2008年02月15日

梅の花

596ed641.jpg

春を待ち
寒さに耐えて 咲く梅よ

どんなに春を待ちわびて
春に咲かせてと願っても
優しい春に咲くこともない

冷たい風が吹きつけて
風が花を散らしても

梅はただひたすらに
厳しい季節の中で咲く


花の運命はそれぞれに。
厳しい試練も人それぞれに。
時にそれは残酷に。

けれど
百花にさきがけ
誇り高く
清らかに
芳しく咲く梅よ


私も
梅のようにありたい。

寒い季節にこそ咲こう。

運命を受け入れて
ただ咲けることを願いたい。

nori56jp1 at 17:20|PermalinkComments(0)

2007年09月27日

庭の花に・・。

87279d0d.jpg

まだハイビスカスの花が咲いてる
静かな秋の午後の庭で
大きく深呼吸する

かわいいね
こんなに精一杯、
咲いてくれてありがとう

薔薇の蕾もついたのね
ロマンレッドの花びらが
とてもとてもきれいだわ

これからまたお仲間を
いっぱいいっぱい増やしていいかな

この秋は
少しお庭もにぎやかにしていたいの
思ったよりも心の傷は深く
しばらく静かにすごしたい


私のお庭のお花さん
どうか私を見ていてね
私も きれいに咲けてるかな
私の心を見てほしい
少し褒めてくれるかな


私は優しい母さんに
愛情いっぱいもらったの
優しい心で生きること
いつも教えてもらったの

だから
だからもういいの。

自分の人生は
全部自分のものだから。
人のせいにはしないから。

だから私を見ていてね。
ただひたすらに
自分の花を咲かせたい。

私も優しい花を
咲かせたい。

大切なお花たち
いつもそばで咲いてくれてありがとう

どうか今年も来年もその次もずっと
私のそばで咲いていてね。

nori56jp1 at 16:23|PermalinkComments(0)

2007年09月22日

萩の花

224f91d7.JPG

こんなにお空は秋色で
心に染みる青さでも
萩はお空を見上げない

風はそんな萩を心配して

「ほら見てごらん、
 あんなに秋の空がきれいだよ。
 見ればきっと心も晴れるよ」と

萩のお花を揺さぶるけれど

萩のお花は首振って
やっぱりお空を見上げない。

「私のなかに想い出を
 いっぱいいっぱい抱えているの
 小さい花のひとつひとつが
 私の大切な思い出だから。」


秋の雨は
もうしわけなさそうに

「こんなにあなたを濡らしたら
 ますますお空が見れないね。
 涙をためてうつむいている
 あなたを見てるとつらくなる」

けれど 
萩はそっと微笑んで
そして静かに言いました。

「私はこれでしあわせよ。
 私の中に秋があるの。
 本当は私が秋の中で
 一番一番幸せな花。
 私はそれを知ってるの
 だから私は目立たぬように
 静かにそっと咲きたいの」

萩の花 優しい。
あふれる想いは花の中に。

ささやかな秋の喜びを
そっと教えてくれる花

優しい秋を感じさせてくれる花。

nori56jp1 at 18:47|PermalinkComments(0)

2007年06月19日

むらさきかたばみ

83f96bd5.JPG

お庭の隅にひっそりと
むらさきかたばみの花咲いた

幼い頃
いつもそばに咲いていた

かわいい可憐なむらさきかたばみ
咲いているとうれしかった

ピンクのかわいい花びら
そばに飾っておきたくても
摘んでしまうとすぐにしぼんでしまう


咲いている花を見守ることが
大切にすることだということも
幼いながらに知った

幼い頃 
部屋のサッシを開け放ち
風を感じながら
母のそばですごすことが
何より私はうれしかった

母はずっと仕事でいそがしかったけれど
家ですごすときは
洋裁や編み物をしていた。

母に教えてもらいながら
母のふっくらとした優しい手を見ていた。
母と同じことができることが
なによりうれしかった。

静かに時間が過ぎていく。
庭に咲く花は静かに風に揺れていた。

それはとても幸せな記憶。

ずっと母のそばにいたかった
優しい母がすべてだった

気がつけば
むらさきかたばみ ひっそりと
いつのまにか庭に咲いていた

見守る私
見守られる私

幼い心そのままに
今も静かに咲いている

むらさきかたばみ
幼い日の私

nori56jp1 at 17:00|PermalinkComments(2)

