夕日と海。夏の記憶

2011年07月29日

想い出は。

05cd2f85.jpg
美しく開く花は
一瞬であったとしても
可憐に咲いた歓びにあふれる

思い出は花から零れ落ちた雫

心の宝石箱の中
誰も手の届かない場所で
私だけのためにきらきらと輝く

すべてが
消えてしまっても

永遠に残るものがある

変わらずに消えない
胸に残る記憶

誰にも邪魔されず
誰にも縛られず

思い出は美しいまま
私の中に生き続ける

誰も入ってこれない
私だけの物なの

たとえ明日が見えなくても
たとえ哀しみはとまらなくても

生きた証し
美しい想い出は

私を抱きしめて
明日へと向わせる

誰の手も届かない
私の秘密の場所で。

自由に夢見る
私を少女にして。


nori56jp1 at 11:13│Comments(0)人生について 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夕日と海。夏の記憶