2009年08月

2009年08月24日00:16「優しい色に」
レースのコースター

優しい色に癒されて
きれいな色に
心ときめく

私という人間は

日々口に入れたものも
耳にする音楽と
吸い込む香りと
目に映すものによって
できているから

できるだけ
きれいなものに囲まれて
自分のお気に入りの中で
生きていたい

小さいこだわりでも
好きなものの中で生きる

レースは私の
幼い頃からの楽しみ

レース糸のかわいい色合いに
この胸は満たされる

少女の時の
うきうきする気持ちを
いつまでも この胸に。

そしていつも
自分なりの美しい人生を。


2009年08月15日01:35「僕にとって青春とは」に寄せて
9492af36.jpg






今日は終戦記念日

戦争という
悲しい過去の歴史の中で

お国のためにと
燃え尽きた命がありました。

「父よ 母よ 妹よ」

最後の言葉
あまりにも悲しく

生きてください
生きてください

何度心で叫んでも
叶わぬ悲しい戦争があったことを
私たちは忘れてはならないのです


今を生きる
私たちにできることは何ですか

いつになったら
世界は平和になりますか

「確実に生きているのは
 この今という瞬間だけです」

未来のある
夢のある若者たちが
ずっと夢に向かえますように。

生きる喜びであふれていますように。


*************

「僕にとって青春とは」
   歌:野口五郎
  作詞:藤田敏男
作・編曲:東海林修
   1978年

「僕にとって青春とは」
大和ミュージアム

2009年08月06日22:56祈り(広島原爆の日によせて)
原爆ドーム

きれいなものが
きれいなままに
輝く
私たちの地球でありますように。

山の緑
空の青
花は白く
私たちのそばにありますように。

野の花も
ひっそりと
ささやかに咲ける自然がありますように。

愛する人が
心穏やかで
夢に向かえる未来でありますように。

過去の悲しみを
決してくり返すことなく

慈しみに満ちた
私たちでありますように。