2009年05月

2009年05月05日

「哀しみのソレアード」に寄せて

時は薬となって
いつしか哀しみは 
安らぎへと変わり
旅立てる時が来る

嵐のように荒れ狂う海も
いつか凪を迎える

すべてを乗り越え
夕日の前に立つ時
心にあるのは
自分を信じる気持ちだけ

自分の中で筋を通せたから
もう何も悔いはない。

なんて心が穏やかなのだろう
安堵の気持ちが満ちてくる

安らぎが欲しかった日々

今静かに旅立とう。
このメロディを聴きながら。

*************

「夕日がきれいだな
 すべてを捨てた今
 なんとなく心から
 静かなこのメロディ」

生きていると
人の中で 傷ついたり心が壊れたりするものですが
この歌を聴くと
自分が背負っている重い荷物を置いて
何も持たず 静かに旅立てるような
穏やかな気持ちになれます。


そこには自分への誇りと
ありがとうの気持ちが満ちているように思います。

人生に 常に安らぎを与えてくれた名曲です。


「哀しみのソレアード」
歌・野口五郎
訳詩・布施明 
作曲・Zakar 
編曲・東海林修
(1975年)

「哀しみのソレアード」

***
今アンケートやっています。
よかったら参加してくださいね。
好きな作品アンケート


nori56jp1 at 23:42|PermalinkComments(0)音楽 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集