「ボトル・レタア」に寄せて。京都・国宝三十三間堂

2007年03月18日

真実

耳をふさぎ
何も聴こえなければ
何も知らずにすんだかもしれない

聴きたい言葉しか
聴かずにすむ人生を選ぶならば
それもきっとできるだろう

この目に
映したいものしか映さず
見たくないものは見ずにすむのなら
人は誰も苦しまないだろう

けれど
それは偽りだ

偽りの中で酔ってみても
きっとそれは悲しい

すべてを救ってくれるは
他でもない「真実」
自分を最後の最後に救ってくれるのは
「本当のこと」しかない。
真実を知れない自分であるならば
それはとても悲しい。

何もかも知って
すべてを受け止めよう。
たとえ傷ついても
真実を知れる自分は
誇れる自分だ。

自分の心を確かめて
前に進もう

優しい心で生きていくために。

nori56jp1 at 20:45│Comments(0)人生について 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ボトル・レタア」に寄せて。京都・国宝三十三間堂