2013年01月

2013年01月17日

三日月の語り

今夜は君の
涙の受け皿になろう

闇を照らすほどの灯りもないし
たくさんの涙を受けられるほどの
深さもない僕だけれど

君はもう
そんなに流し続ける涙もないだろう

きっと君は目の前の現実を
心が認められなくて

目を塞ぎ
耳を塞ぎ
無表情になって
気づかぬふりをしていた

だけど君は
もう前に進むんだ

夜の中で僕を見上げる
その瞳に涙はあったが
本当は君は
涙は流し尽くしたあとだろう

今夜は君の
涙の受け皿になろう

気づいたその真実を見つめ
しっかりと前に進むんだ

DSC_0227


nori56jp1 at 09:02|PermalinkComments(2)まとめ | 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集