2017年04月20日

桜の中に。

id-4472123361

桜舞う中
たしかに私の名を呼ぶ声を聴いたの。

うれしくて
私は空を見上げた。

ありがとう。
忘れずにいてくれたのね。

美しい桜吹雪に包まれた記憶は
いつまでもこの胸の中に。

涙も悲しみも吹き飛ばして
すべては桜の花びらの中に。

いつまでも大切に抱きしめるから。

だからわたしは
前を向いて歩いていける。

歩いていけるの。


nori56jp1 at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月09日

なんのために。

id-291222104
命短し、桜の花は
一瞬に咲いて散る。

私は花にきいてみたいことがある。

桜の花は 花びらを 
待ち望む人のために咲くの?

桜の花は 青空に 
微笑むために咲くの?

桜の花は 雨と 
語らうために咲くの?

桜の花は 風に 
散らされるために咲くの?

花は答えてはくれないけれど
私は今 こう思う。

桜の花は 春という
季節に抱かれるために
こうして ひたすら咲くのですね。

id-291222231


nori56jp1 at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月07日

桜の花は

id-289338434_convert_20160407124342


桜の花は 優しくて

桜の花は 儚くて

だけど 誇りに満ちている


わたしは 

小さなこの空を

桜の花でいっぱいにして

花びら舞う中を 歩きたい


桜の花は この悲しみも

遥か彼方に遠ざける


桜の花は 


押しよせる憂いから

わたしを守る

花びらの防壁




nori56jp1 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月01日

四月の空に。

id-287540774

四月の空に
桜が咲けば

雨が降る

咲いても咲いても
雨が降る

桜はいつも
青空が恋しい

待ちわびて
待ちわびて

雨に打たれながらも
懸命に咲く

青空に包まれて
自分が輝けること

いつも夢に見て咲いている

桜は
青空に逢いたくて

雨の中も

今年こそはと 
咲いている





nori56jp1 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月12日

水辺の桜

IMG_2090



流れる水面に姿を映し

歓び跳ねる 花てまりかな。


****
写真はみずきさんの写真で
「春の小川」です。
素敵な写真を拝見し
イメージが湧きました。



nori56jp1 at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月06日

桜が咲けば。

DSCF6764

桜が咲けば
強い風が吹き
雨を誘う。

来る日も来る日も雨ばかり。

待ちわびた
桜の花は
雨と風で散らされて、

儚い夢さえ見れないままに
桜の季節が去っていく。

青空の下で
桜の花が見たかった。

穏やかな春を
ながめていたかった、と

うなだれる足元に

どこまでも続く
桜の花びらのカーペット。

最後まで私を満たす、
桜からのプレゼント。
DSCF6771_convert_20150406162825
DSCF6762_convert_20150406162654

