2016年12月04日

やさしい花

真心も
誠意も
努力も
届かない場所に

やさしい花は咲きません。

だから

そっとそばで咲いてくれる
小さい花に微笑んで

ほっとできるささやかな幸せを
大切にしなければと思うのです。
id-400807953_convert_20161207145354



nori56jp1 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月25日

自分の色

DSCF6185


紫陽花は
迷いながら
自分の色を探してる。

「きっとお母さんは
 こんな色で咲いたはず・・・・」

いっしょうけんめい
思い出してる。

お母さんから受け継いだ
自分の色を

今日も紫陽花は
探しながら咲いている。



nori56jp1 at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月25日

かたばみの夢は。

DSCF6878

やさしい五月に咲く
むらさきかたばみ

今年も咲いて
そばにいるよ、と 微笑んでいる。

むらさきかたばみは
幼い日のわたし。

ただ
母の帰りを待ちわびて

母のそばにいることが
すべてだったわたし。

母の帰りを待ちながら
頭の中で描く物語は
どこまでも果てしなく広がり

わたしの理想は 
現実から遠のいた。

いつしかひとりですごす時間が
わたしを満すようになっていった。

大人になって

もしかしたら
わたしも夢が持てるかも・・・と思った。

だけどそれは
子供の頃からのクセで
夢を描こうとすればするほど
現実から離れていってしまう。

形に出来る夢など
描けはしなかった。

静かに振り返る五月に
そっと寄り添う
むらさきかたばみ。

母のそばにいることが
すべてだったわたし。

幼い あの日のわたしを
映しだしてくれる花。

何も変わらないこと
おしえてくれる花。

nori56jp1 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月28日

春はミモザ。

DSCF6747


晴れやかな空に
ミモザが跳ねる。

今年もちゃんと、
春が来たこと
教えてくれる。

旅立ったのは
確かに春。

あれから
時は流れて・・・・

人はきっと
帰りたい場所があるから
がんばれるの。

いつか
「お帰り。待っていたよ。」って、
頭を撫でてもらいたくて

あたしは
必死でがんばっている。

今はひとり、
春の中で
歓び跳ねるミモザを見上げながら
がんばっている。
DSCF6732_convert_20150320164152



nori56jp1 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月10日

花は枯れるから。

花は 枯れるから 
美しさが鮮やかに残る

生きているものには
命があること、

限りある中で
精一杯自分を輝かすこと、

教えてくれる

きれいに咲いて
ゆっくりとしおれ
やがて枯れてゆく

だから

「ありがとう。
こんなにもきれいに咲いてくれて」と

声をかけたくなる。

自分らしく
ひたすらに咲くこと

花はわたしに 教えてくれる。

DSCF6656


nori56jp1 at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月08日

ふたつの朝顔


DSCF6314 - コピー

夏も終わった
九月の朝

遅れて咲いた
ふたつの朝顔。

つかのまに
そっと寄り添う

花開く時間は
あまりに短いけれど

運命を感じ、
どきどきして 咲いている

「なんだかわたしたち
新郎と新婦みたい。」
恥じらいながらそっとつぶやく。

「そうだね。今日は、
僕たちの結婚式かな。」
照れながら微笑む。

あぁ 今日はなんてすてきな一日。
すてきな花嫁と花婿。

見つめるわたしは
背筋をのばして
おっほんと咳ばらいをし
にわか神父さん。

わたしを見上げ
うれしそうに寄り添う
二つの朝顔。

「おめでとう」

思わずつぶやく
九月の朝。


nori56jp1 at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月28日

胸に飾る

美しい想い出を持つということは

心の中に
美しい花を
大切に咲かせるということ。

きれいなものに憧れる
私の心は 
きれいな花しかほしくない。

すべて夢であってもかまわない。

汚さないで。
こわさないで。

きれいなままの記憶の花を
この胸で守りたいの。

誰も知らない
私だけの記憶。

悲しかったことも
泣いたことも
花の中にそっと閉じ込める。

そして私は
おすまし顔で

誇りある心の花を
