2016年03月26日

春はまぼろし

DSCF7762

春はまぼろし

すべてが優しげに
そっと寄り添うように

手の届く場所にありそうに見えて

掴んだつもりの
この手の中には 何もない

今年もわたしは
菜の花畑で待ちぼうけ

春はまぼろし
春はまぼろし

夢と希望は霞の中で 
遠くに見える

儚げな風景画




nori56jp1 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月12日

今日から春。

春は わたしに教えてくれる。
今日から春と 教えてくれる。

三月になると
わたしはいつも待ちきれなくて
そわそわと 外に出て
春の空気を確かめてみる。

春はわたしの季節なの。

ずっとそう思って生きてきた。
だってわたしは三月生まれ。
春に生まれてきたのだもの。

だからちょっとだけ自信があるの。

明日、春になるかは まだわからない。
だけど わたし
今日、春になったということはわかる。

春だけは はっきりと
「今日から春です」と告げてくれる。

わたしにちゃんと教えてくれる。

わたしも春の仲間なの。
だから きっとわかるのね。

わたしも 
春のお花といっしょに
陽を浴びて咲きたいな。

春は意外にきっぱりと。

はっきりと大切なこと、
教えてくれる季節。

DSCF7771


nori56jp1 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月05日

春に近づく。

DSCF7677

春の陽ざし
感じた朝は
希望も胸に満ちてくる

花は微笑み、
鳥も歌う。

「もうすぐ春だよね」
「待ち遠しいね」

春は心で感じるもの。

自然の中で一緒に微笑む。

感じた春に一歩ずつ
自分の足で進んでいこう。


nori56jp1 at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月14日

れんげ畑

DSC_0682

れんげ畑に飛び込んで
あたしは春の中で
ぐるぐる ぐるぐる

あたしはひたすらころがって
どこまでも
ぐるぐるぐるぐる

春が好きなの
あたしには春が一番。

ほんとは春は
とてもかなしい季節。

だからこんなに花も咲いて
心の中を埋めつくすように
れんげも咲いてくれること
あたし 知っているの。

ぐるぐるぐるぐる
どこまでも転がって

起き上ったときには
あら不思議!