***
今年も錦帯橋の桜を見にいってきました。



nori56jp1 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月14日

八重桜

八重桜

色鮮やかに
春告げて

空に捧げる
花手毬

靖国神社の桜


***
写真はひろこさん撮影の
「靖国神社の桜」です。
ありがとうございます。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月13日

桜吹雪

DSCF5988

桜吹雪に憧れて
いつも桜の木の下で
風に舞う花びらを受けとめた。

潔く、美しく散る桜は
生きるお手本だから

いつも私も桜のように、
潔くと願った。

つらいことが多かった。
けれど必死でしがみついていた。

はじめからすべてわかっていたのに、
なかなかこの心は頷かなかった。

けれどやっと、

やっと今

すべてを悟り
この心が頷いて

新しい扉を開こうとしている。

この心にやっと
憧れの桜吹雪。

前も見えないほどの
嵐のような桜吹雪。



***
写真は今年の岩国・錦帯橋の桜です。
今年は桜吹雪の中に立てました。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月11日

桜色

桜の咲く季節には
すべてが桜色に染まって見える

淡い優しい桜色が
春を包んで

なにもかも
桜色に変わる

わたしの心も桜色に染まり
幼いあの日の少女のように
すべてを見つめる

優しい気持ちが
満ちてくる

L92

***
写真は私が編んだレースのドイリーです。
品の良い優しい雰囲気に仕上がりました。


nori56jp1 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月08日

風の中で。

桜の花びら舞う
強い風の中で

わたしは空を見上げた

さらさらと音をさせ
花びらは散っていく

さくら
さくらよ

この身も同じ

風が吹けば
散りゆく命

しがみつくこともできず・・・・

せめて
最後は潔く。

美しく風に舞わせて。
DSCF5983



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月03日

桜咲けば。

DSCF5966

桜咲けば
空を見上げて歩く

見上げれは
目に沁みる
淡いやさしい桜色

春はさみしい
ただひとりで見上げる空に

桜が咲くから
生きてこれた

今年もここで
この胸に

桜にコサージュつけてもらえたら

見送るひともないこの場所から
ただひとり旅立てる


nori56jp1 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月01日

見上げた空を。

立ちどまる春の中、
見上げた空を桜が埋める

からっぽになった
この心を
桜の花が埋めつくす

  もうこれ以上
  無理だと思った

  桜の咲く春だから
  思いきれる気がした

  あきらめたのではなくて
  燃えつきたの

桜の花は知っているのね
春という季節の悲しさを・・・

だからこんなにも
懸命に咲くの

そして強い風が吹いて
桜吹雪で埋めつくされたら

私も心を決めて
前に進もう
DSC_0559



nori56jp1 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月09日

散るも散らぬも。

いま このときに
精一杯咲けたなら

あとはもう風まかせ

にぎやかな
宴の場所で散るのも桜

誰も来ぬ
静寂の中で散るのも桜

ただこのときに咲いて

散るも散らぬも風まかせ

この春に
この瞬間に

ただ花は咲く

花にとっては
ただそれだけのこと。
DSC_0280
***
今年の錦帯橋の桜です。


nori56jp1 at 17:19|PermalinkComments(0)

2011年04月30日

ふたたびの。

133609a5.jpg
ふたたび
美しく咲くために
桜の花は
潔く散りゆく。

ふたたびの
約束があればこそ
その一瞬にすべてを賭ける。

交わした契り
ただ信じて。

花びらを敷きつめたその下に
思い出を閉じこめて

すべてを美しく変えて
静かに旅立とう。

ふたたびの
夢を信じて。

いつか
幸せな結末を
迎えるために。


*******
写真の桜は よしさん のお写真です。
本当に美しい憧れの桜の絨毯です。
すてきな写真 ありがとうございます。

nori56jp1 at 00:51|PermalinkComments(2)

2011年04月21日

青空

c22866e5.jpg
風が吹いて
花を散らし
さぁ旅立ちなさいと
耳元でささやく。

桜吹雪の後は
まぶしい新緑の世界

美しいうちに散らすから
生まれ変わる力になると・・・。

何度も繰り返す
出逢いと別れに

涙はこぼれるけれど
変わらぬものを信じよう。

今だけのもの
まためぐり来るもの

胸の熱さを信じて旅立とう。

見上げる空は
目に沁みる青。

大切にしてきたものを確かめて
ここから始めよう。

いつかまた
めぐり逢うために。
美しく生きるために。

目に沁みる青空が
祝福してくれるうちに。

nori56jp1 at 12:20|PermalinkComments(0)

2011年04月15日

未完成

899e4ed7.jpg

愛は
未完成のまま終わるから美しい

別れは
涙が枯れるほど泣けたことほど
ずっと忘れない

桜は
一番美しい瞬間(とき)に
無情の風に散らされるから

ひとはみな
人生を重ねる

未完成が
この胸に残る

追いかけても
届かない
この胸の痛みに耐えて

いつかまた
再びの夢を祈る

だから
桜の木の下で
思い切り泣かせて

桜吹雪の中
泣かせて


nori56jp1 at 10:15|PermalinkComments(2)

2011年04月11日

満開の花の下で。

201104111154000

桜の花 四月の空をいっぱいにして
風誘う午後に

ただひとり
花びらの中立ちつくす

乱れ散る花びらは
生きている証し

この胸の傷口を防ぐように
花びらが注がれる


桜吹雪の中
泣いてしまいたい

やがて花びらに埋めつくされる
満開の花の下で。

nori56jp1 at 13:10|PermalinkComments(0)

2011年04月05日

「もしも桜が」

20cee566.jpg

もしも桜がお話しできたなら
もしも言い訳することができたなら
こう言うかもしれません。

「今年はとても悲しすぎて
私はとても咲けません。
    今年一年お休みさせてください。」

けれど桜はどんな時も
何も語らず
ただひたすらに
この一瞬に命燃やして
 美しい花を咲かせてくれる

みんなの心に 希望のぼんぼり

しみじみと 
春爛漫


nori56jp1 at 10:30|PermalinkComments(2)

