「ア・ソング・フォー・ユー」に寄せてすべては父に。

2007年06月19日

むらさきかたばみ

83f96bd5.JPG

お庭の隅にひっそりと
むらさきかたばみの花咲いた

幼い頃
いつもそばに咲いていた

かわいい可憐なむらさきかたばみ
咲いているとうれしかった

ピンクのかわいい花びら
そばに飾っておきたくても
摘んでしまうとすぐにしぼんでしまう


咲いている花を見守ることが
大切にすることだということも
幼いながらに知った

幼い頃 
部屋のサッシを開け放ち
風を感じながら
母のそばですごすことが
何より私はうれしかった

母はずっと仕事でいそがしかったけれど
家ですごすときは
洋裁や編み物をしていた。

母に教えてもらいながら
母のふっくらとした優しい手を見ていた。
母と同じことができることが
なによりうれしかった。

静かに時間が過ぎていく。
庭に咲く花は静かに風に揺れていた。

それはとても幸せな記憶。

ずっと母のそばにいたかった
優しい母がすべてだった

気がつけば
むらさきかたばみ ひっそりと
いつのまにか庭に咲いていた

見守る私
見守られる私

幼い心そのままに
今も静かに咲いている

むらさきかたばみ
幼い日の私

nori56jp1 at 17:00│Comments(2) 

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2007年06月23日 06:44
元気な母のすがた ホッする

幼い日の母 今のわたしより 
ずっとずっと若かったのだなあ

いつも服を作ってくれた母
いまでも覚えているお気に入りだった
夏のワンピース

紺地に大きな白い花が描かれた布
真っ白い丸襟のワンピース

あの頃のわたしにもどりたい
ふと思う


2. Posted by のりえ   2007年06月23日 07:04
あの日のわたしにもどれたら
私はもう一度母のそばで
母に甘えてみたいなぁ

mariさんのお母さん
きっと優しくて温かい人。

mariさんがそうだから。

私たちには
優しい母が。

それが何より幸せのような気がするね。

mariさん ありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ア・ソング・フォー・ユー」に寄せてすべては父に。