2016年10月15日

あの空へ。

id-380649286_convert_20161015145614

あの空へ
帰りたいけれど

もうこの背中に
羽はない

帰りたいあの空は
さらに高くなり
わたしはただ
立ちつくす。

そんなわたしに
秋は優しい。

その心を
映してあげたよ、と

見上げるわたしに
語りかけてくれる。


雲が降りてきて
階段のように

わたしもあの空へ
帰れる日が来るかしら・・・・。


nori56jp1 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月26日

夕陽

大切なものを
いつまでもこの胸に留めておくために

人は 孤独に耐えるものなのですね。

生きてきた日々を
後悔に変えないために

人は寡黙になるものなのですね。

言いわけもせず
孤独に耐えてたどり着く
人生の夕暮れには

微笑んで振り返る 美しい記憶が

この胸の海を 紅く染めながら
わたしを満たしてくれるのでしょう。

id-355489872


nori56jp1 at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月29日

雨に濡れた萩の花

ごめんなさいと
言えなかった

ほんとうは

わたしのせいだと
思っていた

許してほしいと
言いたかった。


だけど

だけど
言えなかった。

小さなわたしのままで
消えていくために。


もう、十分なのだけれど。

それで、よかったのだけれど。


雨に濡れた萩の花に

本当はわかっていたの、と

わたしは
そっと打ち明ける

id-328425809



nori56jp1 at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月14日

夕焼けに。

DSC_0619

忘れないように
いつまでも

大切に
この記憶を
留めていられるように

毎日
空を見上げて
静かにながめます。

真っ赤な夕焼けが
いつか色を失くして

闇に包まれるまで

今日も一日
忘れずに生きた、と

ただそれだけを伝えたくて

海と空がつながるところ、
夕焼けに褒めてほしいわたしは

今日もこうして来てしまうのです。


nori56jp1 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月22日

彼岸花のそばで。

DSC_0614

秋の中
空を見上げる

彼岸花のそばに立つ

お彼岸に
突然真っ赤に咲いて

わたしを問いつめる

帰らなくていいの?
あなたの帰る場所は何処なの?と。

知らんふりして生きてきた
笑うことも
泣くこともしたくなかった

人生に起こることの意味など
もう考えたくもなかった

そんなわたしに
真っ赤に咲いた彼岸花が
問いかける


わたしは
秋の空に助けを求めるように

彼岸花のそばで
空を見上げる


nori56jp1 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月18日

萩の旗

DSCF6323

萩の花咲いて
今年も秋が来たと教えてくれる

さみしい心を埋めつくす
やさしく可愛い萩の花。

とくべつ
豪華に咲いたのは

わたしに 力をくれるため。

がんばれ、
がんばれ、と
弱いわたしを励まして

かわいい花のついた旗を
にぎやかに振ってくれる

秋の風と力を合わせ
私を応援してくれる。

だからわたしは

「やっぱり秋が好き」 と

萩の花をながめ
つぶやいてしまうのです。



nori56jp1 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月12日

秋の空

DSCF6326

諦めて
手放した
この掌の中には
もう何もない。

見上げる秋の空、
優しい。

心を映す
秋の空。

931eca0f1


nori56jp1 at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月11日

秋の夜は。

秋の夜は
虫たちの世界

身を潜め
秋を待っていた

おそるおそる鳴いてみた。

「わぁ、われながらいい声!!」
酔いしれて、夜通し歌う。

「私の声も聴いて!」
われもわれもと歌い始める。

気分はもう
ミュージカルスター。
歌い出したらとまらない。

みんなが舞台に立っている。
観客はいなくても気にしない。

「私たちのために 芸術の秋があるの。」


違う場所では 虫たちの運動会。
運動神経の良さは親ゆずり。
割れんばかりの声援。

「だって秋は 私たちのものだもの。」

今夜もまたお祭り騒ぎ。
うれしくてたまらない。

「君たちのせいで 秋の静寂を感じられないじゃないか」
ロマンチストの虫は叫ぶけれど

だれの耳にも入らない。

いつのまにか
秋の夜は
虫の声の中に。

大騒ぎなのに
涼しげな

虫たちの声の中に。



nori56jp1 at 10:43|PermalinkComments(0)

2011年11月26日

11月は。

70

11月は 
静かに立ち止まる季節

よくがんばったねと
神さまのご褒美いっぱい

茜色の夕暮れ
黄色い銀杏
紅く染まる山々

澄んだ空気
青く透きとおる空

12月になる前に

自然の中で
立ち止まって
深呼吸して

大丈夫
またがんばれるよ、って。

11月は
自分を励ます
ご褒美の季節


nori56jp1 at 15:18|PermalinkComments(0)

2011年10月09日

慈しみに満ちた季節

2b62f528.jpg

秋は 慈しみに満ちた季節

高い空は
哀しみを記憶の彼方に遠ざけ
実りの秋は
いつかすべて報われる時がくると
教えてくれる

陽は駆け足で沈み
哀しみに とどまらないで、
また明日に、と言う。

離れがたい夢ほど
過ぎてみれば
ひとときの夢とわかる。

こんなに胸に沁みるのは
秋がくれた薬が
胸の傷に 確かに効いているから。

やがて傷口も癒え
優しく微笑む頃には

すべてを紅く染めて
祝福のフィナーレ。

秋が静かに
痛みを乗り越えたわたしを
称えてくれる。

秋は・・・
慈しみに満ちた季節。


nori56jp1 at 01:35|PermalinkComments(0)

