人生について

2014年05月01日

前の世で。

ある人が言いました。

「私には 次から次へと
試練がおとずれます。
乗り越えても乗り越えてもこのように
厳しいことばかりが与えられるのは
前の世で 
よほど 悪いことをしたのでしょう。」

わたしは黙って聞きました。

人生、
背負わされる者は
あれもこれも
すべてを背負い
生きていきますが

何も背負わない者は
常に人に背負わせて
生きておられるような気もします。

試練は乗り越えられる人にしか
与えられないといいますが
乗り越え続ける苦しみを思うと
「前の世で」、と
考える気持ちもわかるのです。

そして私は
黙って聞いてはいましたが

「私もそうです。
本当に
そういうことかもしれませんね。」

と、思わず心でつぶやくのです。
DSCF6079

***
ところで、今日は義母の命日でした。
お墓参りをしてきました。
仏壇にはアレンジの花をお供えしました。
人生について考えます。


nori56jp1 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月27日

だれかを不幸にするひとが。

だれかを不幸にするひとが

他のだれかを特別に、
幸せにできることなど
あり得ない。

一瞬の幻想と
儚いうたかたの夢は
映画や小説で見れば良いのです。

自慢したい幸せや
人に羨まれたい幸せなどは

この胸を満たす
本当の幸せでないことを

そろそろわたしたちは
知らなくてはならないと思うのです。

DSCF6055

***
写真はお勉強してきた生け花です。
一つ一つの花を生かしきるバランス感覚は
人の中でも生かされると私は信じているのです。




nori56jp1 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月17日

だからこつこつ。

人生は
努力しても
なるようにしかならないけれど

人生は
努力しなければ
なるようにもならないの

だからこつこつ。

今できることを
ていねいに
心を込めて続けていくの。

L93

DSCF6098


nori56jp1 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月25日

「愛と自由」

愛と自由。
愛と自由・・・・

とても幸せな言葉だけど、

だけど
よくわからない。

愛すれば、
自由を奪い

自由を求めれば
愛は遠ざかる

両方欲しがれば
どちらも手に入らない。

本当の愛は
人を解き放し

本当の自由は
人を愛で満たすものでしょうか。

わたしは
心を満たす
愛と自由に

憧れながら
生きている。

DSCF6194


nori56jp1 at 13:05|PermalinkComments(0)

2013年12月22日

「本当のことを」

本当のことを言わなければ
何も伝わらないかもしれない。

けれど
本当のことを言えば
そこですべてが終わってしまう。

言わなければ
何もわからないけれど

何もわからないまま
消え去ることにも意味がある。

聴こえることだけが すべてではないから。

言わないことも
人としての誇り。



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年03月29日

咲き続ける花はなし。

咲き続ける花はなし。

人はだれも
美しい花に憧れ
美しい花をそばに置いて安心する。

けれど
ずっと変わることはない美しい花を
日々ながめることはなし。

生きている花は
日々変わり
やがて枯れゆく。

人は常にその姿を
無意識に見つめる。

花が咲くまでの姿、
咲き誇る姿、
花が枯れるまでの姿。

生きていることは
その姿を見せること。

変わりゆく姿を示すこと。

そのすべてが
自分という花の姿。

自分らしいと
思える人生でありたい。

咲き続ける花はなし。

だからこそ
私らしく。

いまいちど 懸命に。

DSCF5316

nori56jp1 at 12:07|PermalinkComments(0)

2013年02月09日

うれしいときは。

本当にうれしいときは
誰にも誰にも話さずに
自分の中で抱きしめる

穏やかで
静かな心に
ゆっくりと沁みわたり
満たされる

外になんて
出さないの
私だけのものだから


幸せを口に出して
自慢したい時は
少し淋しい時

誰かに見せたい
誰かに褒められたい
誰かに羨ましがられたい

どこかで
そう思ってる

あれもこれも
並べ立てるほど
哀しいの

だから
私は自分の中で

そっとそっと
小さな灯りを
この手で包み込むように

この幸せを見つめるの

ずっと長く
この胸に
小さな灯りも消えないの

いつまでもこの胸を
温めてくれるから。

5281


nori56jp1 at 18:25|PermalinkComments(2)

