まとめ

2015年06月21日11:13日々是精進
求めるものは
自分自身に。

淡々と
向かい合い
見つめる。

「日々是精進」

DSCF7049


2015年05月14日08:45五月。
風を受けて立てば
自然と顔は空へ。


深呼吸して
背を正す五月。

DSCF6867


2015年03月16日14:09うさぎ
あたしはうさぎ

あたしはピンと耳を立て
菜の花畑で隠れてる

もしかしたらあのひとが
あたしの名前を呼びながら
探しに来てくれるかもしれないと

あたしは安全な場所で
じっと静かに待っている

あれはもう 随分と前のこと
ぬくぬくと暖かい部屋の中で
育っていたあたし

だけどある日 野に放たれて
あたしは 帰るお家を見失ったの

あたしはひとりでも
きっと生きていけるけど
いつもあのひとを思い出す

もしかしたら あのひとが
ひどく後悔して
あたしの名前を呼びながら

泣きながら探しに来てくれるのではと
心のどこかで思ってる。

菜の花畑で 今日だけは
待ってみたいと思ってる。

あしたになれば
ふっきれて
野うさぎとして生きてゆく。

だから今日一日は
聞き耳を立てこの場所で

あたしは 待ってみるつもり。
DSCF6724



2015年02月01日00:17つくし
つんつん つくし
出ておいで。

春が来たから
出てきたと、
わたしの前で笑ってみせて。

つんつん つくし
出ておいで。

だって春だもの、
呼ばれた気がしたの、と

おちゃめに
ちょっぴり胸張って、
私の顔を見上げてみせて。

つんつん つくし
待ってるの。

うれしい春を
連れてきて。

DSCF6647_convert_20150131234101


e06eab31


2015年01月22日08:30変らない
変らない
見降ろす海も。

変らない
見上げる山も。

変らない
空を飛ぶ鳥も。

変らない
いつも通る道も。

変らない
この心も。

けれど人生だけは
川を流れる水のように
勢いをつけて流れていく。

いつか
景色も変えないままに

わたしはどこかに
たどり着けるのだろうか。
DSCF6621



2015年01月09日09:37夕日
DSCF6586

ふと顔を上げて 窓の外を見た。

夕焼けに包まれた ピンク色の家並みに
思わず外に飛び出して 海まで走った。

 「間にあったね。待っていたよ。」
美しい夕日が
穏やかに私を迎えてくれる。

 「忙しかったの。ごめんなさい。」
心で夕日と語らう時間。
穏やかに満ちる時。

夕日に照らされて輝くさざ波。
優しい風景にほっとする。

日没まであとすこし。

沈む瞬間は見ないの。
だってさみしくなるから。

 「どうか私を見送ってね」
私は夕日に背を向けて歩き出す。

 「ありがとう。またあした。」
背中を押す声に 私は微笑むけれど
胸が熱くて泣きそうになってる。

 「また来るね。
  これからは もっといっぱい。」
歩きながら 私はつぶやくの。



2015年01月02日01:30消えた影
強い光の中で立つあなたに
あなたの影は言いました。

 「私はあなたの影ですが
 もう あなたから離れます」

それはあなたが絶好調の時でした。

気にもとめていなかったあなたは
心の中で思います。

 「私の影がわたしから
 離れられるわけがない。」

あなたは心でそう思い、
てきとうに受け流してしまいました。
放っておいてもついてくる、
それが影というものだろう。
変なことを言うやつだ、と。

あなたの影には
あなたの思うことはすべて伝わっていました。
影は黙っていましたが
心の中でつぶやきました。

 「強い光を受ければ受けるほど
 わたしという影は強まります。
 けれど、まぶしい光、
 色とりどりの美しい光に照らされた
 今のあなたは、
 自分の影を振り返って見ることも忘れてしまいました。
 つねにそばにいて
 あなたを見ているわたしだからこそ
 あなたのすべてが見えてしまいます。
 もう わたしは必要ないようです。」