2011年09月27日

秋の夕焼け

110926

夕焼け
空に 広がる

静かな秋に
ひとりぼっち

わたしの
心も あかく 染めていく

私を呼んでいるように

追いかけて
追いかけて
夢中で走るけれど

追いつけない

目を落とすたびに
空は闇に包まれて
色を失くしていく

すべては一瞬

思い出もおんなじ

鮮やかであればあるほど
消えた時はさみしい

静かに闇が迫ってくる

けれど心に
いつまでも消えない 夕焼け


nori56jp1 at 16:19|PermalinkComments(0)

2011年09月05日

静かな秋を。

110902n


静かな秋を待っていた。

ささやかでいい。
静かな秋の中で

物思いにふけったり
空や花を見て
じーんとしたり

歌を聴いて
口ずさんだり

何をしようかと
考えてみたり

本を読んだり
手紙を書いたり

そんな静かな秋を過ごしてみたい

何も起こらなくていい。

ただ秋の中で
満たされてみたい。

優しい秋を感じてみたい。




nori56jp1 at 21:09|PermalinkComments(0)

2010年11月28日

あざやかに。

03cecddb.jpg

色鮮やかに
深く美しく

見渡す限り
色とりどりに

やがて
美しいフィナーレへと近づく

胸は熱く
すべてを燃やして

悔いなき日々を
振り返る

色とりどりに染まる
深く熟した想いは
やがて思い思いに
風に乗り嵐のように

それはまるで色鮮やかな
美しい紙吹雪のように舞い落ちる

孤独と向き合い
苦しみを受けとめ
ただ努力したことへのご褒美

舞い落ちる鮮やかな枯葉は
美しいフィナーレ

旅立ちへの祝福



******
23日 おかげさまで師範にしていただけました。
恵まれた人生 有難いことです。

ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

今思うことは
人間苦しい時こそ 学びの時である、ということです。

楽をして満たされる人生などありません。

苦しめばこそ
人の恩も
幸せの意味も
感謝する心も
与えられるものだと
私は感じます。

そしてそのときにこそ
人としての品格が
身につくように考えています。

学び続けることが
これからの目標です。

nori56jp1 at 22:05|PermalinkComments(0)

2008年11月18日

風の中

色づく街
枯葉散る歩道
静かに
さらさらと

ふと振り返る
その道には
思い出のかけら
風に舞う

不足に思うことは何もない
私はいつも幸せだった

そして今も・・・。

人を愛せる自分でいるから。

どんな時もこの胸で
強く抱きしめたい。

その気持ちだけでいいの。

冬に向かう街に
ひとり立つ。

枯葉の舞う音を聴きながら。

ただあふれる愛がこの心にあれば
それでしあわせ。
200811181320001

nori56jp1 at 14:41|PermalinkComments(0)

2008年10月13日

931eca0f.jpg

見上げる空にうろこ雲
つぶやくように
果てしない空に

どこまでも
限りなく

波打つように
押し寄せるように。

ただ
悲しみだけが目に沁みる

空と海と
繋がるところ

いつかすべての悲しみが
母なる海に抱かれて

この涙も
乾く日が来るでしょうか

秋の空
今日も見上げる

遠い遠い
悲しみの向こう

nori56jp1 at 09:51|PermalinkComments(2)

2008年09月03日

「9月は空」

fbf2d8a1.jpg

9月は空

見上げる空は
青く青く
目に沁みるほどに

9月は空

無限の広がり
高く高く
遠い記憶呼び戻すように

淋しさも
悲しさも
すべて
遠い遠い彼方に。

9月は空

心を自由にして
秋風のように
私も旅立とう

ひとり
愛を胸に。

nori56jp1 at 10:36|PermalinkComments(0)

2007年10月28日

秋は優しい

ad756c54.jpg

秋は優しい

空は高く 青空が澄んで
陽だまりがうれしい

時が止まったように
とてもとても静かに

いつかすべてが報われるよと
この心に語りかけるように
私のそばで

だから私は
秋の中で
ひとりでも満たされる

すべてを乗り越えた
激しい季節のあとで

秋の優しさに包まれて
私は
空を見上げずにはいられない

穏やかな秋に
感謝しながら。

平和な明日を祈りながら
愛を貫こう

nori56jp1 at 15:43|PermalinkComments(0)

2007年10月05日

静かに静かに。

54d6ea53.jpg

静かに静かに過ぎていく。

秋は人を責めたりはしない。

虫の音も遠く近く
心にも優しく響く。


人は心のアルバムを開き
思い出の写真をそっと取り出してみる。

静かに静かに振り返る。

そして人は心のどこかで
天然色の思い出が
いつかセピア色に変わることを待っている。

静かに静かに。

心の声を聴きながら。

誰にも言わない祈りを
胸に抱きしめながら。

nori56jp1 at 14:04|PermalinkComments(0)

2007年09月14日

秋の中で

3c754e63.JPG

秋の風が
こんなに優しいなんて
知らなかった

秋の空が
こんなに美しいなんて
知らなかった

沁みる
沁みる
この身に沁みる・・・

秋でよかった

この季節でよかった

きっと
背中に翼が生えて
私は空へと飛んで行ける

あのやわらかな 光の中へと・・


nori56jp1 at 06:25|PermalinkComments(0)

2006年09月03日

夕焼け

秋を感じはじめた
さみしい夕暮れ

見上げた空に夕焼け雲
流れるように続いていた

こんな美しい夕焼けはひさしぶり
懐かしい気持ちで動けなくなる

幼い頃の記憶へと続く空
しばし見上げたままで・・・・

こんな風にいつも
空を見上げていたっけ。

すぐに雲は色を変え
現実へと引き戻される

慌しい現実に戻るまでの
ほんの少しの時間

優しい心を取り戻せる
雲の色

夕焼けの空は思い出の色




nori56jp1 at 22:56|PermalinkComments(0)
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集