2012年02月02日

かげぼうし

かげぼうし

追いかければ
追いかけるほど

逃げて 逃げて
どこまでも

待って 待って

おいていかないで

指きりげんまん したじゃない

いつもそばに
いてほしいのに

つまづいて ころんで

うずくまり うなだれて

なみだ ぽろり。

ひとりぽっち
ひとりぽっち

けれど
よく見てごらん

ほらそこに

そっと寄りそう
かげぼうし

ほんとうは いつだって
いつだって いっしょにいるよ

離れそうで 離れない

あなたとわたしは
かげぼうし


nori56jp1 at 15:51|PermalinkComments(3)

2011年11月17日

「青」

69

青い糸で
青空を描く

青い糸で
青い海を描く

優しい青は
遥か彼方の

静かな青は
何処までも深く

私はひとり
青い糸で
心を描く

今は穏やかに
見下ろす青の美しさに似て

悲しみも
切なさも

すべてを満たす
青の神秘のように

ただ
私を包む


nori56jp1 at 17:05|PermalinkComments(0)

2011年11月07日

その程度の。

201111071407000

その程度の自分かと
立ちつくし
空を仰ぐ

自分を知れば
そんな愁いも
ないはずなのに

うちのめされて
初めて見える自分

その程度の自分かと
問うのは
この自分に。

苦いけれど
悟りながら
少しがんばって

知らん顔して
通りすぎてみたい

少しだけ
大きい自分になるために。


nori56jp1 at 16:25|PermalinkComments(0)

2011年10月30日

「やっぱり好き」

やっぱり好き。

そう思えることがうれしい。

やっぱり 
やっぱり
これが好き、って確認しながら
生きてる

この香りが好き
この色が好き
この音楽が好き
この花が好き

どう考えたって
誰が何と言ったって
やっぱり これじゃなきゃ嫌なんだから!
・・・なんて言ってみたりしながら
なんだかうれしい

そしてそして

やっぱりやっぱり
あなたが好きって

笑顔で言いたい

111021


nori56jp1 at 23:06|PermalinkComments(0)

2011年08月19日

00d97df7.jpg
旅の空で
羽を休める
わたしは鳩

旅の途中

しばらくここで
景色をながめて
休みたい

ひとりの空は
とても自由
どこで休んで
どこに行こうと
誰も 何も
叱りはしない

しばらくここで
毛づくろい
涼しい顔して
毛づくろい

だけど
だけど本当は

帰る場所が
わからない

迷子になってしまったわたし

迎えにきてね
待っているの


こんなところにいたの、
捜したよ、って
私を叱って
連れていって。

待っているの。

待っているから。


nori56jp1 at 01:40|PermalinkComments(0)

2011年08月02日

女性

201106280841000
女性は
人を愛するために生まれてきた

見返りも求めず
ただ愛し

祈り
抱きしめ
慈しむ

だからだから

女に生まれて本当によかった

惜しみなく愛を注ぐ
それだけに命かけて

それ以上のことを
求めない

無償の愛は女性から。

すべての命は女性から。

誇りにして生きたい。


nori56jp1 at 16:28|PermalinkComments(0)

2011年07月29日

想い出は。

05cd2f85.jpg
美しく開く花は
一瞬であったとしても
可憐に咲いた歓びにあふれる

思い出は花から零れ落ちた雫

心の宝石箱の中
誰も手の届かない場所で
私だけのためにきらきらと輝く

すべてが
消えてしまっても

永遠に残るものがある

変わらずに消えない
胸に残る記憶

誰にも邪魔されず
誰にも縛られず

思い出は美しいまま
私の中に生き続ける

誰も入ってこれない
私だけの物なの

たとえ明日が見えなくても
たとえ哀しみはとまらなくても

生きた証し
美しい想い出は

私を抱きしめて
明日へと向わせる

誰の手も届かない
私の秘密の場所で。

自由に夢見る
私を少女にして。


nori56jp1 at 11:13|PermalinkComments(0)

2011年05月22日

頑張るわたしは。

510ca0e0.jpg
頑張るわたしは
支えられているわたし。

ひとりで頑張れた、
なんて思わない

頑張る時は
きっとまわりの人が
わたしをいっぱい
支えてくれている時。

私が必死になれば
まわりも必死で

人のためにと思いながら
人の支えを誰よりもらって。

担いだつもりで
自分までまわりに担がせて。

だからわたしは頑張らず

「できるからさせていただくの」と
すっと動けるようになりたい。

必死で頑張っている人に
誰もお願いごとはできないから。

人の支えにはなれないから。

普段どおり淡々と。


nori56jp1 at 00:18|PermalinkComments(0)

