2014年04月

2014年04月29日

苦しみや悲しみを。

苦しみや悲しみを
乗り越えたとき

人は、
より美しく
咲かなくてはならないの。

冷たい泥水の中で
ひたすらに咲く
健気な蓮の花のように。

美しく咲けないのは

苦しみや悲しみを
ちゃんと乗り越えていないから。

生きていくということは
すべてを乗り越えて

自分という花を
美しく咲かせること。
DSCF6077

今日は近くの冠公園に行って
しばし、花を眺めました。
小さい蕾でも 蓮の花は貴く気品に満ちています。


nori56jp1 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月28日

また薔薇の季節

緑がまぶしく輝く頃に
また薔薇の季節が来るよ

鳥たちはさえずり
風はさらさらと吹いて

甘い香りで
すべてを包み

あふれるように
咲き誇るよ

わたしは
いまかいまかと
待ちきれなくて

薔薇をさがして
外に飛び出してゆくよ
DSCF6065

写真は近所のお宅に咲く
見事なモッコウバラです。
そろそろ薔薇の季節になるよと
花が教えてくれます。


nori56jp1 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月27日

だれかを不幸にするひとが。

だれかを不幸にするひとが

他のだれかを特別に、
幸せにできることなど
あり得ない。

一瞬の幻想と
儚いうたかたの夢は
映画や小説で見れば良いのです。

自慢したい幸せや
人に羨まれたい幸せなどは

この胸を満たす
本当の幸せでないことを

そろそろわたしたちは
知らなくてはならないと思うのです。

DSCF6055

***
写真はお勉強してきた生け花です。
一つ一つの花を生かしきるバランス感覚は
人の中でも生かされると私は信じているのです。




2014年04月26日

ウサギとニワトリ


しっかりもののニワトリのねえさんが
呆れたようにワタシを見るの。

「もっとしっかりしなさいよ」

あの声で叱られると
ワタシも穴から出てきたくないの。

一羽二羽と言われるけれど
ニワトリのねえさんとワタシは
あまりにも違いすぎるの。

ニワトリのねえさんは
しっかり者で 
シャキシャキと動き
卵も産んで
みんなのお役に立っている

だけど
わたしは
いつもひとりで

あのお月さまの中の
ウサギになるにはどうしたらいいかとか
毎日そんな
夢ばかりを見て

何を聞かれても
答えることもせず
自分の世界に閉じこもってるの。

見かねたニワトリのねえさんが
私に口うるさく言うけれど

そんな時は心の中でつぶやくの。

「だってワタシ、
可愛いだけが取り柄なんだもの。」

でもでも
決して言葉には出さないの。

だってますます叱られる。

そして今日も黙ったままで
ワタシは自分の世界で夢を見るの。

DSCF6063

****
写真はお友達のお宅に住む「ももちゃん」です。

nori56jp1 at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メルヘン 

2014年04月25日

牡丹の言葉。

DSCF6060

迷わずに
誇りを持って咲くのです。

この世で一番
どの花が美しいかなど

そんなこと どうでもいいことなのです。

私という花を
ただ懸命に

今という瞬間に
春という季節の中で

胸を張り
ひたすらに咲けばこそ、
人は私を見て
美しい、というのです。

迷う貴女に
私がこうして
示せることは

ただひたすらに
私らしい花を
咲かせる姿を見せること。

貴女は言葉もなく
私の前に立ちつくし
身動きもとれないのは

この想いを
受けとめたからでしょう。

しっかりと
自分らしく咲くのです。

ただ それだけなのですよ。


***
写真は庭に咲いた牡丹です。
去年植えた苗が 今年見事に花開きました。
ただただ感激です。


nori56jp1 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月24日

風さん。

DSCF6051

長く育ったこの場所が
私はとても好きだったけれど
いつまでも
ここにいるわけにはいかないのですね。

私もやっと、
やっと心の準備ができました。

風さん
吹いてくださいな。

地に貼りつくように
ささやかにこの場所で
ひっそりと生きて

それでも蕾のときめきも
花開く歓びもありました。

名残り惜しいのですが
これが私のさだめでしょう。

四月の風に乗って
私は旅立ちます。

新しい世界が
安らぎに満ちているように

わたしは空を見上げます。

風さん 吹いてくださいな。

そして私を
幸せな場所に
光あふれる場所に
連れていってくださいな。

***

庭に咲いたタンポポです。
かわいい 綿毛をながめます。


nori56jp1 at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月23日

「おかえり」

DSCF6049

あのさ、
僕だって忙しいのさ。

この家の玄関のプランターの中で
こう見えても家の番をしているんだ。

隠れていたわけじゃないよ。

もうすぐ待ちに待った
雨の季節が来て、
そうしたら僕は、
そりゃあもう、
てんてこまいなんだよ。

だから今はそれに備えて