そっと胸に飾るの。

DSCF6263

***
写真は私が編んだ薔薇のコサージュです。



nori56jp1 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月22日

花の想い出

想い出は
小さな花の中に。

季節ごとに咲く
はかない花の中に。

両手でそっと
花を受けとめ

見つめるとき、
想い出はあふれる。

忘れることなく
思い出すのは
またこうして、花が咲くから。

儚いけれど美しい。

花の想い出の中で
人は生きている。
IMG_0102

****
写真はひろこさんの写真で明月院の
「花想い地蔵」です。
やさしいお地蔵さんの姿に
心癒されました。



nori56jp1 at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月18日

白い紫陽花

雨に濡れて輝く
白い紫陽花が
わたしは好き。

雨ばかり降って
みんなが空を見上げ
ため息つく季節に

まるで
花嫁のように
きらきらと
白く輝く。

幸せはすべて
この花の中に。

この季節の幸せは
白い紫陽花の中に。

だからわたしは
雨に輝く
白い紫陽花に
寄り添ってすごすの
DSCF6209



nori56jp1 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月16日

菖蒲

DSCF6204


静かな水の流れが
風を誘う

菖蒲の花
まっすぐに
背を正しながら立ち
やわらかい花びらを
パラリと開く

ツンととがった蕾が開けば
はんなりと。

対比する
その美しさに
人は心惹かれ

立ちつくし、見つめる。


nori56jp1 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月05日

雨の日の紫陽花

雨の日の紫陽花、
不思議と輝く。

また今年も梅雨が来て
雨は降り続いている。

人々は憂鬱な顔をして
足早に通り過ぎていく。

けれど紫陽花は静かな場所で
ひっそりと咲きながら
空を見上げ微笑む。

誰かを待っているように。

やがて紫陽花に降り注ぐ雨は
優しい水色に変わり
そっと 紫陽花に語りかける

「やぁ、また会えましたね」


紫陽花が七色に色を変えながら咲くのは
うれしさのしるし。
一年待ってやっと逢えた
一途な紫陽花の微笑み。
DSCF6185

***
今年も 庭に紫陽花が咲きました。
美しい品のある花を
見つめていると優しい気持ちになれました。




nori56jp1 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

薔薇のアーチ

DSCF6181

憧れの薔薇でうめつくす
薔薇のアーチ、心の中の
私たけが知る秘密の基地

誰にも言わない本当のことは
秘密の基地に仕舞い込む

おしゃべりなひとたちは
ぺらぺらと得意気に話すけれど

わたしは外に出さないの

薔薇の棘に守られた
私だけの宝物

わたしの中の薔薇のアーチ
深呼吸して出ていくの

***
写真は近くの薔薇園での薔薇のアーチです。
五月がくれたすてきな薔薇のプレゼントを
心に映しながら 次の季節に向かいます。



nori56jp1 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月25日

薔薇の悲しみ

どこにでもある
平凡な薔薇だと
手放した薔薇を

探す薔薇園で
その花は見つからない。

色とりどり
薔薇は咲き乱れるけれど

たったひとつ
探す薔薇は どこにもない。

こんなにも薔薇は咲き
甘く香るけれど
あの薔薇の香りとは違っている。

その時 初めて知るのでしょう。

手放した薔薇の美しさ。
薔薇の優しさ。

そして薔薇の悲しみを。

DSCF6179

***
近くの薔薇園の薔薇を
ながめてきました。





nori56jp1 at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月15日

ジャスミン

甘く香るジャスミン

数え切れないほどの
あふれる想い出

押し込めても
吹き出すように
この胸から
あふれだす

覆った目も
塞いだ耳も
押さえた口も


まるで意味のないことなの。

鮮やかに
甦る記憶

めまいを誘う
ジャスミンの香り
DSCF6110

***
今年もわが家の庭に咲いたハゴロモジャスミンです。


nori56jp1 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月29日

苦しみや悲しみを。

苦しみや悲しみを
乗り越えたとき

人は、
より美しく