2006年07月15日

青い炎

c703ef38.jpg

ほていあおいの花
ある朝突然に咲いた

涼しげな花びら
とてもはかなく
一日であとかたもなく

夢を見ていたように
心の残像を追う

花びらの中に
青い炎
静かに燃えて

抑えても抑えても
この想いは消えることはない

冷めきった心にもなれず
悟ることもできず

クールに生きることもできず

けれどたとえ誰も気がつかなかったとしても
今日一日に静かに青い炎燃やす

美しいほていあおいの花
命燃やして

ほていあおいの花

あこがれの花

nori56jp1 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月11日

かざぐるま

b8e095cf.jpg

家を建てたとき
母がこの薔薇を私にくれた
深紅の花びらがとても美しい

母がくれた大切な薔薇
つる薔薇の「かざぐるま」
いつも庭に咲いてうれしい

「子育てしている間は
 とにかくがんばれ
 みんな通ってきた道なのだから
 黙ってがんばって」 が
 いつもの 母のくちぐせ


薔薇は栄養がいっぱい必要
そして手入れが一番大切
花は育てる人の心を映すのだ

そして人も同じ

優雅に薔薇をながめながら
素敵な音楽を聴き
ゆったりとお茶をいただく

いつかそんな日々にたどり着きたいなぁ

あこがれのローズガーデンは
夢のまた夢

けれど今は 息子のためにもがんばろう

まわりつづけるかざぐるま
風に向かって。
とまることなく今日も。

nori56jp1 at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月06日

ハイビスカス

b8a22428.jpg

お日さまの光を感じる
情熱的な花
やっと咲いた

今日という一日に 
すべてをかけて。

「私を見て元気を出して」と
一生懸命に。

夏はハイビスカス
いつも庭に咲いて
はつらつと。

悔いのない一日をと
教えてくれる

花言葉は「愛の告白」
「繊細な美しさ」

花は一日限り
けれどまた新しい花を。

元気をいっぱいくれる花。

nori56jp1 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月05日

ピンポン菊

c4b94071.jpg

花屋の店先で見つけた
大きくてまん丸な花にびっくり

立ち止まって動けなくなった
あまりの可愛さに
思わず吹き出した

どうしてこんなにまん丸に咲けるの?
たまらなくかわいい

毎日食卓に飾って家族でながめる
そして笑う

丸い形は心が和む
自然は不思議
そして偉大

ピンポン玉ではなく
テニスポール

また楽しくて笑う

花言葉は「高貴」

元気に誇らしげに咲く花

nori56jp1 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

フリージア

791a4fe2.jpg

黄色くてかわいいフリル
かわいい少女のよう

なのに
この薔薇の香りは
めまいがするほどに
甘く心とかす大人の香り

今まで出逢った薔薇の中で
最高の香り

一度逢ったら忘れられない
魅力的な薔薇「フリージア」

黄色い薔薇の花言葉は「美」
そして「嫉妬」

嫉妬するほどに可憐な薔薇


nori56jp1 at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月03日

桔梗

d4380ace.jpg

涼やかな風を感じる
桔梗の花が好き

暑い季節も
涼しげに
しゃんとして。

清楚で気品のある花色
みつめていると
心は落ち着き
安らぎを感じる

花言葉は「変わらぬ愛」
そして「誠実」

奥深さを感じる花


nori56jp1 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月01日

紫陽花

eecba46d.jpg

紫陽花は雨が似合う
静かに雨に濡れて
紫陽花は輝く

白い紫陽花は花嫁のよう
どこまでも白く美しい

紫陽花の花言葉は「移り気」
けれど
白い紫陽花を見たら
誰もこの花言葉は
イメージしないでしょう。

紫陽花の花言葉 もう一つ
「心地良い静けさ」
心が安らぐひととき。

nori56jp1 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月30日

アカペラ

9cd49af5.jpg
香りたつアカペラ
今年も庭に咲いて

一輪で圧倒する美しさ

甘い香り
見る人を釘付けにする

花言葉は「愛」

美しさ 際立つ



nori56jp1 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月27日

ミモザの季節

ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

青空の下で
ほわりほわり

思い出の中の
黄色いワンピースの少女が
風の中でやわらかく飛び跳ねる

少女は無邪気な笑顔で
悲しみも知らないままで・・・

ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

おしゃべりな少女が
にこりにこり

遠い記憶
ミモザの季節

夢の中で
ふわりふわり

nori56jp1 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月03日

むらさきかたばみ

むらさきかたばみは
幼い日のわたし

今もそばで咲いて

あの日の瞳で
わたしを見つめてくれる花

そして
むらさきかたばみは
わたしの幸せな記憶
DSCF7054


nori56jp1 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)