波音を聴きながら。「夜明け」

2008年04月30日

もう一度。

4ea4fc56.jpg

草の上に すわり
春風に吹かれながら
夢中で 花を編んだ
幼い日々は

目に映るものすべてが
優しくて
たくさんの夢を
この心に描いた

眩しい陽ざし
土のぬくもり
ひんやりとした草のうえで

見上げる空は
どこまでも青く澄み渡ってた


神さまはどうして
これほどまでの悲しみを
私に与え続けなければならなかったの


生きることの
悲しみなど
何も知らなかった
あの頃に

記憶をすべて消して・・・
もう一度戻って

もう一度
悲しみのない
再びの人生を。

nori56jp1 at 14:28│Comments(0)人生について 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
波音を聴きながら。「夜明け」