どんなことがあってもゴール

2006年09月14日

「愛は」

人は愛を受けた分だけ
人を愛することができるのですね

愛の形は人それぞれ

母の愛
父の愛
きょうだいの愛
友だちの愛
異性の愛・・・

いろんな形の愛を受け
愛を返していく

一方通行なんてないのですね

ともに生きられるのは
心が通っているからだと
やっと気づきました

そこには
思いやりと
感謝の気持ちがあふれています。

言葉はなくてもいい。
ぬくもりがあれば。

愛は存在。
愛はぬくもり。

愛はよろこび。
愛は命。

nori56jp1 at 01:00│Comments(0)人生について 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
どんなことがあってもゴール