春の新人。だからこつこつ。

2014年04月16日

すずめ

春の山には鶯が
美しい声で優雅に鳴くよ

春の空には雲雀が
空に向かって晴れがましく鳴くよ

春の街には
ツバメの夫婦が
長い旅を終えて
うれしそうに鳴くよ。

人はみな、はっとして
立ちどまりその声を聴いて
顔をあげて姿を探すよ

わたしはいつもこのあたり、
ずっと住んでて
朝に夕ににぎやかにしているけれど

だれも顔も上げないし
誰も探してもくれないの。

だけど
ときどき声がかかるよ

「やぁ、今日も元気だね。」
「あら、なんだそこにいたの」

けっこうこれでもうれしいものよ。
気も使わずに
遊びに行って
お庭で遊んで帰ってくるの。

特別扱いはされないけれど
それがなんだかうれしいの。

DSCF6025

***
庭に出れば 鳥の声に癒されます。
そしていつもそばにいるすずめがとてもかわいらしく目に映り
微笑んで見上げました。


nori56jp1 at 16:49│Comments(0)TrackBack(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
春の新人。だからこつこつ。