2011年04月23日

9a32747f.jpg

この人生は自分の責任だから
ひとのせいにするほど
私は誇りのない人間ではないし

ひとの人生に
私のせいだと言われるほどに
影響をあたえられる人間でもないから

傷つきもしないし
傷つけもしない

思い出に残るようで残らない

けれど それでいい
鮮やかに残らなくていいの

思い出せそうで思い出せない

やがて記憶が闇に飲み込まれることを
私は静かに待っている

忘れ去られることを待っている


nori56jp1 at 22:29|PermalinkComments(2)

2011年02月13日

「人の中で」

6e626012.jpg

人の中で
人は輝く

みんなで認め合えるから
みんないい、って思える

どの花見てもきれいだな♪って
たくさんの花を見て思えればこそ

自分が大好きと思える花も見つかる

一輪の花は決して
たくさんの花の中に埋もれたりはしない

たくさんの花の中でこそ
ちゃんと輝いて可憐に寄り添う

一緒だからこそ
ちゃんとわかる

「私はみんなとちがうのよ
 一緒にしないで」、って

そう思うひとは さみしい

何かを守るために
何も見ようとしない

そんな小さい世界に
誰が入っていけるのかな


人のために
人は輝く

心が通う
うれしい場所で。


nori56jp1 at 22:49|PermalinkComments(6)

2011年01月29日

選択

ある人が言いました。

「自分の考えは
 黙っていては
 誰にも 何も伝わりません。

 だから自分の意見は
 時には はっきりと言わなければ
 なにひとつ 
 自分の気持ちなど
 わかってもらえません。
 だから ここぞという時は
 はっきりと いうべきなのです」と。

またある人が言いました。

「それを言ってどうなるのですか。
 すべてを言ってしまったらおしまいです。

 なにもわかってもらえなくてもいいではないですか。
 自分さえ わかっていれば
 人にわかってもらわなくてもいいのです。」と。

どちらも正しい。
とちらの考えも間違っていない。

どちらを選ぶか、
それは自分しだい。

自分の考えを貫くだけ。


私は出来れば 後者でありたいと
いつも思う。

ひとそれぞれ
貫ける想いがあればいい。

自由に決めれば それでいい。

nori56jp1 at 01:18|PermalinkComments(2)

2011年01月27日

役割。

523f6497.jpg

不足や不満を言われることも
私を必要としてくれている証し。

求めるものが大きいという証し。

だから
だから感謝して。

こんなにもたくさん
私の役目があることを
歓びとして生きたい。

私はもっともっとがんばれるから。
どんなことも乗り越えられるから。

そばにいてくれるだけでいい なんて
何も求められない場所で
生きられるほど強くないから。

ともに生きる、ということは
役割を分担すること。

ともに生きるということは
互いが求めあうこと。

だから
たから私に

いっぱいいっぱい
求めて。

いっぱい働かせて。

nori56jp1 at 14:34|PermalinkComments(0)

2011年01月10日

ひとことで。

人は

ひとことで
天にも昇り

ひとことで
心を砕かれ

ひとことに
胸を熱くする。

ひとことで
すべてを悟り

ひとことで
心を決める。


すべてを映す
そのひとことで。
DSCF6736



nori56jp1 at 17:37|PermalinkComments(2)

2010年12月13日

「大丈夫」

dc98ea7e.jpg

「大丈夫」という言葉は 
経験が言わせる言葉

「大丈夫だった」という経験を
積み重ねていくこと

自信とは 
自分で積み重ねた
「大丈夫」という経験の積み重ね

「大丈夫」という想いは
がんばった自分へのご褒美

乗り越えてきたあかし。


nori56jp1 at 09:23|PermalinkComments(0)

2010年11月20日

この道を。

08c53bdf.jpg

ただひとすじの
光さすこの道を

私はひたすら進む。

不思議な力に導かれ
ある時は強く
背中を押され

ただ 私はご慈悲のもとに
懸命に進むだけ。

迷いのない
ただひとつの道

まっすぐな道

果てしなく続く道

*******
23日は 師範の試験
長唄「京鹿子娘道成寺」の 
くどきの「恋の手習い」が課題です。

チャンスを与えていただけた
すべての人に感謝して

師匠からの教えは
このときにすべて出し切ることが
師の恩に報いることではないかと思っています。

恵みある人生に心から感謝を。


nori56jp1 at 01:28|PermalinkComments(0)

