2010年02月

2010年02月23日17:12ともに生きて。
c1bfe318.jpg

いつもそばに
いてくださってありがとう

ともに生きて
今日までこれたことが
何よりの幸せ

目に見えることや
目の前の成果にとらわれる時代は
いつか終わり

やっと私も私らしくここにいます

見えない場所で
しっかりと絆が
育っている今が
何よりもうれしい

これからもずっと
このまま

ずっとこのままで。
生きる喜びにあふれて。

2010年02月19日02:37「薔薇」に寄せて。
薔薇






胸から 血が流れるほどに
人を愛したことがあれば
とても幸せ

息を呑むような美しさ
ただ見つめて

甘い香り
めまいするその瞬間

それは 
生きる歓びを知る時

トゲの痛み
この胸に感じても

愛を知った喜び
この胸にあふれる

美しい愛ほど
人を傷つける

愛はまるで薔薇のよう。

傷ついても

本当の愛を知ったとき
人は誇りに満ちている。

********
「薔薇」
作詞・麻生香太郎 
作曲・東海林修 
編曲・東海林修
歌・野口五郎

「胸から血を流さない恋なんてないんだ」と歌う「薔薇」
胸から血を流しても
人を好きになることはうれしいと
心から思える素敵な作品。

愛する歓びにあふれています。

クリアで洗練された音楽。
ピアノで始まるお洒落なイントロ 
ギター、ブラス、ストリングスと
華麗に重なり大きく広がる「薔薇」の世界。

喜びを叫ぶような五郎さんの熱い歌声。

聴く度に心躍る一曲です。

「薔薇」

2010年02月14日01:29St. Valentine's Day
daaa1d93.jpg

心を少女に戻して

小さなハート
燃やしてみよう

優しい気持ち
きっと伝わる

あの恋した日々のときめきは
今もこの胸に

片思いの少女は
いつも夢見がちで

いつも愛されることに憧れて
胸がキュンとして

本当は あの頃から何も変わりなく
あの日の夢を追い続けてる

振り返る
その瞳に
映るものは何?

恋する少女の
バレンタインの記憶

少し微笑んで
この胸を抱きしめる

小さなハートが
熱く燃える日

思い出が胸を熱くさせる日

2010年02月08日00:46きっとサクラ咲く
c37d5035.jpg

きっときっとサクラ咲く

春が来れば
喜びの花吹雪
心の中の
青い青い空をいっぱいにして

きっときっと
その中で微笑む自分がいるから

自分を信じて
くじけないで
胸を張って

努力してきた今日までの日々を

どうか誇りにして。

きっときっとサクラ咲く

その手で夢を
しっかりと掴んで。

*********

防府天満宮

写真は学業の神さま 防府天満宮です。
訪れた日は大安吉日
白無垢の花嫁さんいらっしゃいました。

受験生のみなさん
あと少し!!

がんばれ〜〜〜っ!!

2010年02月02日01:01喜びの花
f5f166ae.jpg

幾度と季節を越えて
今年で8度目の春

吹雪に閉ざされて
うずくまる日も

荒れ狂う嵐の中で
歯を食いしばる日も

過ぎてみれば
すべては
心を楽にするための
神さまのご慈悲

乗り越えた誇り
貫いた想い

8年の重みが
私を支えてくれる

毎年そばで咲いてくれた
ヒヤシンス
芳しく美しく

人もまた色とりどりの
美しい花のように

私のそばで
私に笑顔と誇りをくれる

これほどまでに
心満たされる
静かな春が来るなんて

ヒヤシンスは喜びの花

微笑んで ただ 見つめる