準備もあるし
計画も立てなきゃならないし
大変なんだよ。

今も家の番をしながら
雨の季節の日程を
難しい顔をして考えていたところさ。

暇なんかじゃないよ。
失礼だなぁ。

ついでだから言わせてもらうけどさ。

君はいつも 
目が悪い、目が悪い、って
言うけどさ、
ぼくを一瞬にして見つけるくらいだからね。
目は悪くないよ。

そんなことで 言い訳なんか
しちゃいけないよ。

そして僕はこうして
忙しい中、
ちゃんと君の家の番をしてるんだから
ぼくに感謝してくれないと困るんだ。

なに大笑いしているんだよ〜。
そういうところが君のいけないところさ。

まぁいいよ。

とにかく 「おかえり」。

***
写真は わが家の玄関のプランターにいる青蛙です。
毎年雨の季節にはゲロゲロ鳴いてにぎやかです。
暖かくなったので、お出ましになりました(笑)



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メルヘン 

2014年04月22日

もうすこしだけ。

DSC_0568

風よ
風よ
吹かないで

あと少しだけ
ここにいさせて。

草の中でひっそりと咲いて
私は何も知らなかった。

だけどそのうち花は枯れ
私の背丈はどんどん伸びて
ある朝 目を覚ました時には
向こうに海が見えました。

まんまる綿毛になった私は
風が吹けば
もうここにいられない

静かでのどかな丘の上、
海の見える穏やかな場所
すてきな場所が
わたしのふるさと

だからお願い
もうすこしだけ

風よ
風よ吹かないで

あと少しだけ
ここにいさせて。


写真は冠天満宮のそばに咲くタンポポです。


nori56jp1 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月21日

ふるさとの山よ

DSCF6038

ふるさとの山よ
帰れなかった自分を
あの日と変わらずに
迎えてくれてありがとう。

私を待ち続けた父は
天国に旅立って
大きな支えを失いました。

ふるさとを離れ
懸命に生きても

人に捨てられ
惨めさも味わい
必要とされる場所を
探し求めた人生。

見上げる山よ
ふるさとの山よ
変わらずにそこにいてくれてありがとう。

また もう一度ここから
わたしは歩き始めます。


***
写真は私のふるさとの象徴、
下関市豊田町の華山です。
私はこの山を幼い頃から見上げて
生きてきたように思います。





nori56jp1 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ふるさと 

2014年04月20日

ふるさとの川に立ち

DSCF6036

ふるさとの
川を見つめて立ちつくす

時を止めたような風景に
風だけが吹きぬける

ふるさとを離れ
どれだけの月日が経ったのだろう

今は亡き父

私をいつも待っていただろう

ふるさとの川に立ち
わたしは 

「おとうさん」と
つぶやいてみる



2014年04月19日

もう一度父と。

天国の入口には
きれいな川と、
美しい花が咲いているのでしょう。

わたしがもし天国に行ったなら
わたしは父のところに行って

もう一度 父といっしょに
魂の修行をしようとおもうのです。

もっとちゃんと愛情表現できるよう。

もっとちゃんと愛されるひとになれるよう。

出来の悪い親子だけれど
わたしは父の娘だからしかたないのです。

どこまでも私は父の娘なのです。

だから
魂になっても・・・・

父と一緒に修行するのです。

そして今度こそ父に

父に
甘えさせてもらいたいと思うのです。
securedownload

***
写真はm.mさんの写真で舟川べりです。有難うございます。
あまりに美しい写真で 天国の入口のようだと感じました。
ふと 天国の父を想いました。
そして今日は父の一周忌の法要で田舎に帰ってきました。



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家族 

2014年04月18日

箱入り娘

わたしはここの箱入り娘

大事に育てられて
わたしはわがまま放題

わたしがかわいいって、
わたしを見るたびに
みんなメロメロな声をあげて

あんまり甘やかすから

わたしだって
こまっちゃうのよ

おこってもふくれても
みんなうれしそうに
わたしを見て
かわいいね、って言うの

だからわたしは
言うことも聞かず

今日はどんないたずらをしようかと考える。

わたしはちょっぴりさみしい箱入り娘
DSCF5291

***
わが家のピーちゃんの雛の頃の写真です。


nori56jp1 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動物 

2014年04月17日

だからこつこつ。

人生は
努力しても
なるようにしかならないけれど

人生は
努力しなければ
なるようにもならないの

だからこつこつ。

今できることを
ていねいに
心を込めて続けていくの。

L93

DSCF6098


2014年04月16日

すずめ

春の山には鶯が
美しい声で優雅に鳴くよ

春の空には雲雀が
空に向かって晴れがましく鳴くよ

春の街には
ツバメの夫婦が
長い旅を終えて
うれしそうに鳴くよ。

人はみな、はっとして
