花は一瞬に「星空を見上げながら」

2006年02月11日

言葉

いつまでも消えないものの一つに
「言葉」というものがあります

時に人を励まし
時に人を傷つけます

言葉によって傷ついた心には
いつまでもその言葉がくりかえされてしまいます

なかなか消えずに苦しみます

わたしは
言葉は人を励ますものであってほしいと願います

言葉は
「嫌い」を伝えるためのものではなくて
「好き」を伝えるためのものだと
私は信じたい


そして人はいつも
ぬくもりの感じられる言葉を
いつも探しているような気がします。

nori56jp1 at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)人生について 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 草原の犬   2006年02月23日 02:24
私は知らなかった・・・
その人の心の中を・・・

私は知らなかった・・・
その人のもうひとつの素顔を・・・

夢と現実の狭間で奇跡を信じ
何時しか私はその人に魅せられた

再びの出逢いを喜び私は想う
その人の良き言葉となって
いつまでも支えて行きたい・・・
2. Posted by のりえ   2006年02月23日 19:21
その人の言葉は
お日さまのよう

いつも日の当たる陽だまりの暖かさ
笑顔をいつも感じる

夢はまだ遠く
背を向けたくなるけれど

いつも
背中を押してくれる
その人の言葉に励まされる


いつも温かい言葉をありがとう
心から・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
花は一瞬に「星空を見上げながら」