春は黄色満開の花の下で。

2011年04月05日

「もしも桜が」

20cee566.jpg

もしも桜がお話しできたなら
もしも言い訳することができたなら
こう言うかもしれません。

「今年はとても悲しすぎて
私はとても咲けません。
    今年一年お休みさせてください。」

けれど桜はどんな時も
何も語らず
ただひたすらに
この一瞬に命燃やして
 美しい花を咲かせてくれる

みんなの心に 希望のぼんぼり

しみじみと 
春爛漫


nori56jp1 at 10:30│Comments(2) 

この記事へのコメント

1. Posted by みずき   2011年04月08日 19:55
今年の桜を見るとき、たくさんの楽しい
想い出が甦ってきます。
今は亡き人を思いながら、熱いものが
込み上げてきます。
満開の桜を仲良く見下ろしているのだろうな。
そう思うと心がおちつきます。
2. Posted by のりえ   2011年04月09日 07:57
みずきさん ありがとう。
今日は義母と仕事が終わってから
岩国の錦帯橋の桜を見てこようと思います。
病院の外出許可をいただきました。

>満開の桜を仲良く見下ろしているのだろうな。

あぁ 胸がジーンとします。
そうですよね。きっとお空の上から
仲良くながめていらっしゃることでしょう。

下から見上げる私たちのように
上からもきっと・・・
今だけの桜 私たちも眺めましょう。

みずきさん ありがとう!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
春は黄色満開の花の下で。