れんげの花にうずもれて。

2011年04月30日

ふたたびの。

133609a5.jpg
ふたたび
美しく咲くために
桜の花は
潔く散りゆく。

ふたたびの
約束があればこそ
その一瞬にすべてを賭ける。

交わした契り
ただ信じて。

花びらを敷きつめたその下に
思い出を閉じこめて

すべてを美しく変えて
静かに旅立とう。

ふたたびの
夢を信じて。

いつか
幸せな結末を
迎えるために。


*******
写真の桜は よしさん のお写真です。
本当に美しい憧れの桜の絨毯です。
すてきな写真 ありがとうございます。

nori56jp1 at 00:51│Comments(2) 

この記事へのコメント

1. Posted by 菫草   2011年04月30日 10:16
>ふたたびの約束があればこそ
>その一瞬にすべてを賭ける

あぁ、桜はみごとな までに様々な生命の瞬間を語っているようですね。

花が終わっても、その 葉っぱの緑は 陽光を浴びてきらきらと輝き美しく見えます。

桜の樹木を見ていますと 私たちの一生を思います。
まだ幼い子供のような小さな木 やがて美しく花を咲かせる青春期 そして 熟年期に そして老年期に。
花びらが敷き詰められた舗道の下の世界には 夢・愛・希望
がたくさん広がっていると想わせてね、って語りかけていました。

ふたたび会える、きっと会えると想うことが今日の哀しみを少なくし明日の幸せを多くする気がしてなりません。
2. Posted by のりえ   2011年05月01日 02:14

菫草さん ありがとう

> 桜の樹木を見ていますと 私たちの一生を思います。

本当ですね。
毎年毎年 桜の花をながめながら
あぁ今年も桜が見れてよかったなぁ、と思う。

> 花びらが敷き詰められた舗道の下の世界には 夢・愛・希望
> がたくさん広がっていると想わせてね、って語りかけていました。

すてきですね。
本当に美しいものを見ると
思わず語りかけたくなりますね。

忘れかけていた 希望や夢を
取り戻すために
桜の花は咲くのでしょうか。

また きっと、と
約束を自分自身にかわして
前に進んでいきたいですね。

菫草さんありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
れんげの花にうずもれて。