咲かなくてはならないの。

冷たい泥水の中で
ひたすらに咲く
健気な蓮の花のように。

美しく咲けないのは

苦しみや悲しみを
ちゃんと乗り越えていないから。

生きていくということは
すべてを乗り越えて

自分という花を
美しく咲かせること。
DSCF6077

今日は近くの冠公園に行って
しばし、花を眺めました。
小さい蕾でも 蓮の花は貴く気品に満ちています。


nori56jp1 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月28日

また薔薇の季節

緑がまぶしく輝く頃に
また薔薇の季節が来るよ

鳥たちはさえずり
風はさらさらと吹いて

甘い香りで
すべてを包み

あふれるように
咲き誇るよ

わたしは
いまかいまかと
待ちきれなくて

薔薇をさがして
外に飛び出してゆくよ
DSCF6065

写真は近所のお宅に咲く
見事なモッコウバラです。
そろそろ薔薇の季節になるよと
花が教えてくれます。


nori56jp1 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月25日

牡丹の言葉。

DSCF6060

迷わずに
誇りを持って咲くのです。

この世で一番
どの花が美しいかなど

そんなこと どうでもいいことなのです。

私という花を
ただ懸命に

今という瞬間に
春という季節の中で

胸を張り
ひたすらに咲けばこそ、
人は私を見て
美しい、というのです。

迷う貴女に
私がこうして
示せることは

ただひたすらに
私らしい花を
咲かせる姿を見せること。

貴女は言葉もなく
私の前に立ちつくし
身動きもとれないのは

この想いを
受けとめたからでしょう。

しっかりと
自分らしく咲くのです。

ただ それだけなのですよ。


***
写真は庭に咲いた牡丹です。
去年植えた苗が 今年見事に花開きました。
ただただ感激です。


nori56jp1 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月24日

風さん。

DSCF6051

長く育ったこの場所が
私はとても好きだったけれど
いつまでも
ここにいるわけにはいかないのですね。

私もやっと、
やっと心の準備ができました。

風さん
吹いてくださいな。

地に貼りつくように
ささやかにこの場所で
ひっそりと生きて

それでも蕾のときめきも
花開く歓びもありました。

名残り惜しいのですが
これが私のさだめでしょう。

四月の風に乗って
私は旅立ちます。

新しい世界が
安らぎに満ちているように

わたしは空を見上げます。

風さん 吹いてくださいな。

そして私を
幸せな場所に
光あふれる場所に
連れていってくださいな。

***

庭に咲いたタンポポです。
かわいい 綿毛をながめます。


nori56jp1 at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月22日

もうすこしだけ。

DSC_0568

風よ
風よ
吹かないで

あと少しだけ
ここにいさせて。

草の中でひっそりと咲いて
私は何も知らなかった。

だけどそのうち花は枯れ
私の背丈はどんどん伸びて
ある朝 目を覚ました時には
向こうに海が見えました。

まんまる綿毛になった私は
風が吹けば
もうここにいられない

静かでのどかな丘の上、
海の見える穏やかな場所
すてきな場所が
わたしのふるさと

だからお願い
もうすこしだけ

風よ
風よ吹かないで

あと少しだけ
ここにいさせて。


写真は冠天満宮のそばに咲くタンポポです。


nori56jp1 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月12日

あなたとわたし


DSCF6018


似ても似つかぬあなたとわたし。

とても合うようには見えないけれど、
並んでみると意外に似合う。

こうでないといけない、と
頑ななあなたは
そばにより添うわたしを
ちらっと見ただけで知らんふりしたけど

あなたとわたしは
意外と似合う。

あなたにないものを
わたしはもっていて

わたしにないものを
あなたはもっているから。

わたしのそばで
あなたはいつも以上に姿勢を正し、
華やかに立つ。

そして
まっすぐなあなたのそばでは
私はとてもしなやかに。

あなたと私は
意外と似合う。

知らん顔しても
顔に出てる。

意外と似合う、と思ってる。

だからわたしも
黙ったままで
ぴったりと より添える。


写真はお勉強してきた生け花です。
小手毬は特に、私が心惹かれるお花です。


nori56jp1 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月06日