2010年11月03日

あなたを少女に

8e1ed2c5.jpg

あなたを少女に
戻してあげたい

白い病室
長い一日

かたわらには
あなたが小さい頃
両親と撮った写真

戦争で亡くなった
あなたが誇りとする父

毎日ながめて
あなたは泣いている

「私を守ってください」と。

時を戻せることならば

あなたを少女に
戻してあげたい

そばで寄り添う愛が
あなたを抱きしめて
すべてを満たしてくれるまで

あなたを父母のもとへ

遠い旅の記憶
すべて消して

光を受けて輝く
可憐な花のように

ただ 抱きしめられる温もりに
にっこり微笑む少女の時に

あなたを
あなたを戻してあげたい

すべてが満たされるように。

できることならば。

nori56jp1 at 00:17|PermalinkComments(0)

2010年10月16日

たからもの

a44d00ca.jpg

どんなに頑張っても
私には出来ないことがあるの

どんなに欲しくても
手に入らないものもあるの

だけど・・・
だからこそ

私にしかできないこともあると知ったの

そして 自分しか持っていないものが
ちゃんとここにあると気がついた

求めるものは
自分の中で探すもの

宝探しのように・・・
自分で自分の中に隠している

なにも持ってないなんてうそなのね

ちゃんと自分で持っている
みんなきっと それぞれに。

私だけの宝物
ちゃんとここにあること
忘れないで生きたい


nori56jp1 at 01:54|PermalinkComments(0)

2010年10月04日

いつもそばに。

d51f4cdc.jpg

夢のような出来事は
やはり夢でしかないの

だから
いつもそばにある
この日常を大切にしたいの

そばで 笑って
そばで 泣いて

どんな時もいつもいっしょに

握ったその手を離さないで。

苦しむ私も
有頂天の私も

どうかそばで
いつも見ていて

どんなことも
ともに乗り越えて

最後までずっと

このぬくもりを感じたままでいて。



nori56jp1 at 01:13|PermalinkComments(0)

2010年09月27日

折鶴を折るように。

bf06f33c.jpg

折鶴を折るように
私はひとり
きれいな糸を編み上げる

私の中の
静かな世界が
きれいにきれいになっていく

優しい心で
ありがとうの気持ちで

穏やかにいつも祈りたい

もう充分に幸せだから


「ありがとう」が形になって
可愛くきれいに出来上がる

私にできることは
こんなことしかないけれど

祈りをこめて
ひと目ひと目編み上げる

折鶴を折るように
心を込めて。
祈りを込めて。


nori56jp1 at 22:07|PermalinkComments(0)

2010年07月25日

大切なことは。


大切なことは
優しい気持ちで生きること

大切なことは
穏やかな心で過ごすこと

私は私でいいのだから

もう 充分に幸せなのだから

感謝して
いつも喜びにあふれて

わたしにしかできないことも
きっとあるから

ささやかでも
本当にうれしいのだから

その気持ちを大切にして
今を生きよう
201007151745000

nori56jp1 at 00:05|PermalinkComments(0)

2010年06月25日

きっと待っている。

201006231948000


成長するために

美しく生きるために

ひたすら学び
「我慢」できる私になりたい。

根気強く


自分のすべきことを
ただ心をつくして
やっていきたい。


人に求めずに
目に見えるものに惑わされずに

自分にできることを
自分に問いながら。

この人生は
見えない力に導かれていく。

流れに逆らわず
淡々と動けたならばそれでいい。


今 出来ることが
きっと
私に与えられた使命なのだから。


人として成長したい。
そして美しい人生を。

「満たされる未来」は

きっと待っている。


nori56jp1 at 01:50|PermalinkComments(0)

2010年06月14日

今はただ。

fad26be6.jpg

今はただ
ひたすらに学ぶ。

生きている意味を問う前に
今の自分の成果を求める前に。

学べることが
生きる歓び。

それが誇りになるから。

ただ 自分の進むべき道を。

黙々と
ただ学び
わが道を進もう。


nori56jp1 at 00:03|PermalinkComments(0)