少女のあたしが立っている。

そんな気がするれんげ畑。

***
写真は今月6日に
お友達と三人でお食事に周南市に出かけた時に見た
れんげ畑です。


nori56jp1 at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月28日

春はミモザ。

DSCF6747


晴れやかな空に
ミモザが跳ねる。

今年もちゃんと、
春が来たこと
教えてくれる。

旅立ったのは
確かに春。

あれから
時は流れて・・・・

人はきっと
帰りたい場所があるから
がんばれるの。

いつか
「お帰り。待っていたよ。」って、
頭を撫でてもらいたくて

あたしは
必死でがんばっている。

今はひとり、
春の中で
歓び跳ねるミモザを見上げながら
がんばっている。
DSCF6732_convert_20150320164152



nori56jp1 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月01日

つくし

つんつん つくし
出ておいで。

春が来たから
出てきたと、
わたしの前で笑ってみせて。

つんつん つくし
出ておいで。

だって春だもの、
呼ばれた気がしたの、と

おちゃめに
ちょっぴり胸張って、
私の顔を見上げてみせて。

つんつん つくし
待ってるの。

うれしい春を
連れてきて。

DSCF6647_convert_20150131234101


e06eab31


nori56jp1 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月08日

野の花を。

少女は
野の花を
ひとつひとつ摘んで
胸に抱いて微笑む

花束が大きくなると
その目はますます
きらきらと輝き、
うふふ、と見つめる。

「その花は誰にあげるの?」
そんな問いかけに

「秘密だから教えられないの」

少女はうれしそうに答える。

野の花のブーケ
手の中いっぱい。

少女は
春を抱きしめる。

DSCF6098

***
写真は レースの作品のコサージュです。
あの日の少女に逢いたくなったら
花束を作ろう。
レースでも花束が作れる。
そう思って作った作品です。


nori56jp1 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月16日

すずめ

春の山には鶯が
美しい声で優雅に鳴くよ

春の空には雲雀が
空に向かって晴れがましく鳴くよ

春の街には
ツバメの夫婦が
長い旅を終えて
うれしそうに鳴くよ。

人はみな、はっとして
立ちどまりその声を聴いて
顔をあげて姿を探すよ

わたしはいつもこのあたり、
ずっと住んでて
朝に夕ににぎやかにしているけれど

だれも顔も上げないし
誰も探してもくれないの。

だけど
ときどき声がかかるよ

「やぁ、今日も元気だね。」
「あら、なんだそこにいたの」

けっこうこれでもうれしいものよ。
気も使わずに
遊びに行って
お庭で遊んで帰ってくるの。

特別扱いはされないけれど
それがなんだかうれしいの。

DSCF6025

***
庭に出れば 鳥の声に癒されます。
そしていつもそばにいるすずめがとてもかわいらしく目に映り
微笑んで見上げました。


nori56jp1 at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月15日

春の新人。

はじめまして
あたしたち

この春入った新人です。

今日のために母さんが
光を受けて輝くように
きれいな春色のお洋服、
色違いで作ってくれて、

自分で言うのもなんですが
なかなか似合って気に入ってます。

きゃー もう なんか緊張する。
何を言ってるのかわからなくなっちゃった〜。

わからなくなったと言いながら
自分のアピールだけは忘れない。

そのうちわいわいきゃーきゃーと
新人たちは大騒ぎ。

あんな頃もあったねと
ベテランさんは
過去と未来を行き来して微笑む。

春は勢いを増しながら

どこもかしこもにぎやかに
春のお花畑は大賑わい。
DSCF6013

***
庭に咲いたリナリアです。
元気いっぱいうれしそうに咲いて
とても可愛いお花です。



nori56jp1 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月09日

襟を正し。

DSCF6012

あふれる想いだけで
懸命に動いてきたけれど

喜んでいただけることが
どれほどあったのだろう。

未熟さが身に沁みる、
動けば動くほどに。

もう一度一から、

春だもの。

襟を正し
きちんと立って

理想に向かって
努力してみたい。

求めるものは
ほんとうは

自分の中にあるのだから。

***
私の一生の課題としては
日舞もこつこつと学んで行きたいと考えています。



nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月07日

睡魔が襲う。

編み物してたら
睡魔が襲う
パソコン見てたら
睡魔が襲う

 やりたいことは
 いっぱいあるのに。

運転してたら
睡魔が襲う
湯船につかれば
睡魔が襲う

 気を抜けば
 大変なことになるのに。

一生勉強、と机に向かえば
睡魔が襲う
この人生を真剣に考えてみたいのに
睡魔が襲う

  あぁ
  なんてことなの

だからわたしは
いつも目を大きくひらいて
瞼が下りてこないように
がんばっている

変なことでがんばっている。
DSCF5965




nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月04日

ほんとは春は。

ほんとは春は
さみしい季節。

これはこれで終わりなさい、と
神さまの厳しい判断が下れば

後ろ髪を引かれていても
ばっさりと切り離されて

ひとりでもう立ちなさい、と
新しい世界に
放り出される

さみしくて
泣きたくて
もどりたくて
ただ途方にくれて
うずくまりそうになる私に

神さまは
色とりどりの花と
優しい風と
明るい陽ざしをくれて

すべてはもう動き始めている、
さあ行きなさい、と
強く背中を押されるのですね。

ほんとは春は
試練の季節

夢の儚さを知る
さみしい季節。
DSCF5938


***
写真はわが家に咲いたクリスマスローズです。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月30日

あした咲くよ

春が来たよ
春が来たよ

うれしくて

お空に向かって
ぐんぐん伸びて

私はもうすぐ
可憐に咲くよ

春が来ること待っていた
花に埋もれて待っていた

さぁ出番だよ
みんなの声がして
私はうれしくて飛び出した

ありがとう
青空の祝福受けながら

きっと私
あした咲く。
DSCF5953



nori56jp1 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月16日

誕生日

DSCF5915 - コピー
今日はわたしの誕生日

大安吉日 誕生日

長く苦しい修行を終えて
出発進行 旅立つ日

すべては神さまの決めること。

悲しい過去も
つらい日も

今日から振り出し 再出発。

今日はわたしの誕生日

春の陽受けて 旅立つ日。

大安吉日 出発だ!