そうつぶやくと一瞬にして
静かに消えてなくなりました。

影を失くしたあなたは
まさか、とは思いましたが
特には何も困りませんでした。
さして影響のないことだ、と
知らん顔で過ごしていました。

雨の日や雲のかかる日には
まったく気にもなりませんでした。
どうってことないと思っていました。

けれど お日さまが燦々と注がれる日には
影のない自分を見て あらためて驚きました。

そして光が注がれる時には
消えた影のことを考えるようになりました。

あるべきものがない自分、に気づいたからです。

光と影は ひとつのものでした。
光があるから影があり、
強い影がある時は自分に
強い光が注がれていました。

そのことを知るべきでした。

影のないあなたは
もう知らん顔で生きることを決めました。

けれど時々 何かが足りないと
少し考えるようになりました。

消えた影は
あなたの心に影を落とし
あなたの胸の中で存在するようになりました。

失くした影をあなたは常に探しているのでした。



2014年12月26日13:35海に立つ
穏やかに
生きることだけがすべてだった。

心静かな日々が
欲しかったから。

そのために
何もしないことを選んだ。

おびえる日々と
訣別するために。


今年最後、
海に立つ。

穏やかな海に
夕日が映る。

泣かないで
泣かないで

かなしみは
海の中に閉じ込めて

いつまでも消えない
黄金色のその輝きは

この胸にきっと残るから。
DSC_0651



2014年10月14日15:34夕焼けに。
DSC_0619

忘れないように
いつまでも

大切に
この記憶を
留めていられるように

毎日
空を見上げて
静かにながめます。

真っ赤な夕焼けが
いつか色を失くして

闇に包まれるまで

今日も一日
忘れずに生きた、と

ただそれだけを伝えたくて

海と空がつながるところ、
夕焼けに褒めてほしいわたしは

今日もこうして来てしまうのです。


2014年10月09日01:47赤い月
DSCF6421

赤い月 
見上げた

あたしは 夜の闇はこわくない

だけど
だけど月がこわい

あたしの悲しみなんて
ほんの小さなことなの

真実なんて
傷を深めるだけ

あたしは力尽きて
闇の中で
息をひそめていたいのに

赤い月が 
あたしを連れ出す

怪しい光に操られるように
あたしは 月明かりの下に立つ

赤い月
もういいのよ

あたしのかわりに
泣かないで。


2014年09月12日10:53秋の空
DSCF6326

諦めて
手放した
この掌の中には
もう何もない。

見上げる秋の空、
優しい。

心を映す
秋の空。

931eca0f1


2014年08月12日17:12嵐が去って。
嵐が去って
空を見上げる

この世界いっぱい
蝉の声が広がる

汗がにじむけれど
今はこうして見上げていたい。

蝉しぐれの中
ひとりきり。

焼けつく陽ざしに
ほっとする。

まぶしさに
目を細め
子供のように
微笑んでみる。

穏やかな夏が
私を包む。

静かな心を
取り戻す夏。

DSC_0600




2014年06月26日11:59風のように。
季節は巡り 淡々と花は咲き

風のように 月日が目の前を過ぎていく。

すべてを 風をながめるように見送って

わたしは静かに
この場所で生きていく。

DSCF6222



2014年06月13日18:40満月の夜は。
DSCF6197

満月の夜は
気をつけて。

闇に閉じ込めた記憶、
語ることのない想い出、
胸の奥に押し込めても

月の光
奥深く
光を注ぐ。

満月の夜は
気をつけて。

閉ざした扉、
開けないで。

結んだ口を
開かぬように。


2014年06月01日20:05けじめ
たとえ 居ても居なくても