2010年04月17日

8度目の春に。

f7e387e9.jpg

ありがとう
優しいあなたに。

ありがとう
見守ってくれたあなたに。

今 私はとても幸せです。

しみじみと 今。


私は今 私らしく
ここに生きています。

もしかしたら
夢はすべて叶ったのかもしれません。
いつも天の恵みを受けてきたと思えます。


そして学びました。

きっとこれからも
夢は叶うと信じます。

そして一生学び続けるのです。

だから

大きな夢より
小さな日常を。

揺らぐことのない
誇れる私の生き方を。

いつかたどり着く日のために。

うれしい8度目の春に。

nori56jp1 at 00:05|PermalinkComments(0)

2010年03月12日

勝ち負けがあるとしたら。

b8a617f8.jpg


ずっと守られて生きてきた。

ささやかな人生でも
常に恵まれて
思うようにすべて運んだ。

苦労を知らず
雨風も受けず
人と競うこともせず

天の恵みは常に
自分に注がれているように思えた。

こわいものなしで
自信にあふれ
思いのままに突っ走った。


人生に勝ち負けがあることを知った。

「負け」を初めて味わったのは
そう遠くない過去こと。

初めての挫折。

一方的に非難されても
言い訳はしない、と決めていた。
それがせめてもの自分への誇りだった。

負けることも大切だと
やっと思えるようになった。
悔しさも自分を成長へと導く。


自分を見つめなおし
反省して
また新しい自分へと
変わる努力をする。

挫折を知ればこそ見えることも
わかることもたくさんあった。
真実が きちんと見えるようになった。

人を押しのけてまで
たどり着きたい場所なんてない。
そこに何があるというのか。

人生は まだ道の途中。

まだ成果などでなくていい。
今はただ 信じる道を進もう。

nori56jp1 at 17:13|PermalinkComments(0)

2010年02月23日

ともに生きて。

c1bfe318.jpg

いつもそばに
いてくださってありがとう

ともに生きて
今日までこれたことが
何よりの幸せ

目に見えることや
目の前の成果にとらわれる時代は
いつか終わり

やっと私も私らしくここにいます

見えない場所で
しっかりと絆が
育っている今が
何よりもうれしい

これからもずっと
このまま

ずっとこのままで。
生きる喜びにあふれて。

nori56jp1 at 17:12|PermalinkComments(0)

2010年02月08日

きっとサクラ咲く

c37d5035.jpg

きっときっとサクラ咲く

春が来れば
喜びの花吹雪
心の中の
青い青い空をいっぱいにして

きっときっと
その中で微笑む自分がいるから

自分を信じて
くじけないで
胸を張って

努力してきた今日までの日々を

どうか誇りにして。

きっときっとサクラ咲く

その手で夢を
しっかりと掴んで。

*********

防府天満宮

写真は学業の神さま 防府天満宮です。
訪れた日は大安吉日
白無垢の花嫁さんいらっしゃいました。

受験生のみなさん
あと少し!!

がんばれ〜〜〜っ!!

nori56jp1 at 00:46|PermalinkComments(0)

2010年01月01日

「私の祈り」

869e72b9.JPG

ただ この一年が
心穏やかで 静かで
平和な一年でありますように。

大きな夢より
ささやかな日常を

目に見える成果より
見えない内面を

こつこつ 静かに磨けますように。

誰かのために、
「私が私が」・・・というような
うぬぼれや おごりは持たず
すべての人にただ感謝して
動ける自分でありますように。

心が豊かに穏やかに
笑顔が輝く一年でありますように。

私のそばにいてくださる人の心が
いつも平和でありますように。

それが今年の
私の祈り。

nori56jp1 at 02:09|PermalinkComments(0)

2009年12月01日

決めるのは。

ba81797c.JPG

決めるのは
いつも自分自身。

ただ黙って
静かに物事は行うもの。

前に進むも
身を引くも

静かに自分の中で
考えること。

騒がず
失望せず
淡々と。

すべては
自分の人生だから。

起きたことのすべてに
意味はあるから。

去るときは静かに。
何も語らずに。

残るものは
感謝だけなのだから。

それが人としての誇り。

nori56jp1 at 01:59|PermalinkComments(0)

2009年11月25日

おはよう!

a09c2882.JPG

おはよう!
この世のすべてのものに。

おはよう!
雨上がり
朝日を受けて輝く
うれしそうなお花たちに。

こうしてまた
静かな朝を向かえ
生きている喜びを

大きく手を広げ
空に叫ぼう

おはよう!
今ここにいる
新しい自分に。

また一日を
「ありがとう」でいっぱいにして
笑顔で生きよう。


nori56jp1 at 10:14|PermalinkComments(0)