待ちぼうけ。


待ちきれなくて
お迎えを
今か今かと待っている。

ちいさいアタシは
せいいっぱい背伸びして

おかしいなぁ、
もうそろそろ来てくれるはず、
そう信じて待っている。

お日さまが出ているうちは
背筋のばして

すぐに見つけてもらえるように
アタシなりにがんばってるのに。

はやくはやく
迎えに来てよ。

こんなおりこうさん、
見たことないでしょ、って
言いながら

ツンツンしてもひとりきり。

アタシは 今日も待ちぼうけ。

DSCF5967

ハナニラ。 健気でかわいいお花です。

nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月25日

菜の花咲いて

菜の花咲いて
桜を待つよ

もう春だよね〜
待ち遠しいね〜
あー暖かいよ〜

わいわい
ざわざわ
聞こえるように

黄色いウェーブ、起こしながら
桜を見上げ
にぎやかに咲くよ

早すぎたかな〜
私もつられて咲いちゃった〜
もう少しかな〜

今か今かと
見上げる空に

お日さまだけが微笑むよ

桜と並んで咲けることを
菜の花は楽しみにして

きっと今日こそは、と
懸命に咲くよ

DSC_0557

***
島田川のほとりには菜の花がいっぱい咲いて
桜の開花を今か今かと待っているようです。


nori56jp1 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月08日

スィートアリッサム

DSCF5913スィートアリッサム
一生懸命咲いたの

こぼれるように
咲かせたけれど

わたしはあまりにも小さすぎて
気づかれなかったの

華やかな大輪の花は真ん中に・・・
わたしはいつも足元に。

わたしの代わりの花は
いくらでもあること
ほんとは わかってた。

だけど そこで咲きたかったの。

スィートアリッサム

寄り添って咲けただけで
十分だったの。

懸命に咲いて・・・

それしかわたしには
できなかったから。

他に何もできなかったから。

だからわたしなりの
花の最後を。


nori56jp1 at 13:46|PermalinkComments(0)

2012年06月03日

雨と紫陽花

紫陽花
儚げに咲いて
雨を誘う

花束を空に捧げ
雨を待っている

雨も
自分を待つ紫陽花が好き

待ちわびた季節を越え
やっとめぐり逢える六月

雨は知っている

美しい紫陽花が
移り気なふりして
本当は一途なこと

冷たいふりして
熱く燃える心があることを

だから雨は
紫陽花の咲く 六月に
静かに降りつづくの

愛を注ぐように・・・
虹のプレゼント添えて・・・

雨と紫陽花
誰にも邪魔されない季節の中で
そっと寄りそう


nori56jp1 at 01:12|PermalinkComments(0)

2011年09月23日

彼岸花

b7856331.jpg


秋の中で
静かに燃える

穏やかな
澄んだ青空の下に
不似合いな
炎燃やす赤

すべてを悟り
口を塞ぎ
心を閉じても

赤き血は流れ
この胸は燃える

抑えてもあふれる
この想いに似て

彼岸花に
熱い想い
気づかされる



nori56jp1 at 09:00|PermalinkComments(0)

2011年09月11日

ふうせんかずら

5b2c997b.jpg

やさしい緑のカーテンの中
かわいい風船
揺れている

ぷくりと膨らむ風船が
涼しげに揺れている

白い白い小さな花が
風船のそばで ささやきあって
得意げに咲いている


知ってるよ わたし

その風船の中に
かわいいハートが隠されてるの

やさしいやさしい
三つのハート
お薬みたいに 心に効くよ

私たちもいつか
かわいいハートのしるしになって
また生き続けていけるかな

来年もまた きっと咲けるよ。
だから今から楽しみいっぱい。

小さいけれど知っている。
楽しみやうれしさであふれてる。

来年もまた ここで咲いて
心に 優しさ届けるよ。







nori56jp1 at 21:21|PermalinkComments(0)

2011年06月27日

クチナシの花

d1ed1a27.jpg

あなたが闇に迷う時
どうか
私をさがして。

眠れない夜
孤独な夜

月明かりもない闇の中で。


甘い香り
風に乗せて
ここにいる、と伝えている。

いつも変わらずに
姿は見えなくても

ずっとそばにいること
あなたは気づく時がくるから。

闇の中で
白い花びらがもえる。

「私はここよ
 いつもここにいる。」

そして
ある日

あなたは扉を開けて 
はっ として 飛び出すの。


nori56jp1 at 14:04|PermalinkComments(2)