どちらでもよかったとしても

たとえ 日常の喜びを
分かち合う存在になれなかったとしても

たとえ 肝心な場面で
忘れ去られ必要とされなかったとしても

すべての真実を知ればこそ

それくらいの自分だと
静かに受けとめて

黙って消え去ることが
人としてのけじめ。

DSC_0584



2014年05月14日14:39猫のプライド
DSCF5323

しょうがないでしょ
所詮みなひとりきりよ

生まれたときも
死ぬ時も

だって仕方ないでしょ

自分の運命なんて
自分で決められないんだもの

アタシは猫だけど

縛られないで
生きていくのよ

ひとりでいいのよ
それが自由ってものでしょ

アタシを見習いなさい

知らん顔して
通り過ぎればいいのよ



2014年05月05日00:40風よ吹け
風よ吹け
五月の空に

夢でふくらむ
鯉のぼり

晴れやかに
誇らしく
空を泳げ

風よ吹け
五月の空に

この夢も
向かい風を受け
空高く舞いあがれ
140505n




2014年04月20日21:16ふるさとの川に立ち
DSCF6036

ふるさとの
川を見つめて立ちつくす

時を止めたような風景に
風だけが吹きぬける

ふるさとを離れ
どれだけの月日が経ったのだろう

今は亡き父

私をいつも待っていただろう

ふるさとの川に立ち
わたしは 

「おとうさん」と
つぶやいてみる



2014年04月17日09:16だからこつこつ。
人生は
努力しても
なるようにしかならないけれど

人生は
努力しなければ
なるようにもならないの

だからこつこつ。

今できることを
ていねいに
心を込めて続けていくの。

L93

DSCF6098


2014年04月10日00:00四月の海
DSCF5997

四月の海に
ひとり立つ

誰も来ない
四月の海

四月の海に
春を求めても

知らん顔して
波を打ちつける

「春なんてつまらない季節さ。
みんな桜に夢中だからね」

岩は黙って受けとめている。
もう少しの辛抱だと
岩は黙って耐えている。

白く広がる波しぶき

四月の海は
少しさみしい

強い風のせいにして
荒れている

忘れられたと思い
荒れている




2014年04月08日00:00風の中で。
桜の花びら舞う
強い風の中で

わたしは空を見上げた

さらさらと音をさせ
花びらは散っていく

さくら
さくらよ

この身も同じ

風が吹けば
散りゆく命

しがみつくこともできず・・・・

せめて
最後は潔く。

美しく風に舞わせて。
DSCF5983



2014年04月07日00:00睡魔が襲う。
編み物してたら
睡魔が襲う
パソコン見てたら
睡魔が襲う

 やりたいことは
 いっぱいあるのに。

運転してたら
睡魔が襲う
湯船につかれば
睡魔が襲う

 気を抜けば
 大変なことになるのに。

一生勉強、と机に向かえば
睡魔が襲う
この人生を真剣に考えてみたいのに
睡魔が襲う

  あぁ
  なんてことなの

だからわたしは
いつも目を大きくひらいて
瞼が下りてこないように
がんばっている

変なことでがんばっている。
DSCF5965




2014年03月30日09:30あした咲くよ
春が来たよ
春が来たよ

うれしくて

お空に向かって
ぐんぐん伸びて

私はもうすぐ
可憐に咲くよ

春が来ること待っていた
花に埋もれて待っていた

さぁ出番だよ
みんなの声がして
私はうれしくて飛び出した

ありがとう
青空の祝福受けながら

きっと私
あした咲く。
DSCF5953



2014年03月15日00:40決断
強い薬を
オブラートに包んで飲むように

三月という
やさしい季節に包まれて
厳しい別れがやってくる

そう 三月は
別れを覚悟できる月。

心の中に メスを持った