2009年11月21日

すべては自分に。

e64fd9fd.JPG


すべては自分にかえってくる。
人に投げかけた言葉も
行動も。

正義をふりかざしたつもりでも
愛のない言葉は
諸刃の刃となって
自分を苦しめることになるということを
わたしたちは
知らなければならない

人を許せない人が
自分を許せるわけもなく

人を認めない人が
どうして自分を
認めることができるだろうか。

人を押しのけて
たどり着けたとしても
拍手も笑顔もない場所で
どうして輝けるだろう。

私のそばで生きていてくださる方が
誇りに思えるから
私は自分も誇らしい

「おかげさまで」の自分だから。

残るものは感謝の気持ちだから。

心を支えているものは
人としての誇りだから。

nori56jp1 at 00:26|PermalinkComments(0)

2009年11月16日

夢は・・

da0f52cb.JPG

幼い日
夢は ただの夢でしかなかった。

夢は叶えるものだと
私は思えなかった。

諦めることが
自分を守る唯一の手段だったから。

けれど人生は 変わっていく。
不思議な力に導かれながら。

いつからだろう。
夢が叶うものだと知ったのは。

大きな夢なんて描かなくていい。
ささやかな夢を 一つずつ叶えよう。

素晴らしい人の中で
私は生かされている。

不思議なご縁に導かれながら・・・
そして大きな力をいただきながら。

この喜びを胸に
日々の積み重ねを
大切にしよう。

今なら自分らしく
前に進める。

夢のある自分になれたことに
感謝したい。
舞台風流神

nori56jp1 at 01:43|PermalinkComments(0)

2009年11月02日

弱い自分に。

68f27d8c.jpg

弱い自分に負けないで
自分を人と比べないで

ただ
日々の小さな積み重ねを大切にして
今日まで来れた自分なら

あとは神様の前で手を合わせ
自分を見ていただこう

心をきれいにして
ただ祈りをもって。

くじけずに
投げ出さずに

今日まで来れたことに感謝して。

背中を押していただけますように。
見守っていただけますように。

神様の前で
心をきれいにして。

nori56jp1 at 15:26|PermalinkComments(0)

2009年10月21日

うれしいことは。

a7c52873.jpg

うれしいことは

いつもと変わらない朝が来ること

同じ花が今年も変わらずに咲いてくれること

まぶしいお日さまの下で深呼吸できること

今日も健康な自分がいること

好きなことをずっと続けられること


そして

あなたが笑顔でいてくださること

あなたと同じことを
今年もいっしょにできること

ただ いっしょに笑いあえること。


さやかな幸せの積み重ねが
なにより自分を幸せにしていると気づいた

うれしいことは
いつもと変わらない日常の中に。

nori56jp1 at 10:43|PermalinkComments(0)

2009年09月16日

幸せの小箱

6fa1ebcf.jpg

心の中に
そっとしまってある小さな箱を

ときどき開けて
ひとりながめて見る


こちらの箱には
宝石のようにきらきらとした思い出が・・

あちらの箱には
かわいいお花がこぼれるように
優しい笑顔がいっぱいにあふれて・・・

いつも
私は幸せだったから

涙がいっぱい流れても

きっと私は幸せだったから

まだ開けられない小箱もあるけれど
いつか微笑んで開くときが来るでしょう

心にしまった思い出の小箱

いつか開いた時
すべて消えていたとしても

それはきっと

きっと幸せな記憶。

nori56jp1 at 01:17|PermalinkComments(0)

2009年09月12日

「最後まで」


どうか最後まで
私にさせてください

途中であきらめることは
何よりつらいことです。

最後までやれば
きっと花も咲き
実も結ぶことなのです。

私に責任を取らせてください。

途中で受ける評価が
たとえ最悪でも
続けて行ければいつか
わかっていただけることもあります

最後まで 思いを貫くことが
人としての誇りなのです

まるで待ちに待ったお祭りの夜
手から離れて夜の闇に消える風船を
ただ呆然と見上げるようなことはしたくないのです

どうか私に最後までさせてください
すべてを見届けさせてください。
DSCN0244

nori56jp1 at 00:39|PermalinkComments(0)