2011年05月27日

ストロベリー・アイス

b82c11ff.jpg
ストロベリー・アイス かわいい

5月の風に吹かれ
微笑むように

やわらかいフリルで
少し はにかむように。

恋をした日は
きっと こんな風にほほ染めて

夢を描き
五月の風の中で揺れるもの。

ストロベリー・アイス ささやく

甘くそっと
私の耳元で。

「いつまでも忘れないで。
 いつまでも変わらないで。
 その心は きれいなままで
 瞳の輝く 少女のままでいて。」


ストロベリー・アイス 見上げる。

見つめるわたしを。

nori56jp1 at 17:01|PermalinkComments(0)

2011年04月30日

れんげの花にうずもれて。

15cae09e.jpg
れんげの花にうずもれて
お空を見上げる

こんなにお空は広いこと
知ってたようで知らなかったな

どこまでも空は続くけれど
ここはだれも知らない
わたしだけの秘密の世界

ここにいること
だれにも内緒よ

れんげさんだけにお話しするの
お話ししたいことがいっぱいあるの
誰にも言えない私の夢よ

笑ったらだめよって言ったのに
れんげさん いまクスクス笑ったでしょ。

いいのよ 本当はね
自分でも笑っちゃうの。

私はれんげの花にうずもれて
甘い香りに包まれて
夢中で夢の続きお話ししてる

れんげの花が
優しく私を包んでくれるから
私はとってもうれしくて。

母さんが帰るまで
今だけの秘密の場所。


nori56jp1 at 23:59|PermalinkComments(0)

2010年10月26日

リリィ



リリィ
君は美しい

秋の中で
輝く

燃える想い内に秘め

何も訊かず
焼きもちも焼かず

すました顔で

気づいていても
気づかないふりで

誇りにあふれ
ツンとして。

秋は静かに
孤独を連れてくる

風も雨も
僕から熱を奪うようだ

リリィ
僕はただ

時間を忘れて
君を見つめる

凛とした君を

美しい君を

今だけの君を。


nori56jp1 at 10:08|PermalinkComments(0)

2010年09月06日

百日紅(さるすべり)

201009030947000

焼けつくような夏の日差しの中で
百日紅うれしそうに咲いている

今日はお出かけ
待ちきれなくて

少女は
フリルのついたピンクのワンピース

お家の前で
いまかいまかと
うれしそうに待っている

優しい母さんに手を引かれ
お出かけするの

見上げた庭先
見つけたよ

うれしそうな百日紅の花
少女と同じ
フリルをつけて

青空の下
揺れている

少女のように
揺れている


nori56jp1 at 11:17|PermalinkComments(0)

2010年08月07日

ペチュニア

c2cd7cc7.jpg

アスファルトの海
焼けつく舗道に
私は生まれた

誰もいない
誰も通らない場所で
ただひとり
精一杯に。


かわいそう、だとか
さみしそう、だとか
言う人もいるかしら。


どこに生まれて
どんな場所に育つか

それは私には選べなかったことだもの



静かに流れていく時間
夏の光
雲の流れ
雨の優しさ
風の心地良さ

いっぱい
いっぱい知ったから

だからこの場所で
胸を張り
最後まで
誇りに満ちて

私の季節

この夏に
全て燃やして

精一杯咲けたら
それでいいの。

nori56jp1 at 17:20|PermalinkComments(0)

2010年07月13日

背を正し。

254e10e6.jpg

雨の中も背を正し
まっすぐに咲く
白いカラー

白はどこまでも白く
純白で美しく

胸を張る
清らかな少女のよう。

誇りに満ちたその姿に
心洗われて

私もいつもより少し
胸を張って立っている。

自分を律し
美しい生き方を。

カラーのように
すっきりと。

今できることを淡々と。



nori56jp1 at 10:25|PermalinkComments(0)

2010年06月30日

知っている

50

夏が来る前の
この静かな雨の季節に

私はひとり
紫陽花色の
レースを編んで
静かにながめる

むらさき色の七変化

見えない場所で
不思議な力が
お花の色を変えている。

紫陽花は
すべてを自分の中に閉じこめて
何も語らずに。

うれしい顔もせず
自慢することもせず

自分の中で抱きしめる

本当は
陽の光 一身に受けながら

しっとりと
さみしげに
雨の中で輝いてみせる

だけど
わたしは知っている

紫陽花の気持ち
よくわかる

紫陽花は
しあわせな花

一番幸せを
知っている花。


nori56jp1 at 17:26|PermalinkComments(0)

