2008年09月

2008年09月26日

彼岸花と秋桜と。

dfd2c5e1.jpg

彼岸花と秋桜

秋の青空のもと
一緒に咲いてる

彼岸花は几帳面。
筋を通して お彼岸に
背筋を伸ばしてきちんと咲いた。
今年もきっちりお約束果たし
誇りをもってしゃんとして。

ところがせっかく咲いたのに
自分のそばでは秋桜が
ふわふわゆらゆら咲いている。

せっかくきちんと咲いたのに
秋のお空も見えづらい。

私だけを見て欲しいから
葉っぱもつけずに
真っ赤にきれいに咲いたのに。

彼岸花はたまらなくなり
秋桜にこう言いました。

「あなたとは私は違いすぎる。
 気ままで風まかせなあなたの生き方が
 私にはわからない。
 自由でふらふら いい加減
 それでいて優しげに咲いて
 いつもみんなに愛される

 あなたのそばで
 私は咲きたくはないの。」

そうしたら
コスモスは身体を自分に近づけるようにして
微笑んで言いました。


「私もあなたと同じ秋に咲く花。
 私もあなたの仲間です。

 そして私もあなたと同じように 
 悲しみもいっぱい知っています。
 だからこそ こうしてあなたと同じ季節に
 こうして咲いているのです。
 私は風にこの身をあずけながら咲くことしか出来ません。
 私はあなたの美しさもよく知っています。
 決して私は空ばかり眺めてはいません。
 あなたのそばで
 あなたが誇り高く咲いている姿もいつも見ています。

 だからどうぞ私もいっしょに
 あなたのそばで咲かせてくださいな」

彼岸花は何も答えずに
黙っていましたが
本当は胸が熱くなり
ますます赤く咲きました。

対照的な二人だけれど
いつしか二つの花は打ちとけて
静かな丘で空を見上げて語らいました。

秋の空は より青く澄み切って
ふたつの花を包んでいました。

秋風もうれしそうに
いつもより優しく吹きました。

彼岸花と秋桜と。

静かな秋の物語。


nori56jp1 at 01:08|PermalinkComments(2)まとめ | メルヘン

2008年09月14日

十五夜

3a2436ee.jpg

月は十五夜

高い空の彼方から
白い光
心の闇に注いで


夜は闇

すべてを消し去るように
真っ暗に
この心を包んで


ただ
一筋の光
受けとめるとき

尊い光に導かれるように
私はまた
生きていける

今夜は中秋の名月

月は満ち
そしてゆっくりと欠けていく

すべてあるがままに・・・

今このときの
十五夜の清い光
この胸にうけとめよう

そしてただ
美しく生きることを
私は願いたい

nori56jp1 at 21:11|PermalinkComments(0) 

2008年09月10日

もっているものぜんぶ

db2540bd.jpg
私の持っているもの全部
全部あなたにあげる

そして私の手の中には
何もなくなってしまっても

何も残っていなくても

いいの
私は本当に

本当にうれしいから。

私の持っているもの全部
全部あなたにあげる

それですべてが終わってしまっても

幸せな想い出は
この心に。

いつまでも残る
あふれるほどの幸せな記憶。
6989798_447671873_1large


nori56jp1 at 15:42|PermalinkComments(0)まとめ | 人生について

2008年09月05日

萩の花咲いた。

8ae28be9.jpg

萩の花
今年も咲いて

つぶやくように
思い出をたどる

すべてが変わっても
季節はめぐり
また花は咲く

かわいい
小さな花が

私にむかって
語りかける

そう・・そんなこともあったのね

楽しいことも
悲しいことも

そして
ひたむきに生きたのね

だから
もういいのよね


愚かさも
弱さも

秋はわかってくれるもの

また 髪の毛が伸びるといいな
優しく女らしく生きたいの

萩の花
いのち燃やす

静かな秋の中で。

私の大好きな花。

nori56jp1 at 00:47|PermalinkComments(0) 

2008年09月03日

「9月は空」

fbf2d8a1.jpg

9月は空

見上げる空は
青く青く
目に沁みるほどに

9月は空

無限の広がり
高く高く
遠い記憶呼び戻すように

淋しさも
悲しさも
すべて
遠い遠い彼方に。

9月は空

心を自由にして
秋風のように
私も旅立とう

ひとり
愛を胸に。

nori56jp1 at 10:36|PermalinkComments(0) 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集