祈り(広島原爆の日によせて)「優しい色に」

2009年08月15日

「僕にとって青春とは」に寄せて

9492af36.jpg






今日は終戦記念日

戦争という
悲しい過去の歴史の中で

お国のためにと
燃え尽きた命がありました。

「父よ 母よ 妹よ」

最後の言葉
あまりにも悲しく

生きてください
生きてください

何度心で叫んでも
叶わぬ悲しい戦争があったことを
私たちは忘れてはならないのです


今を生きる
私たちにできることは何ですか

いつになったら
世界は平和になりますか

「確実に生きているのは
 この今という瞬間だけです」

未来のある
夢のある若者たちが
ずっと夢に向かえますように。

生きる喜びであふれていますように。


*************

「僕にとって青春とは」
   歌:野口五郎
  作詞:藤田敏男
作・編曲:東海林修
   1978年

「僕にとって青春とは」
大和ミュージアム

nori56jp1 at 01:35│Comments(0)音楽 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
祈り(広島原爆の日によせて)「優しい色に」