2010年06月26日

あじさいのように。

f0fa95f7.jpg

あじさいは
いつも
雨が恋しい

お日さまの光より

雨に打たれて
自分が輝く花だと知っているから。

この一瞬に
美しく咲きたいと願えばこそ

絵のように
記憶に残る一瞬を。

だからわたしも
あじさいのように

記憶に残る一瞬を残して。


この雨に
すべてを流して

美しく生きていく。

nori56jp1 at 21:06|PermalinkComments(0)

2010年06月23日

かたばみの記憶

4b47c471.jpg

むらさきかたばみ
遠い記憶。

ひっそりと
けれど気がつけは
いつもそばに。

優しい母さんの声がする
午後の庭に

野良犬が聞き耳を立てながら
昼寝する。

私はうれしくて
話しかけてながめる。

「今日は来てくれたのね。
 朝はどこに行ってたの?
 楽しいことがあったかな?
 待ってたよ。」

野良犬は 安心したよ、と言うように
「ふーん」と鼻で大きく息をして
わが家のようにくつろいで
私の話を聴いている。

サッシを開け放ち
光差し込む静かな午後。

そんな庭の隅で

ひっそりとかわいい
むらさきかたばみ

静かに揺れて

おしゃべりな
わたしのお話聴いている。

かたばみもまた
安心したように。

幼いわたしの視線の中に

いつもあった
むらさきかたばみ

ちゃんといつもながめてた。

むらさきかたばみは
幸せな記憶。
DSCF7052


nori56jp1 at 00:55|PermalinkComments(0)

2010年06月16日

あじさい

8a1a00ce.jpg

あじさい
あじさい

雨に濡れて
かがやく

あじさい
あじさい

泣き虫な私に

そっと差し出す
やさしい花束


遠い記憶の中も変わらずに
6月の雨の中

変わらずに
私のそばで

雨に濡れて
微笑む


あじさい
あじさい

雨上がりの
虹を感じさせてくれる花





nori56jp1 at 11:31|PermalinkComments(0)

2010年05月31日

薔薇の花園

7127f189.jpg

薔薇の花園
ひみつの隠れ家

甘い甘い
薔薇の香り

そっとあなたの耳元で
いざなう妖精
ささやく声を

聴いたあなたは
少しめまいする

薔薇の花園
アーチの中で

五月の風に吹かれたふりして
あなたは
妖精のささやきを聴く

ここはすてきな
秘密の花園

すてきな夢の隠れ家





nori56jp1 at 16:56|PermalinkComments(0)

2010年05月01日

スズランをあなたに。

f2a754fa.JPG

白くかわいい
スズランをあなたに

こぼれおちる涙のように
清らかで美しい

甘い香り
優しく心癒す

5月1日
この花を贈られると
幸せが訪れるという

スズランをあなたに

祈りを込めて。

nori56jp1 at 02:17|PermalinkComments(0)

2010年03月20日

私は桜

acd60d68.jpg

命燃やして今年も咲いた

わたしは春の青空が恋しくて
今年も精一杯こうして咲いたの

去年の約束
「また君ときっと逢おう」と・・・

けれど
見上げる空に 青空はなく
貴方を覆う厚い雲

もう何日も曇り空
逢いたい貴方の姿は見えず

私は何日も待ち続けた
来る日も来る日も・・・


雲が立ち込める空の下では
私は雲と同じ白い色

人も私を見上げることもなく
足早に過ぎていく

あの日の約束忘れなかった
静かに貴方と語らいたかった

青空の下
見守られながら
はらはらと舞うことを夢みていたの


突然の雷
強い雨


私はまた次の年へと
望みをつないで
人知れず散っていく

いつの日か
大きな貴方にいだかれて
咲ける日を祈りながら・・・

貴方に逢えること
祈りながら・・・・

「きっと逢いましょう いつかまた」


nori56jp1 at 23:14|PermalinkComments(0)