立ちどまりその声を聴いて
顔をあげて姿を探すよ

わたしはいつもこのあたり、
ずっと住んでて
朝に夕ににぎやかにしているけれど

だれも顔も上げないし
誰も探してもくれないの。

だけど
ときどき声がかかるよ

「やぁ、今日も元気だね。」
「あら、なんだそこにいたの」

けっこうこれでもうれしいものよ。
気も使わずに
遊びに行って
お庭で遊んで帰ってくるの。

特別扱いはされないけれど
それがなんだかうれしいの。

DSCF6025

***
庭に出れば 鳥の声に癒されます。
そしていつもそばにいるすずめがとてもかわいらしく目に映り
微笑んで見上げました。


nori56jp1 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月15日

春の新人。

はじめまして
あたしたち

この春入った新人です。

今日のために母さんが
光を受けて輝くように
きれいな春色のお洋服、
色違いで作ってくれて、

自分で言うのもなんですが
なかなか似合って気に入ってます。

きゃー もう なんか緊張する。
何を言ってるのかわからなくなっちゃった〜。

わからなくなったと言いながら
自分のアピールだけは忘れない。

そのうちわいわいきゃーきゃーと
新人たちは大騒ぎ。

あんな頃もあったねと
ベテランさんは
過去と未来を行き来して微笑む。

春は勢いを増しながら

どこもかしこもにぎやかに
春のお花畑は大賑わい。
DSCF6013

***
庭に咲いたリナリアです。
元気いっぱいうれしそうに咲いて
とても可愛いお花です。



nori56jp1 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月14日

八重桜

八重桜

色鮮やかに
春告げて

空に捧げる
花手毬

靖国神社の桜


***
写真はひろこさん撮影の
「靖国神社の桜」です。
ありがとうございます。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月13日

桜吹雪

DSCF5988

桜吹雪に憧れて
いつも桜の木の下で
風に舞う花びらを受けとめた。

潔く、美しく散る桜は
生きるお手本だから

いつも私も桜のように、
潔くと願った。

つらいことが多かった。
けれど必死でしがみついていた。

はじめからすべてわかっていたのに、
なかなかこの心は頷かなかった。

けれどやっと、

やっと今

すべてを悟り
この心が頷いて

新しい扉を開こうとしている。

この心にやっと
憧れの桜吹雪。

前も見えないほどの
嵐のような桜吹雪。



***
写真は今年の岩国・錦帯橋の桜です。
今年は桜吹雪の中に立てました。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月12日

あなたとわたし


DSCF6018


似ても似つかぬあなたとわたし。

とても合うようには見えないけれど、
並んでみると意外に似合う。

こうでないといけない、と
頑ななあなたは
そばにより添うわたしを
ちらっと見ただけで知らんふりしたけど

あなたとわたしは
意外と似合う。

あなたにないものを
わたしはもっていて

わたしにないものを
あなたはもっているから。

わたしのそばで
あなたはいつも以上に姿勢を正し、
華やかに立つ。

そして
まっすぐなあなたのそばでは
私はとてもしなやかに。

あなたと私は
意外と似合う。

知らん顔しても
顔に出てる。

意外と似合う、と思ってる。

だからわたしも
黙ったままで
ぴったりと より添える。


写真はお勉強してきた生け花です。
小手毬は特に、私が心惹かれるお花です。


nori56jp1 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月11日

桜色

桜の咲く季節には
すべてが桜色に染まって見える

淡い優しい桜色が
春を包んで

なにもかも
桜色に変わる

わたしの心も桜色に染まり
幼いあの日の少女のように
すべてを見つめる

優しい気持ちが
満ちてくる

L92

***
写真は私が編んだレースのドイリーです。
品の良い優しい雰囲気に仕上がりました。


nori56jp1 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月10日

四月の海

DSCF5997

四月の海に
ひとり立つ

誰も来ない
四月の海

四月の海に
春を求めても

知らん顔して
波を打ちつける

「春なんてつまらない季節さ。
みんな桜に夢中だからね」

岩は黙って受けとめている。
もう少しの辛抱だと
岩は黙って耐えている。

白く広がる波しぶき

四月の海は
少しさみしい

強い風のせいにして
荒れている

忘れられたと思い
荒れている




nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2014年04月09日

襟を正し。

DSCF6012

あふれる想いだけで
懸命に動いてきたけれど

喜んでいただけることが
どれほどあったのだろう。

未熟さが身に沁みる、
動けば動くほどに。

もう一度一から、

春だもの。

襟を正し
きちんと立って

理想に向かって
努力してみたい。

求めるものは
