ふるさと

2014年04月21日

ふるさとの山よ

DSCF6038

ふるさとの山よ
帰れなかった自分を
あの日と変わらずに
迎えてくれてありがとう。

私を待ち続けた父は
天国に旅立って
大きな支えを失いました。

ふるさとを離れ
懸命に生きても

人に捨てられ
惨めさも味わい
必要とされる場所を
探し求めた人生。

見上げる山よ
ふるさとの山よ
変わらずにそこにいてくれてありがとう。

また もう一度ここから
わたしは歩き始めます。


***
写真は私のふるさとの象徴、
下関市豊田町の華山です。
私はこの山を幼い頃から見上げて
生きてきたように思います。





nori56jp1 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月20日

ふるさとの川に立ち

DSCF6036

ふるさとの
川を見つめて立ちつくす

時を止めたような風景に
風だけが吹きぬける

ふるさとを離れ
どれだけの月日が経ったのだろう

今は亡き父

私をいつも待っていただろう

ふるさとの川に立ち
わたしは 

「おとうさん」と
つぶやいてみる



nori56jp1 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月12日

関門海峡

201201071106000

海は風を起こし
新しい時代をのせて
東へと向かう

私のふるさと
パワーの漲るところ

関門海峡
海の前に立ち

またここから
始めようと想う

変えていく力
変わるべき時に

ふるさとの風が
私の背中を押してくれる

帰ってきてよかった。
私の原点だから。

優しい母の笑顔と
誇れるふるさと。

帰れる場所があるだけで
これ以上の幸せはない。

胸を張って
希望に満ちて

また新しいスタートだ。


nori56jp1 at 17:20|PermalinkComments(0)

2010年09月15日

ふるさとの秋

201009051001000

豊かに実る
ふるさとの秋

ずっと変わらない
豊かな景色

やがて見渡す限り
こがね色に色づき
うれしい秋を教えてくれる

美しい自然
帰りたいふるさと

心が少女に
戻れるところ


nori56jp1 at 00:20|PermalinkComments(0)

2010年03月23日

やさしいふるさとへ。

4506ceec.JPG

クローバーの絨毯で
花飾りを編んだ
春の香りがする
静かな陽だまりで。

見上げる空には
まぶしい青空と
ふわふわと浮かぶ
白い綿菓子のような雲

幼い少女は
ひとりすごすの時を
優しい春の中で
幸せな未来を夢見た

さみしさも
哀しみも
すべてを抱きしめる
やさしいふるさとの
景色がいつもそこにあった



あれからくり返す
4つの季節が
私の前を何度通り過ぎただろう


ふるさとを離れ
知らない町から町
振り返ることもせずに
旅を続けた

夢中で駆け抜けた
精一杯の日々に
間違っているかどうか
自分に問うこともできなかった


生きることは
傷つくことだろうか
生きることは
悲しみを知ることだろうか

信じることに
何の意味があったの
本当のことを
誰が伝えてくれるの?



私は帰ろう
ふるさとに帰ろう



草の匂い
お日さまの香り
忘れてしまったものを
もう一度思い出して・・・・


母さんの声がする
やさしいふるさとへ

私の名を呼ぶ
やさしいふるさとへ


nori56jp1 at 16:14|PermalinkComments(0)

2009年09月02日

ふるさとをあとに

447444a1.jpg

ふるさとをあとに
東に向かう

年老いた父は
逢うたびに小さく
ほがらかな母の
笑顔は変わりなく

母いればこそ
いつもふるさとは恋しく
父いればこそ
いつもふるさとに帰らねばと思う

しばしの帰郷
あわただしく時は過ぎ

いつしか心は
今住む場所へと急ぐ

母いればこそ
ふるさとは愛しく
父いればこそ
ふるさとが誇らしい


ふるさとをあとに
見上げる空に
目に沁みる青

またここから
私は生きていける

nori56jp1 at 23:56|PermalinkComments(0)

2007年05月03日

ふるさとはいつも

3facc6e5.jpg
ふるさとはいつも
なにも変わらずに

疲れた私も
うれしい私も
さみしい私も

いつも変わらずに
受けとめてくれる

ふるさとの景色は
幼い頃に見た景色のまま
かわらないままで
どんなわたしも
静かに迎えてくれる

新緑の季節
やっと緑のまぶしさがわかったの
木漏れ日も私の心に優しくて
降りそそぐ陽ざしをからだ全体で受けとめられる
今の私はとても心が穏かでいられます

心の中でふるさとの景色に語りかける

帰ってきてよかった

時は流れても
何も変わらないふるさと

そして今日もかわらない
父と母の笑顔

感謝できる自分を
ふるさとで確かめて
また 明日からも笑顔で進みます


nori56jp1 at 23:08|PermalinkComments(0)

2006年06月23日

ふるさと

やっぱりふるさとはいいな〜

今しみじみと

たとえすべて失くしても
私には帰れる場所があって

「おかえり」と
優しく迎えてくれる懐かしい町の景色
町の象徴の山を見上げ 
帰ってきたんだとほっとする

父も母も喜んでくれた
笑顔がとてもうれしかった

どんな時も受けとめてもらえる場所があることが
こんなにもうれしいことだなんて・・・

もっともっと優しい気持ちで生きていきたい

感謝する気持ちが足りなかったと思う

また一からスタートしよう
ふるさとから またスタートしよう

私らしく。






nori56jp1 at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集