「されど われらが日々」に寄せて。「愛のラルゴ」に寄せて

2006年11月30日

「グット・ナイト」に寄せて

まだ恋に恋する頃だった

いつか私のすべてを受けとめて
優しく抱きしめてくれるひとが
あらわれることを夢見た

静かに眠りにつく前
闇の中で 
おふとんにくるまって
この歌を聴いた

いつか この闇を抜けて
きらめく銀河を渡り
王子様が迎えに来てくれる

優しく包まれながら
いつも夢見た

愛されることを夢見た少女は
それからいろんな恋に出逢い
人を愛することを知った

しあわせは
いつも一日を終える時に実感する
眠りにつくときはいつも
穏かでありたい

眠りにつくまでそばで
優しく語りかけてくれる
「おやすみ」の温かい声に
今日も満たされる

夢の中でもそばにいてほしい
明日もまたあなたのそばで・・・

明日もきっと素敵な一日だから。

「おやすみなさい」
そっとささやいて
ふたりで夢の中へ・・。

********
「グット・ナイト」に寄せて

あぁ 今日も一日が終るのだなぁ
あぁ 今日も心が穏かでしあわせだったな

そんな気持ちにさせていただけた
すてきな歌

私たちの心を満たし
私たちを夢見る少女にしてくれた
大切な一曲です
-------------

「グット・ナイト」
   歌:野口五郎
  作詞:麻生香太郎
作・編曲:東海林修

「グット・ナイト」


nori56jp1 at 23:43│Comments(0)音楽 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「されど われらが日々」に寄せて。「愛のラルゴ」に寄せて