***
写真は私の編んだレースのドイリーの新作です。
きれいに編めました。


nori56jp1 at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年03月15日

決断

強い薬を
オブラートに包んで飲むように

三月という
やさしい季節に包まれて
厳しい別れがやってくる

そう 三月は
別れを覚悟できる月。

心の中に メスを持った
白衣の医者が決断を迫る。

点滴を引いて歩く
そんな自分に
もう手術しかないと迫る。

手遅れにならないうちに
今しかないと きっぱりと告げる。

三月だから
覚悟を決めて

三月だから
思い切る。

もう一度 生まれ変わり、
ひとりで歩きだすために。

三月という
やさしい季節があるうちに。

心を
決める。

DSCF5923



nori56jp1 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月03日

春は黄色

68f88ef7.jpg
生きろ、生きろと
黄色い花が
春を連れてくる

春の黄色は
光を集めたような
鮮やかな明るい黄色。

希望の色。

もうすぐ桜のそばで
菜の花も輝くよ。

可愛い少女のように
微笑むよ
6989798_447661187_1large


nori56jp1 at 01:46|PermalinkComments(2)

2011年02月25日

3b4e3538.jpg

待ちわびたはずの
春は

ただ切なくて

見上げる空に
滲む青空

春がこわい
春がこわい

こんな春は初めてだから

せめて
せめて

晴れやかに
にぎやかに
花を飾る

いつか

お空に大きな穴が開いて
天使が舞い降りてくるの?

ただ立ちつくす

春の風の中








nori56jp1 at 02:27|PermalinkComments(4)

2011年02月02日

春はもうすぐ

春はもうすぐ

長い冬も
いつか春に。

やさしい
あたたかな
陽ざしにみちた
春はもうすぐ

梅のつぼみ
ふくらんで
うれしい春を
教えてくれる

小鳥たちは
梅の木の上で
もうすぐ春だよと
歌ってくれる

やわらかな陽ざし
注がれる
哀しみのむこう

穏やかに
みちたりる
春はもうすぐ

この胸に
春の光
少しずつ注ぐ。
201102021708000


nori56jp1 at 17:25|PermalinkComments(2)

2010年03月18日

春の風

0bbfe07c.JPG

春の風
春の風
やさしい

さよならを乗り越えて
ひとり立つ君に

さぁ行きなさいと
ささやく

花は舞い
風の中
どこまでも・・・

さみしさも
乗り越えて

君もきっと飛べるから

たどり着ける
新しい場所


誰かがそこで
君を待っている


孤独を乗り越えて
新しい世界へ

春の風
春の風
見守っているよ


nori56jp1 at 01:58|PermalinkComments(0)

2010年03月06日

春の雨

突然の春の雨

このまま濡れていきましょう

春の雨は優しいから。

出逢いと別れ繰り返しても
消えない記憶

雨の中も風の中も
甦る悲しみ

忘れないのは その記憶を
自分がいつまでも
抱きしめていたいものだからでしょう。

いつか優しい春の風に吹かれ
穏やかな光に包まれて

思い出さない自分がいるとしたら

やっと心が解き放された時。

私はとても自由でしょう。

だから・・・

静かに時を重ねましょう。

長い長い人生だから。

時には春の雨に濡れながら。





nori56jp1 at 22:25|PermalinkComments(0)

2010年03月02日

三月が好き

201003011937000


三月が好き

生まれたときから
きっと。

初めて感じた
光も風も
眼に映るものすべて

それは三月から始まった

私にとってはすべて・・・・

沈丁花 水仙 ヒヤシンス
いい香りに包まれる穏やかな季節に

やさしい母の愛に包まれながら
私は生まれた

生まれたときから
私は幸せだった

きっと誰よりも・・・

だから何があったって
私は大丈夫
どんな時も・・・・


三月が好き

祝福に包まれる季節

生まれてきた歓びを
かみしめる季節

nori56jp1 at 10:19|PermalinkComments(0)

