2011年08月

2011年08月19日

00d97df7.jpg
旅の空で
羽を休める
わたしは鳩

旅の途中

しばらくここで
景色をながめて
休みたい

ひとりの空は
とても自由
どこで休んで
どこに行こうと
誰も 何も
叱りはしない

しばらくここで
毛づくろい
涼しい顔して
毛づくろい

だけど
だけど本当は

帰る場所が
わからない

迷子になってしまったわたし

迎えにきてね
待っているの


こんなところにいたの、
捜したよ、って
私を叱って
連れていって。

待っているの。

待っているから。


nori56jp1 at 01:40|PermalinkComments(0)人生について 

2011年08月11日

ごめんね

rose

ごめんね
いつも待たせてばかりで

ごめんね
帰りたくても
帰れないわたしで

この胸の中にはいつも
やさしい声が響く

待ってるよ、って
聴こえてる

ごめんね
ずっとずっと待たせたままで

きっときっと帰るから

手を振りながら
子供のように
顔をくちゃくちゃにして
走って行くから。

その胸に飛び込むから。


nori56jp1 at 09:00|PermalinkComments(0)めっせーじ 

2011年08月06日

八月

201108061812000

朝顔
焼けつく陽ざし
草の匂い

耳鳴りのように 響き渡る
蝉しぐれ

時をとめて
立ち止まる季節

百日紅(さるすべり)
木槿(むくげ)
夾竹桃(きょうちくとう)

青空の下で見る 花火のよう

 「しゅるしゅる
  パーーン」

幼い日の記憶、呼び起こす。

見上げる空に入道雲

夕立ち


立ち止まって ずっとずっと
ながめていたあの日

この胸にいつも
鮮やかに甦る八月



nori56jp1 at 18:28|PermalinkComments(2)まとめ | 

2011年08月02日

女性

201106280841000
女性は
人を愛するために生まれてきた

見返りも求めず
ただ愛し

祈り
抱きしめ
慈しむ

だからだから

女に生まれて本当によかった

惜しみなく愛を注ぐ
それだけに命かけて

それ以上のことを
求めない

無償の愛は女性から。

すべての命は女性から。

誇りにして生きたい。


nori56jp1 at 16:28|PermalinkComments(0)人生について 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集