ほんとうは

自分の中にあるのだから。

***
私の一生の課題としては
日舞もこつこつと学んで行きたいと考えています。



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月08日

風の中で。

桜の花びら舞う
強い風の中で

わたしは空を見上げた

さらさらと音をさせ
花びらは散っていく

さくら
さくらよ

この身も同じ

風が吹けば
散りゆく命

しがみつくこともできず・・・・

せめて
最後は潔く。

美しく風に舞わせて。
DSCF5983



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2014年04月07日

睡魔が襲う。

編み物してたら
睡魔が襲う
パソコン見てたら
睡魔が襲う

 やりたいことは
 いっぱいあるのに。

運転してたら
睡魔が襲う
湯船につかれば
睡魔が襲う

 気を抜けば
 大変なことになるのに。

一生勉強、と机に向かえば
睡魔が襲う
この人生を真剣に考えてみたいのに
睡魔が襲う

  あぁ
  なんてことなの

だからわたしは
いつも目を大きくひらいて
瞼が下りてこないように
がんばっている

変なことでがんばっている。
DSCF5965




nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まとめ | 

2014年04月06日

待ちぼうけ。


待ちきれなくて
お迎えを
今か今かと待っている。

ちいさいアタシは
せいいっぱい背伸びして

おかしいなぁ、
もうそろそろ来てくれるはず、
そう信じて待っている。

お日さまが出ているうちは
背筋のばして

すぐに見つけてもらえるように
アタシなりにがんばってるのに。

はやくはやく
迎えに来てよ。

こんなおりこうさん、
見たことないでしょ、って
言いながら

ツンツンしてもひとりきり。

アタシは 今日も待ちぼうけ。

DSCF5967

ハナニラ。 健気でかわいいお花です。

nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月05日

おかあさんが 教えてくれた。

DSCF5973

編み物は
おかあさんが
教えてくれた。

忙しい中でも
おかあさんは
楽しそうに編んでいた。

「おかあさん
 おしえてね
 私も編んでみたいの」

本当は
おかあさんのそばで
おんなじことが
したかっただけ

うれしくて
いっしょうけんめい覚えたの

優しいおかあさんは
「上手ね」、ってほめてくれた

いつもどんなことでも
私をほめてくれた

私はおかあさんがほめてくれるから
なんだってがんばれた

なかなか帰れないけれど
わたしはおかあさんがいてくれるから
優しい気持ちでがんばれる。

おかあさんは人を
責めたりはしなかった。
何があっても
人のせいにはしなかった。

だから私も
人のせいにはせずに
いつも穏やかに生きています。

桜が散ったら
帰ろうかな

優しいおかあさんに
逢いたくてたまらなくなったから。

写真は私の編んだドイリーの最新作です。
元気が出る色どりの糸で楽しく編めました。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家族 

2014年04月04日

ほんとは春は。

ほんとは春は
さみしい季節。

これはこれで終わりなさい、と
神さまの厳しい判断が下れば

後ろ髪を引かれていても
ばっさりと切り離されて

ひとりでもう立ちなさい、と
新しい世界に
放り出される

さみしくて
泣きたくて
もどりたくて
ただ途方にくれて
うずくまりそうになる私に

神さまは
色とりどりの花と
優しい風と
明るい陽ざしをくれて

すべてはもう動き始めている、
さあ行きなさい、と
強く背中を押されるのですね。

ほんとは春は
試練の季節

夢の儚さを知る
さみしい季節。
DSCF5938


***
写真はわが家に咲いたクリスマスローズです。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月03日

桜咲けば。

DSCF5966

桜咲けば
空を見上げて歩く

見上げれは
目に沁みる
淡いやさしい桜色

春はさみしい
ただひとりで見上げる空に

桜が咲くから
生きてこれた

今年もここで
この胸に

桜にコサージュつけてもらえたら

見送るひともないこの場所から
ただひとり旅立てる


nori56jp1 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2014年04月01日

見上げた空を。

立ちどまる春の中、
見上げた空を桜が埋める

からっぽになった
この心を
桜の花が埋めつくす

  もうこれ以上
  無理だと思った

  桜の咲く春だから
  思いきれる気がした

  あきらめたのではなくて
  燃えつきたの

桜の花は知っているのね
春という季節の悲しさを・・・

だからこんなにも
懸命に咲くの

そして強い風が吹いて
桜吹雪で埋めつくされたら

私も心を決めて
前に進もう
DSC_0559



nori56jp1 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集