2010年02月02日

喜びの花

f5f166ae.jpg

幾度と季節を越えて
今年で8度目の春

吹雪に閉ざされて
うずくまる日も

荒れ狂う嵐の中で
歯を食いしばる日も

過ぎてみれば
すべては
心を楽にするための
神さまのご慈悲

乗り越えた誇り
貫いた想い

8年の重みが
私を支えてくれる

毎年そばで咲いてくれた
ヒヤシンス
芳しく美しく

人もまた色とりどりの
美しい花のように

私のそばで
私に笑顔と誇りをくれる

これほどまでに
心満たされる
静かな春が来るなんて

ヒヤシンスは喜びの花

微笑んで ただ 見つめる

nori56jp1 at 01:01|PermalinkComments(2)

2009年07月01日

カサブランカ

4bd6486c.jpg

甘い香り
めまいを誘う

香りは体が覚えている。
香りと再び逢えたとき
一瞬にして想い出は甦る

美しい記憶
カサブランカ

恋する乙女は
理想の中で
美しい物語を永遠と綴る

すべてを美しいままに
その胸に抱きしめて
傷つくことなく
夢を見ていようとするけれど
誰もそれを許してはくれない

誰も通り過ぎることはできない

美しすぎるカサブランカに
惹かれるように・・・

甘い香り
もう一度・・・

出逢いたいと
願わせる花

めまいを誘う
カサブランカ

大人の世界に誘う花

nori56jp1 at 00:42|PermalinkComments(0)

2009年03月08日

ミモザ

0f4e385f.jpg

ミモザ
早春の空に

黄色いぼんぼり
風に揺らす

すべてをもやして
生きてきたから

私の想いはミモザのように
青空にあふれだす

愛はいつまでも
変わらずにこの胸に。

優しい想いを
いっぱいに。

ミモザ 風に揺れ

思い出を誘う

あふれる想いは
春が受けとめてくれる。

見上げる空に
いっぱいの想い出。

nori56jp1 at 01:42|PermalinkComments(0)

2009年02月20日

クロッカス

クロッカス

あたしは 小さなクロッカス

ここのお庭で迎える春も
もう6度目になるかしら。

お家の人は私を見ると
「かわいい」「かわいい」
うれしそうにつぶやいて
そして
ニコニコ微笑むの。

だから私は早く見てほしくて
まわりの三つ葉がひしめく中で
今年も一生懸命背伸びした


そして今年も早くに咲いて
お家の人に見てもらおうと
つんつんかわいい蕾をつけて
わくわくしながら待っていた


なのになのに気づかない

お家の人は 遠い目をして
お空ばかりを見上げてる

"ここにいるよ
ここにこうして"

あたしは今年もあなたのそばで
可愛くちゃんと咲いてるよ

早くしないと枯れちゃうの
ずっと咲いてはいられない
早く気づいてくれなくちゃ
花の命は終わっちゃう

来る日も来る日も待ちぼうけ


あるお日様がまぶしい日
お家の人が
やっとあたしに気がついた

あたしを見て はっとして
そして「あぁ!!」と声を上げ
泣きそうな目をして言ったのよ


 「今年も咲いてくれたのね。
  クロッカスかわいい。
  ありがとう。 

  もう 春なのね。」


あたしはずっと聴いていた。
うれしく心に響いてた。

もう お花は終わりなの。
でも精一杯咲いたから。

また来年もこうして
あたしを見てくれるかな。

あたしは黄色いクロッカス。
おしゃまでかわいいクロッカス。
あたしは春を 連れてくるお花。

nori56jp1 at 00:13|PermalinkComments(0)

2008年09月05日

萩の花咲いた。

8ae28be9.jpg

萩の花
今年も咲いて

つぶやくように
思い出をたどる

すべてが変わっても
季節はめぐり
また花は咲く

かわいい
小さな花が

私にむかって
語りかける

そう・・そんなこともあったのね

楽しいことも
悲しいことも

そして
ひたむきに生きたのね

だから
もういいのよね


愚かさも
弱さも

秋はわかってくれるもの

また 髪の毛が伸びるといいな
優しく女らしく生きたいの

萩の花
いのち燃やす

静かな秋の中で。

私の大好きな花。

nori56jp1 at 00:47|PermalinkComments(0)

