水仙きれいな言葉

2006年03月15日

「春の空」

春の空
見あげた

青い空の
ずっとずっと先の
はるか彼方まで
目を凝らすように。

そして
私は大きく息を吸い
空に向かい
微笑んで
目を閉じる

春の風
春の香り
春の陽ざし

みんなみんな優しい

春に包まれて
私は少女に戻っていく

幸せな春の風景が
心の中に広がる

無邪気な少女が
今も私の中で笑っている

春の空
見あげて

ぽろり涙 
こぼれる

nori56jp1 at 10:01│Comments(2)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ガーディアン   2006年03月16日 01:34
花たちの色鮮やかな
ジュータンが大地を覆い

空は謡い踊る鳥たちの
広大な舞台となる

何処かで聴こえ始めた命の鼓動
何かが春に運ばれ芽吹くとき
きっと貴女も輝くだろう・・・

春・・・
それは何かが生まれ
何かが始まるとき

私も春を待たずにいられない・・・



2. Posted by のりえ   2006年03月16日 19:42
春は
色鮮やかなお花の絨毯の中に
宝物を見つける季節

忘れていた
あの日の宝箱が埋まっていて
春が私にプレゼントしてくれる

貴方の温かさは
春の優しさ

いっしょに宝物を探しに行きましょう
いっしょに夢を語りながら。

あの日の少年と少女のように。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水仙きれいな言葉