2010年06月

2010年06月30日

知っている

50

夏が来る前の
この静かな雨の季節に

私はひとり
紫陽花色の
レースを編んで
静かにながめる

むらさき色の七変化

見えない場所で
不思議な力が
お花の色を変えている。

紫陽花は
すべてを自分の中に閉じこめて
何も語らずに。

うれしい顔もせず
自慢することもせず

自分の中で抱きしめる

本当は
陽の光 一身に受けながら

しっとりと
さみしげに
雨の中で輝いてみせる

だけど
わたしは知っている

紫陽花の気持ち
よくわかる

紫陽花は
しあわせな花

一番幸せを
知っている花。


nori56jp1 at 17:26|PermalinkComments(0) 

2010年06月26日

あじさいのように。

f0fa95f7.jpg

あじさいは
いつも
雨が恋しい

お日さまの光より

雨に打たれて
自分が輝く花だと知っているから。

この一瞬に
美しく咲きたいと願えばこそ

絵のように
記憶に残る一瞬を。

だからわたしも
あじさいのように

記憶に残る一瞬を残して。


この雨に
すべてを流して

美しく生きていく。

nori56jp1 at 21:06|PermalinkComments(0)まとめ | 

2010年06月25日

きっと待っている。

201006231948000


成長するために

美しく生きるために

ひたすら学び
「我慢」できる私になりたい。

根気強く


自分のすべきことを
ただ心をつくして
やっていきたい。


人に求めずに
目に見えるものに惑わされずに

自分にできることを
自分に問いながら。

この人生は
見えない力に導かれていく。

流れに逆らわず
淡々と動けたならばそれでいい。


今 出来ることが
きっと
私に与えられた使命なのだから。


人として成長したい。
そして美しい人生を。

「満たされる未来」は

きっと待っている。


nori56jp1 at 01:50|PermalinkComments(0)人生について 

2010年06月23日

かたばみの記憶

4b47c471.jpg

むらさきかたばみ
遠い記憶。

ひっそりと
けれど気がつけは
いつもそばに。

優しい母さんの声がする
午後の庭に

野良犬が聞き耳を立てながら
昼寝する。

私はうれしくて
話しかけてながめる。

「今日は来てくれたのね。
 朝はどこに行ってたの?
 楽しいことがあったかな?
 待ってたよ。」

野良犬は 安心したよ、と言うように
「ふーん」と鼻で大きく息をして
わが家のようにくつろいで
私の話を聴いている。

サッシを開け放ち
光差し込む静かな午後。

そんな庭の隅で

ひっそりとかわいい
むらさきかたばみ

静かに揺れて

おしゃべりな
わたしのお話聴いている。

かたばみもまた
安心したように。

幼いわたしの視線の中に

いつもあった
むらさきかたばみ

ちゃんといつもながめてた。

むらさきかたばみは
幸せな記憶。
DSCF7052


nori56jp1 at 00:55|PermalinkComments(0)まとめ | 

2010年06月20日

父の日

087a15d8.JPG

お父さん ありがとう

今やっと心から
ありがとうって言える

お父さんの子供で
私は幸せです

こうして素直に言えるまで
ずいぶんと時間がかかってしまって

本当にごめんね。


お父さんは85歳

私を誇りにしてくれて
お父さん
ありがとう


どうかどうか

長生きしてね。



nori56jp1 at 00:30|PermalinkComments(0)家族 

2010年06月16日

あじさい

8a1a00ce.jpg

あじさい
あじさい

雨に濡れて
かがやく

あじさい
あじさい

泣き虫な私に

そっと差し出す
やさしい花束


遠い記憶の中も変わらずに
6月の雨の中

変わらずに
私のそばで

雨に濡れて
微笑む


あじさい
あじさい

雨上がりの
虹を感じさせてくれる花





nori56jp1 at 11:31|PermalinkComments(0) 

2010年06月14日

今はただ。

fad26be6.jpg

今はただ
ひたすらに学ぶ。

生きている意味を問う前に
今の自分の成果を求める前に。

学べることが
生きる歓び。

それが誇りになるから。

ただ 自分の進むべき道を。

黙々と
ただ学び
わが道を進もう。


nori56jp1 at 00:03|PermalinkComments(0)人生について 

2010年06月13日

3ae0d08c.jpg

まぶしい海に
ひとり立つ

心を映す
穏やかな海よ

焼けた砂の上で
ひとり

静かに焦がれる
この胸の熱さを
この海に語ろう

生きてあふれる
想いのすべてを

ただ母なる海は
受けとめて

微笑むように
私を見つめる



nori56jp1 at 08:08|PermalinkComments(0) 

2010年06月09日

薔薇と萩

aaef9311.JPG

薔薇は優雅に咲いていました。

いつものように
薔薇の季節に。

春と秋
甘い香りをふりまいて
ゆったりと
またこの季節に。


ある日
ふぁんふぁんと風に揺れていた
萩にお花が、突然咲きました。

あわてんぼうの萩の花
薔薇のお花が咲いたので
自分の出番と勘違い

様子が違う空の下
咲いてびっくり おおあわて。

「薔薇さん薔薇さんごめんなさい
 私は本当にあわてんぼう
 私は秋のお花なのに
 こんな季節にどうしましょう」

薔薇の前で
飛んだり跳ねたり大騒ぎ。


薔薇は 黙っておきました。
声をあげて笑いたかったけれど
知らないふりして。

薔薇はいつもより
鮮やかに
華やかに咲いてみせました。

いつもひとりで咲いていた薔薇は
本当はうれしかったのです。

けれど黙っておきました。


薔薇と萩との物語。

夏に向かう季節の中のおはなし。

nori56jp1 at 00:53|PermalinkComments(0)メルヘン 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集