2011年07月

2011年07月30日

夏の記憶

69241905.jpg
朝顔
水を撒いた匂い
ラジオ体操

ひとり待つ夏休み

サッシを開け放ち
縁側で見上げる
夏の太陽

百日紅
芙蓉の花が
はかなげに咲いて

入道雲もくもく
ながめてる夏休み

お母さんを待って
ひとりすごす一日

ただお母さんのそばにいたくて

やさしいお母さんの声に
心躍る夏休み

急に懐かしく思い出した

今日も電話で
お母さんの声を聴いたよ

お母さんがいてくれるから
なんでもがんばれる

一番うれしい記憶は
お母さんと過ごせた時間

いつもそばで
甘えたかった夏休み

仕事なんかしないで
ずっとそばにいてほしかった夏休み


nori56jp1 at 23:57|PermalinkComments(0) 

2011年07月29日

想い出は。

05cd2f85.jpg
美しく開く花は
一瞬であったとしても
可憐に咲いた歓びにあふれる

思い出は花から零れ落ちた雫

心の宝石箱の中
誰も手の届かない場所で
私だけのためにきらきらと輝く

すべてが
消えてしまっても

永遠に残るものがある

変わらずに消えない
胸に残る記憶

誰にも邪魔されず
誰にも縛られず

思い出は美しいまま
私の中に生き続ける

誰も入ってこれない
私だけの物なの

たとえ明日が見えなくても
たとえ哀しみはとまらなくても

生きた証し
美しい想い出は

私を抱きしめて
明日へと向わせる

誰の手も届かない
私の秘密の場所で。

自由に夢見る
私を少女にして。


nori56jp1 at 11:13|PermalinkComments(0)人生について 

2011年07月24日

夕日と海。

06b3068f.jpg
きれいだね
  夕日が
   海が。

やさしいね
  いつもかわらず
  そばにあって。

静かだね
  きっと海がお日さまに
 「おかえりなさい」って
  言っているのね。

だから
お日さまはうれしくて
こんなに優しく輝くのかな

今日あったこと
いっぱいいっぱい話してるかな。

思い出したこと
あれもこれも
話したくて夢中で。

 わたしも穏やかな海になって
 「おかえりなさい」を言いたい。

今日も笑顔で終われるね。

いつも 待っているからね。


nori56jp1 at 01:45|PermalinkComments(0)まとめ | 

2011年07月16日

黄金色に染まる海で。

110716n

静かな海を
黄金色に染めて
また一日が終わる

夕日と海と
ちいさなわたし

人生の悲しみも
切なさも
いつかこんな風に
黄金色に輝くでしょうか

美しい海は
すべてを鮮やかに映し

夕日は
すべてを美しく変えて
深い海に
哀しみも沈めてくれる

黄金色に輝く
光の中で

胸を抱く
わたし


nori56jp1 at 00:01|PermalinkComments(2) 

2011年07月15日

夕暮れの海

110714n

誰もいない
夕暮れの海

時をとめて
海に向かう

満ちて溢れる
この想いに似て
波もまた満ちてくる。

問いかける
母なる海へ。

人生の意味を。

忘れがちな大切なものは
いつも目の前にある

いつもそばにあるから
気づかないのです、と

波の音に聴く
夕暮れの海。


nori56jp1 at 23:57|PermalinkComments(0) 

2011年07月09日

夏は来てしまった。

201107091112000


ただ にぎやかにしていたい
鮮やかな色を集めて

雨が降り続き
生温かい風が吹いていた
まだ雨の季節と思っていたのに。

突然 夏は来てしまった。

ジリジリと焦がす
夏の陽射しに
この胸も焼かれてしまいそう

ちょっと待って
ちょっと待って

負けそうな自分がいるから

強い色を集めて
にぎやかに花を飾る

花の陰に隠れて
もう少しだけ息をひそめて
今はこうしていたいの

物語を読んでいる
おとぎ話の世界
幸せな話ばかり
そして
夢は続いてる

小さな世界から
まだ私を連れ出さないで。


nori56jp1 at 11:46|PermalinkComments(0) 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集