2010年04月06日

「さらさら さらさら」

8637590e.jpg

さらさら さらさら
風に舞う

優しい春が
舞い降りる

涙をふいて
見上げた空に

さらさら さらさら
薄紅の

かわいいハートが
舞い降りる

 春がきたよ
 春がきたよ

 またもう一度
 歩き出せるよ

 花びらの絨毯
 あなたのために

 こうして
 こうして用意した

さらさら さらさら
あなたのために

優しい春をつれてきた

見上げる空に
花吹雪

さらさら さらさら
花吹雪


nori56jp1 at 15:06|PermalinkComments(0)

2010年04月04日

よろこびの季節

25df2894.JPG

青空に桜の花が
やさしくやさしく咲いている。

いろんなことを乗り越えて
やっぱりうれしい春が来たと
見上げる空に桜を探す

みんな待ちわびていた
このときを。

青空と桜の花の下に立つことを。

出逢いも別れも繰り返し
こうして今年も
桜の花を見上げる

美しく潔く
ただ咲きほこる花に
人はみな憧れて。

いつも望んでる
桜のように

美しく生きることを。
愛されて生きることを。


青空に桜の花が
誇らしげに咲いている

みんな深呼吸して
胸を張って歩き始める

桜咲く季節は
よろこびの季節

nori56jp1 at 01:17|PermalinkComments(0)

2009年04月01日

さくらふぶき

b6455f3e.jpg

さくらふぶき
4月の空に

さくらふぶき
この胸いっぱい

愛が
愛が
あふれる

きれいな花びら
舞い散る中で

わたしは
わたしは
生きている

両手をひろげて
私のなかで

しっかり
しっかり
だきしめよう

さくらふぶき
空いっぱいに

満ちあふれる
あしたへの希望

nori56jp1 at 01:41|PermalinkComments(0)

2007年04月21日

花びらの道

c71868e1.jpg
春の風吹き荒れて
桜の花びらを散らす

花びらは舞い落ちて
舞い上がり
最後まで美しく潔い

今年も桜の花びらを敷きつめた道
花びら舞い落ちる道を
空を見上げながら歩く

時は流れ
人も
心も
変わっていくけれど

変わらないものに感謝しよう

変わるものと
変わらないもの

すべては無常に流れていくけれど
この心は変えずにいたい。

そして来年もまたこうして
桜の花びら敷きつめた道を歩こう

来年も穏かに
きっとこの場所で。

桜散る花びらの道は
約束の場所

今日の自分に
また逢える道

nori56jp1 at 05:51|PermalinkComments(0)

2007年03月27日

弥生の空に。

弥生の空に
待ちわびる

さくら吹雪を
待ちわびる

どんなにつらく
哀しいことも
さくらの花が呑みこんで
また新しい人生をと教えてくれる
潔く美しい人生をと教えてくれる

花びらの舞う中で
いつも空を見上げることに憧れる
一瞬の夢でも
夢を見れればそれも素晴らしい。

愛されたことも
愛したことも
すべてが想い出になったとしても
また さくら吹雪の中に立ちたい

すべてを美しい想い出に変えて
また歩き出せる

弥生の空に
待っている

さくら吹雪を
待っている

nori56jp1 at 10:20|PermalinkComments(0)

2006年04月14日

春なんだなぁ

一年ずっと待っていた
桜の花びら敷き詰めた道
うれしく歩こう

舞い落ちる花びらと
舞い上がる花びらと

包まれてとても幸せ

春なんだなぁ・・
今しみじみと

いろんなことを乗り越えて

桜の花びら色に
心も染めて

また前に進もう

春の中で。




nori56jp1 at 21:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年04月07日

満開の桜の花の下で

桜の花
この一瞬のために
すべてを賭けて

青空に薄紅色の花びら
すべてを燃やして

すべては
春のために
旅たちのために

そして別れのために

花吹雪の中
夢のように
私もきえていけたら・・・

決して消えない記憶になって
永遠にあなたの胸で
美しいままで・・・

さようならは
桜の花にたくして・・・

nori56jp1 at 19:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集