2008年06月21日

白い紫陽花

e843bd72.jpg

雨に濡れ
光を放つ 
白い紫陽花は

ひたむきで
一途で
純粋な心に似ている

心変わりも
気まぐれも
移り気も

すべて知っても

変わらない
この心でいられる

6月の白い紫陽花

大好きな花
DSCF6998



nori56jp1 at 08:00|PermalinkComments(0)

2008年05月30日

薔薇

14c5d345.jpg
薔薇を育て
薔薇を見つめ
薔薇を飾り
薔薇を贈る

薔薇は知ってる
愛されるよろこびを。

薔薇は知ってる
愛の痛みも。


知っているから
美しいの

どんな時も
ただ美しく咲いて

ただひたすらに。

薔薇を抱いて
薔薇と語る
薔薇は香る

薔薇の季節。

nori56jp1 at 21:15|PermalinkComments(0)

2008年02月15日

梅の花

596ed641.jpg

春を待ち
寒さに耐えて 咲く梅よ

どんなに春を待ちわびて
春に咲かせてと願っても
優しい春に咲くこともない

冷たい風が吹きつけて
風が花を散らしても

梅はただひたすらに
厳しい季節の中で咲く


花の運命はそれぞれに。
厳しい試練も人それぞれに。
時にそれは残酷に。

けれど
百花にさきがけ
誇り高く
清らかに
芳しく咲く梅よ


私も
梅のようにありたい。

寒い季節にこそ咲こう。

運命を受け入れて
ただ咲けることを願いたい。

nori56jp1 at 17:20|PermalinkComments(0)

2007年09月27日

庭の花に・・。

87279d0d.jpg

まだハイビスカスの花が咲いてる
静かな秋の午後の庭で
大きく深呼吸する

かわいいね
こんなに精一杯、
咲いてくれてありがとう

薔薇の蕾もついたのね
ロマンレッドの花びらが
とてもとてもきれいだわ

これからまたお仲間を
いっぱいいっぱい増やしていいかな

この秋は
少しお庭もにぎやかにしていたいの
思ったよりも心の傷は深く
しばらく静かにすごしたい


私のお庭のお花さん
どうか私を見ていてね
私も きれいに咲けてるかな
私の心を見てほしい
少し褒めてくれるかな


私は優しい母さんに
愛情いっぱいもらったの
優しい心で生きること
いつも教えてもらったの

だから
だからもういいの。

自分の人生は
全部自分のものだから。
人のせいにはしないから。

だから私を見ていてね。
ただひたすらに
自分の花を咲かせたい。

私も優しい花を
咲かせたい。

大切なお花たち
いつもそばで咲いてくれてありがとう

どうか今年も来年もその次もずっと
私のそばで咲いていてね。

nori56jp1 at 16:23|PermalinkComments(0)

2007年09月22日

萩の花

224f91d7.JPG

こんなにお空は秋色で
心に染みる青さでも
萩はお空を見上げない

風はそんな萩を心配して

「ほら見てごらん、
 あんなに秋の空がきれいだよ。
 見ればきっと心も晴れるよ」と

萩のお花を揺さぶるけれど

萩のお花は首振って
やっぱりお空を見上げない。

「私のなかに想い出を
 いっぱいいっぱい抱えているの
 小さい花のひとつひとつが
 私の大切な思い出だから。」


秋の雨は
もうしわけなさそうに

「こんなにあなたを濡らしたら
 ますますお空が見れないね。
 涙をためてうつむいている
 あなたを見てるとつらくなる」

けれど 
萩はそっと微笑んで
そして静かに言いました。

「私はこれでしあわせよ。
 私の中に秋があるの。
 本当は私が秋の中で
 一番一番幸せな花。
 私はそれを知ってるの
 だから私は目立たぬように
 静かにそっと咲きたいの」

萩の花 優しい。
あふれる想いは花の中に。

ささやかな秋の喜びを
そっと教えてくれる花

優しい秋を感じさせてくれる花。

nori56jp1 at 18:47|PermalinkComments(0)
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集