2016年06月

2016年06月29日

雨に濡れた萩の花

ごめんなさいと
言えなかった

ほんとうは

わたしのせいだと
思っていた

許してほしいと
言いたかった。


だけど

だけど
言えなかった。

小さなわたしのままで
消えていくために。


もう、十分なのだけれど。

それで、よかったのだけれど。


雨に濡れた萩の花に

本当はわかっていたの、と

わたしは
そっと打ち明ける

id-328425809



nori56jp1 at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2016年06月25日

たったひとり。

誰よりも好きと言っても
誰よりも恋しいと言っても

みんなが目をほそめて微笑んでくれて

尽くしても
世話をやいても

みんなが良いことをしたと褒めてくれて

うるさくしても
まとわりついても

みんな笑って見ていてくれる。

たったひとり、
ひとりだけ。

それは
お母さんという存在。

お母さんにだけは許されるの。

だからお母さん
長生きしてね。

いつまでも 生きていて。

生きていてね。お母さん。

id-324861151


nori56jp1 at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家族 
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集