白衣の医者が決断を迫る。

点滴を引いて歩く
そんな自分に
もう手術しかないと迫る。

手遅れにならないうちに
今しかないと きっぱりと告げる。

三月だから
覚悟を決めて

三月だから
思い切る。

もう一度 生まれ変わり、
ひとりで歩きだすために。

三月という
やさしい季節があるうちに。

心を
決める。

DSCF5923



2013年12月25日13:05「愛と自由」
愛と自由。
愛と自由・・・・

とても幸せな言葉だけど、

だけど
よくわからない。

愛すれば、
自由を奪い

自由を求めれば
愛は遠ざかる

両方欲しがれば
どちらも手に入らない。

本当の愛は
人を解き放し

本当の自由は
人を愛で満たすものでしょうか。

わたしは
心を満たす
愛と自由に

憧れながら
生きている。

DSCF6194


2013年01月17日09:02三日月の語り
今夜は君の
涙の受け皿になろう

闇を照らすほどの灯りもないし
たくさんの涙を受けられるほどの
深さもない僕だけれど

君はもう
そんなに流し続ける涙もないだろう

きっと君は目の前の現実を
心が認められなくて

目を塞ぎ
耳を塞ぎ
無表情になって
気づかぬふりをしていた

だけど君は
もう前に進むんだ

夜の中で僕を見上げる
その瞳に涙はあったが
本当は君は
涙は流し尽くしたあとだろう

今夜は君の
涙の受け皿になろう

気づいたその真実を見つめ
しっかりと前に進むんだ

DSC_0227


2012年02月02日15:51かげぼうし
かげぼうし

追いかければ
追いかけるほど

逃げて 逃げて
どこまでも

待って 待って

おいていかないで

指きりげんまん したじゃない

いつもそばに
いてほしいのに

つまづいて ころんで

うずくまり うなだれて

なみだ ぽろり。

ひとりぽっち
ひとりぽっち

けれど
よく見てごらん

ほらそこに

そっと寄りそう
かげぼうし

ほんとうは いつだって
いつだって いっしょにいるよ

離れそうで 離れない

あなたとわたしは
かげぼうし


2011年10月09日01:35慈しみに満ちた季節
2b62f528.jpg

秋は 慈しみに満ちた季節

高い空は
哀しみを記憶の彼方に遠ざけ
実りの秋は
いつかすべて報われる時がくると
教えてくれる

陽は駆け足で沈み
哀しみに とどまらないで、
また明日に、と言う。

離れがたい夢ほど
過ぎてみれば
ひとときの夢とわかる。

こんなに胸に沁みるのは
秋がくれた薬が
胸の傷に 確かに効いているから。

やがて傷口も癒え
優しく微笑む頃には

すべてを紅く染めて
祝福のフィナーレ。

秋が静かに
痛みを乗り越えたわたしを
称えてくれる。

秋は・・・
慈しみに満ちた季節。


2011年09月11日21:21ふうせんかずら
5b2c997b.jpg

やさしい緑のカーテンの中
かわいい風船
揺れている

ぷくりと膨らむ風船が
涼しげに揺れている

白い白い小さな花が
風船のそばで ささやきあって
得意げに咲いている


知ってるよ わたし

その風船の中に
かわいいハートが隠されてるの

やさしいやさしい
三つのハート
お薬みたいに 心に効くよ

私たちもいつか
かわいいハートのしるしになって
また生き続けていけるかな

来年もまた きっと咲けるよ。
だから今から楽しみいっぱい。

小さいけれど知っている。
楽しみやうれしさであふれてる。

来年もまた ここで咲いて
心に 優しさ届けるよ。







2011年08月06日18:28八月
201108061812000

朝顔
焼けつく陽ざし
草の匂い

耳鳴りのように 響き渡る
蝉しぐれ

時をとめて
立ち止まる季節

百日紅(さるすべり)
木槿(むくげ)
夾竹桃(きょうちくとう)

