恥じている。

中に入ってあまりの驚きに震えた
感動で動けなかった。
あまりにも尊いその姿に・・。


1001体の観音さまが
私を迎えてくれたのだ。

うれしくてたまらなかった。

私はきっと導かれて
この場所に来た

私が一番 必要としていたことを
観音様は知っていてくださって
こうして静かに
私を迎えてくれたのだ

静寂の中で
心に語りかける
この心に静かに・・。

無限のご慈悲が私に
降りそそがれた瞬間

もう一度優しさを取り戻し
生きていけると思った

また人を愛し 
生きていけると思った

言葉にならない安心感

この心に
いつも小さな観音様を。

nori56jp1 at 16:44|PermalinkComments(2) 

2007年03月18日

真実

耳をふさぎ
何も聴こえなければ
何も知らずにすんだかもしれない

聴きたい言葉しか
聴かずにすむ人生を選ぶならば
それもきっとできるだろう

この目に
映したいものしか映さず
見たくないものは見ずにすむのなら
人は誰も苦しまないだろう

けれど
それは偽りだ

偽りの中で酔ってみても
きっとそれは悲しい

すべてを救ってくれるは
他でもない「真実」
自分を最後の最後に救ってくれるのは
「本当のこと」しかない。
真実を知れない自分であるならば
それはとても悲しい。

何もかも知って
すべてを受け止めよう。
たとえ傷ついても
真実を知れる自分は
誇れる自分だ。

自分の心を確かめて
前に進もう

優しい心で生きていくために。

nori56jp1 at 20:45|PermalinkComments(0)人生について 

2007年03月08日

「ボトル・レタア」に寄せて。

まだ海も知らなかった
海を見たことのない少女だった。

あこがれは
この歌とともに
果てしない海を
この心に広げた

この町から出られない
出たことがない
出られないかもしれない

山しか知らなかった。

けれど
きっといつかこの歌のような
穏かで大きな海を
この目で見たい

こんなささやかなことが
自分にとって大きな夢だった幼い日々

この歌で穏かな海を見ていた。

それは私にとって 祈りの歌だった。


私の祈りの詰まった瓶は
大きな海原をゆっくりと
ゆっくりと流れていった

想いはいつか届く
そして叶う

不思議な力に導かれながら。

***************

「ボトル・レタア」
   歌:野口五郎
  作詞:麻生香太郎
作・編曲:東海林修

「ボトル・レタア」

nori56jp1 at 01:09|PermalinkComments(2)音楽 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集