夕暮れの海夕日と海。

2011年07月16日

黄金色に染まる海で。

110716n

静かな海を
黄金色に染めて
また一日が終わる

夕日と海と
ちいさなわたし

人生の悲しみも
切なさも
いつかこんな風に
黄金色に輝くでしょうか

美しい海は
すべてを鮮やかに映し

夕日は
すべてを美しく変えて
深い海に
哀しみも沈めてくれる

黄金色に輝く
光の中で

胸を抱く
わたし


nori56jp1 at 00:01│Comments(2) 

この記事へのコメント

1. Posted by 菫草   2011年07月17日 08:18
とても美しい詩ですね。けれども、とても哀しみも感じました。

>夕日と海と ちいさなわたし
あぁ、すごい金子みすず風

何故か今年の海は特別に感慨深い海に見えます。でも、海は太古の時代から穏やかな時もあれば 荒ぶれた時もあり…
きっと人々は いつも凪いだ海で居てくださいと祈ったと思います。

のりえさんの詩を拝見して 海への深い想念を感じました。
心のなかに 中島潔と いわさきちひろの絵が混在して しばらく消えませんでした。

海から全ての生き物が誕生して 現在、私達は在るのですよね。
海は故郷であり 母のような存在、その海は いつも穏やかで優しく有って欲しいなぁと。

昨日は「南十字星」を聴きました。いろんな自然が見えて来ました。
「メッセンジャー」で涙ポロリ…愛にもいろんな形が、温かく包む愛もあると。

のりえさんの詩情が私に、また新たなる余韻を運んでくださいました。
2. Posted by のりえ   2011年07月19日 01:33
菫草さん ありがとう。
19日は海の日でした。
不思議ですね。
そのせいか 今週は海を
何度もながめに行きました。
すぐそばに海がある・・・
とてもしあわせなことです。

人生は哀しみがあるから 喜びも感じられ
感謝できる。

ただ楽しく 無邪気で
天真爛漫に過ごせる人生には
なかなかならないものですね。

自然と心で語らうような時間を持てれば
また 黙々と前に進めます。

> 何故か今年の海は特別に感慨深い海に見えます。でも、海は太古の時代から穏やかな時もあれば 荒ぶれた時もあり…
> きっと人々は いつも凪いだ海で居てくださいと祈ったと思います。

本当に・・・今年はあまりにも大きなことがありすぎました。
自分が大事にして生きてきたものは何か、
これからどう大切にものを守って生きるか
考えさせられる年になりましたね。

すべての人の 心の平和を祈り
ささやかでも なにかお役に立てることがないか
できることをこつこつとやっていけたらいいですね。

自分に「愛」を注いでくださる人がいることに
感謝したい。


本当に愛の形もいろいろですね。
優しい心で生きていられれば
私は幸せなんだと想いますね。

菫草さん ありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夕暮れの海夕日と海。