春、晴れた日には。きっとサクラ咲く

2010年02月02日

喜びの花

f5f166ae.jpg

幾度と季節を越えて
今年で8度目の春

吹雪に閉ざされて
うずくまる日も

荒れ狂う嵐の中で
歯を食いしばる日も

過ぎてみれば
すべては
心を楽にするための
神さまのご慈悲

乗り越えた誇り
貫いた想い

8年の重みが
私を支えてくれる

毎年そばで咲いてくれた
ヒヤシンス
芳しく美しく

人もまた色とりどりの
美しい花のように

私のそばで
私に笑顔と誇りをくれる

これほどまでに
心満たされる
静かな春が来るなんて

ヒヤシンスは喜びの花

微笑んで ただ 見つめる

nori56jp1 at 01:01│Comments(2) 

この記事へのコメント

1. Posted by ひろすみれ   2010年02月02日 20:38
お空の味ってどんな味がするの?

夕焼け空はオレンジ。

青い空はラムネ。

黄色い空はレモン。

お花の近くはお花の味がするのかな。


今日は雪の日。

お空を見上げてお口を大きくあけたよ。
2. Posted by のりえ   2010年02月04日 01:01
お空に向かってお口を開けても
お空の味はわからない

空を見上げて
心に描く

食べたい味がするのかな。

雲はおいしそうな綿菓子、
子供の頃は うれしく見上げたっけ。

きっと本当は
思うより しょっぱくて
胸に沁みる切ない味で

ぽろりと泣ける隠し味

そんなお空の味なのかな。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
春、晴れた日には。きっとサクラ咲く