2009年04月24日

しっかりと。

7be912b7.jpg

春の中で
静かに想う

人は孤独の中がいい。

ちゃんと一人で立つために。


甘えすぎたり
もたれかかったり

そんなことせず
しっかり自分で立つために。

春は人に出逢う季節

だから
自分を見つめよう

もう一度
しっかりと。

しっかりと立つために。

nori56jp1 at 15:34|PermalinkComments(0)

2009年03月16日

野の花摘んで。

3f6614be.jpg

野の花摘んで
春の中

この手いっぱい
春の中

すてきな花束
胸に抱き

幸せを今 かみしめよう。


何も何も変わらない。
幼い頃からなにひとつ。

ずっとずっと変わらない。

それがとてもうれしくて
お空見上げて深呼吸。

春に生まれて幸せだから。

春は春は私の中に。

愛もずっとこの胸に。

野の花摘んで
春の中

心にかわいい花束ひとつ。

****
花束は

れんげ
すみれ
つくし
ホトケノザ
たんぽぽ
菜の花
ぺんぺん草
クローバー

nori56jp1 at 17:02|PermalinkComments(0)

2009年03月08日

ミモザ

0f4e385f.jpg

ミモザ
早春の空に

黄色いぼんぼり
風に揺らす

すべてをもやして
生きてきたから

私の想いはミモザのように
青空にあふれだす

愛はいつまでも
変わらずにこの胸に。

優しい想いを
いっぱいに。

ミモザ 風に揺れ

思い出を誘う

あふれる想いは
春が受けとめてくれる。

見上げる空に
いっぱいの想い出。

nori56jp1 at 01:42|PermalinkComments(0)

2009年02月18日

「優しい春が」

5c4f7943.jpg

優しい春がもうすぐだから
さくら色のレースを編んだ

優しい春の香りがした
静かに花は咲いていてくれた

もう一度心を
少女に戻して

もう一度愛を
始めてみよう

ある日 強い春の風が吹いて
春を知らせる便りが届いた

さみしい胸に降り積もった
白い雪は いつかとけていた

もうすぐ春が
春がくると

ささやく声が耳元で聴こえる


優しい春がもうすぐだから
さくら色のレースを編んだ

うれしい春はもうすぐそこに。

nori56jp1 at 10:52|PermalinkComments(0)

2008年03月17日

祝福

515ef3ac.jpg
沈丁花の花
夜の中で より甘く香る

見えなくても
闇の中で花の咲く姿を感じる

春は
抱え込んでいた重い荷物を降ろす季節

ぎゅうぎゅうに詰まった
荷物を広げ整理する。

試練と感じたことも
自分を楽にしてくれる
神様のご慈悲

心を軽く
すっきりと

さぁ お行きなさい、と
背中を押される

そして
甘い香りの祝福

すっきりと軽くなった荷物を手に
また旅立とう

新しい春の中で。

nori56jp1 at 02:10|PermalinkComments(0)

2006年03月27日

ミモザの季節

ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

青空の下で
ほわりほわり

思い出の中の
黄色いワンピースの少女が
風の中でやわらかく飛び跳ねる

少女は無邪気な笑顔で
悲しみも知らないままで・・・

ミモザ 風にゆれて
ふわりふわり

おしゃべりな少女が
にこりにこり

遠い記憶
ミモザの季節

夢の中で
ふわりふわり

nori56jp1 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月15日

「春の空」

春の空
見あげた

青い空の
ずっとずっと先の
はるか彼方まで
目を凝らすように。

そして
私は大きく息を吸い
空に向かい
微笑んで
目を閉じる

春の風
春の香り
春の陽ざし

みんなみんな優しい

春に包まれて
私は少女に戻っていく

幸せな春の風景が
心の中に広がる

無邪気な少女が
今も私の中で笑っている

春の空
見あげて

ぽろり涙 
こぼれる

nori56jp1 at 10:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月09日

水仙

水仙の花
今年も咲いて

春が来たと
おしえてくれる

厳しい冬を越えて
今年もこの場所で

誇らしげにまっすぐと。

甘く香る
春の香り

かわらない
やさしい香り

そして教えてくれる

季節は心で
感じるものだと。

nori56jp1 at 07:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
☆野口五郎☆
詩集