2009年09月09日

人は。

七変化

人は成長していくもの
時間は人を育てるもの

一年前の
自分とは確かに違う

苦しみがなければ
人は 大切なことを見失う

闇の中に立たなければ
尊い光に
人は気づかない

すべてが順調でありすぎたなら
私は何も気づかなかっただろう

もがきながらも
掴んだものは
いずれ大きな宝へと変わっていく

乗り越えるために
自分がどう生きたか

人の優しさも
生きる意味も
大切なことは
苦しみの中で知る

人は成長するもの。

変わっていけるのが人生。

nori56jp1 at 00:40|PermalinkComments(0)

2009年08月24日

「優しい色に」

レースのコースター

優しい色に癒されて
きれいな色に
心ときめく

私という人間は

日々口に入れたものも
耳にする音楽と
吸い込む香りと
目に映すものによって
できているから

できるだけ
きれいなものに囲まれて
自分のお気に入りの中で
生きていたい

小さいこだわりでも
好きなものの中で生きる

レースは私の
幼い頃からの楽しみ

レース糸のかわいい色合いに
この胸は満たされる

少女の時の
うきうきする気持ちを
いつまでも この胸に。

そしていつも
自分なりの美しい人生を。


nori56jp1 at 00:16|PermalinkComments(0)

2009年06月25日

72149224.jpg

花は微笑む
わたしに

花は見つめる
わたしを

時を重ね
季節はめぐり

幸せなときも
孤独なときも

雨の夜も
星の夜も

私は静かに
花と向かいあった

たくさんの花があって
この世はこんなに楽しい

たくさんの花の中で
その花の魅力がわかる

わたしも人の中で
生かされている

花は語りかける
静かに

自分という花を
愛していいと。

自然のままが
美しいと。


nori56jp1 at 22:24|PermalinkComments(0)

2009年03月10日

大切なことは。

6317a100.jpg

大切なことは
自分自身に嘘や偽りがないこと

誰にも言えないような
秘密をもたないこと

ありのままの自分を
自分が愛せることができたら

心が草原のように
ひろびろとして

どんな風が吹いても気持ちいいから

何も背負わないで
いつでも旅立てるように

心を軽くして
深呼吸して

春を感じて
今を生きよう

nori56jp1 at 11:36|PermalinkComments(0)

2008年11月25日

観音さま

a1e3cce7.jpg

観音さま
観音さま

私の心を見てください

悲しみも
寂しさも

すべて愛にかえて

わたしは今
こんなに優しくなれました


言い訳も
反論も
決してせずに

私はすべてを負い
今 ここにいます


観音さま
どうぞ私に

慈しみの光を。

そして
安らぎを。

*******
写真はきょんこさん撮影の「観音さま」です。
すてきな写真なので使わせていただきました。
きょんさん ありがとう。

nori56jp1 at 21:57|PermalinkComments(0)

2008年10月06日

正しく

0f45867d.jpg

心正しく
そして清く

自分を律し
背筋を伸ばし生きたい。

平和を祈り
感謝を忘れず

今という幸せをかみしめて。

すべて
すべて大丈夫。

きちんと胸を張って
誇りを持って。

死ぬまで女として。


nori56jp1 at 14:21|PermalinkComments(0)

2008年09月10日

もっているものぜんぶ

db2540bd.jpg
私の持っているもの全部
全部あなたにあげる

そして私の手の中には
何もなくなってしまっても

何も残っていなくても

いいの
私は本当に

本当にうれしいから。

私の持っているもの全部
全部あなたにあげる

それですべてが終わってしまっても

幸せな想い出は
この心に。

いつまでも残る
あふれるほどの幸せな記憶。
6989798_447671873_1large


nori56jp1 at 15:42|PermalinkComments(0)

2008年08月31日

レース編みと人生と。

b0e3fa3a.jpg

ひと目ひと目編み上げる
私は夢中で糸を編む

静かに向かう私の時間
孤独な時間も満たされる

私は夢を編み上げる
好きな形に編み上げる

ほどいて編んでまたほどき
絡んだ糸を切るような
悲しい過去もありました。

間違いあれば編み直し、
すべて自分ひとりだけ。

過程はどうであろうとも
最後はきれいな作品を
ちゃんとちゃんと残したい。

今日も一人で糸を編む。

この人生にひとつでも
きれいな形、
残せるように。

祈りをこめて
静かに向かう。
画像 540

nori56jp1 at 01:20|PermalinkComments(0)