「愛は」「されど青春」へ寄せて。

2006年09月15日

ゴール

ずっと走り続けてきた。

けれど走っても走っても
ゴールも見えなかった

いつまで走り続ければいいのか
目をこらして
どんなにゴールを捜しただろう

自分のペースもつかめず
オーバーペースで走りすぎ
なんども倒れそうにもなった

どこにでもいい
白いテープを持って
立っていてくれる人がいることを
私はいつも望んでいた
ゴールにたどり着きたかったのだ。

けれど

ある日走ることが苦しくなくなった
私は私のペースを認めてあげられる
私は私のままでいい
今日までの自分をほめてあげたい

そう思えたとき
私には今 ゴールが見えている

うれしい
あともう少しだ

そしてその先には
また明日しいスタートも見えている

私は走りたかった
全てを賭けて。
だから走り続けた
心に正直に。
自分の想いを貫いて。

それは私の大きな誇り。

大きく手を広げて
ゴールを切ろう
そして自分自身を抱きしめてあげよう。

そして
新しいスタートに向かいたい。
夢と情熱を持って。

やっとわかったことがある。
人生のゴールは自分で決めるのだ。

nori56jp1 at 14:54│Comments(0)人生について 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「愛は」「されど青春」へ寄せて。