2009年01月

2009年01月11日

「冬の海」

立っていられないほどの風の中
冬の海を見てる

いつもは穏やかな海も
時に激しい

孤独に打ちひしがれる
この胸の痛みも
本当は ちっぽけなことなの

叫ぶ声も誰にも届かない

すべてをかき消す冬の海の前で
弱い自分をさらけ出して
私は泣いてしまおうか



nori56jp1 at 02:35|PermalinkComments(2) 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集