青空の下で見る 花火のよう

 「しゅるしゅる
  パーーン」

幼い日の記憶、呼び起こす。

見上げる空に入道雲

夕立ち


立ち止まって ずっとずっと
ながめていたあの日

この胸にいつも
鮮やかに甦る八月



2011年07月24日01:45夕日と海。
06b3068f.jpg
きれいだね
  夕日が
   海が。

やさしいね
  いつもかわらず
  そばにあって。

静かだね
  きっと海がお日さまに
 「おかえりなさい」って
  言っているのね。

だから
お日さまはうれしくて
こんなに優しく輝くのかな

今日あったこと
いっぱいいっぱい話してるかな。

思い出したこと
あれもこれも
話したくて夢中で。

 わたしも穏やかな海になって
 「おかえりなさい」を言いたい。

今日も笑顔で終われるね。

いつも 待っているからね。


2011年06月27日14:04クチナシの花
d1ed1a27.jpg

あなたが闇に迷う時
どうか
私をさがして。

眠れない夜
孤独な夜

月明かりもない闇の中で。


甘い香り
風に乗せて
ここにいる、と伝えている。

いつも変わらずに
姿は見えなくても

ずっとそばにいること
あなたは気づく時がくるから。

闇の中で
白い花びらがもえる。

「私はここよ
 いつもここにいる。」

そして
ある日

あなたは扉を開けて 
はっ として 飛び出すの。


2011年05月30日01:46かたばみのうた
4afeeaea.jpg
1.
かたばみの 花咲いて
しずかに揺れる午後
わたしは見つめているの
幼いわたしを
ふるさとは変わらずに
ひっそりと静かに
あの日と同じように
春の花が咲くかしら
 優しいおかあさんが
 いつも抱きしめてくれた
 野の花も美しい
 ふるさとに帰ろう
2.
かたばみは 陽をあびて
優しい風に揺れる
小さなこの世界を
よろこびで満たして
ふるさとは変わらずに
この胸の時を戻し
私を少女にして
春の花をくれるかしら
 優しいおかあさんが
 いつも待っていてくれた
 野の花も美しい
 ふるさとに帰ろう

 優しいおかあさんが
 いつも私の名を呼んだ
 野の花も美しい
 ふるさとに帰ろう


2011年05月27日17:01ストロベリー・アイス
b82c11ff.jpg
ストロベリー・アイス かわいい

5月の風に吹かれ
微笑むように

やわらかいフリルで
少し はにかむように。

恋をした日は
きっと こんな風にほほ染めて

夢を描き
五月の風の中で揺れるもの。

ストロベリー・アイス ささやく

甘くそっと
私の耳元で。

「いつまでも忘れないで。
 いつまでも変わらないで。
 その心は きれいなままで
 瞳の輝く 少女のままでいて。」


ストロベリー・アイス 見上げる。

見つめるわたしを。

2011年05月18日01:28満月とわたし
52a32c36.jpg
ただ
月あかりめざし
進むわたしに

注がれる月のしずく。

満月が見てる
ひとりぼっちのわたしを。


手をさしのべて
追いかけても
届くはずもない

なのに
月は見てる
瞬きもせず

こんな小さな
ひとりぼっちのわたしを。

大きな宇宙の中の
満月とわたし。

心の闇に注がれる光。



2011年04月30日23:59 れんげの花にうずもれて。
15cae09e.jpg
れんげの花にうずもれて
お空を見上げる

こんなにお空は広いこと
知ってたようで知らなかったな

どこまでも空は続くけれど
ここはだれも知らない
わたしだけの秘密の世界

ここにいること
だれにも内緒よ

れんげさんだけにお話しするの
お話ししたいことがいっぱいあるの
誰にも言えない私の夢よ

笑ったらだめよって言ったのに
れんげさん いまクスクス笑ったでしょ。

いいのよ 本当はね
自分でも笑っちゃうの。

私はれんげの花にうずもれて
甘い香りに包まれて
夢中で夢の続きお話ししてる

れんげの花が
優しく私を包んでくれるから
私はとってもうれしくて。

母さんが帰るまで
今だけの秘密の場所。


2011年04月23日22:29
9a32747f.jpg

この人生は自分の責任だから
ひとのせいにするほど
私は誇りのない人間ではないし

ひとの人生に
私のせいだと言われるほどに
影響をあたえられる人間でもないから

傷つきもしないし
傷つけもしない

思い出に残るようで残らない

けれど それでいい
鮮やかに残らなくていいの

思い出せそうで思い出せない

やがて記憶が闇に飲み込まれることを
私は静かに待っている

忘れ去られることを待っている


2011年04月15日10:15未完成
899e4ed7.jpg

愛は
未完成のまま終わるから美しい

別れは
涙が枯れるほど泣けたことほど
ずっと忘れない

桜は
一番美しい瞬間(とき)に
無情の風に散らされるから

ひとはみな
人生を重ねる

未完成が
この胸に残る

追いかけても
届かない
この胸の痛みに耐えて

いつかまた
再びの夢を祈る

だから
桜の木の下で
思い切り泣かせて

桜吹雪の中
泣かせて


2011年04月03日01:46春は黄色
68f88ef7.jpg
生きろ、生きろと
黄色い花が
春を連れてくる

春の黄色は
光を集めたような
鮮やかな明るい黄色。

希望の色。

もうすぐ桜のそばで
菜の花も輝くよ。

可愛い少女のように
微笑むよ
6989798_447661187_1large


2011年02月25日02:27
3b4e3538.jpg

待ちわびたはずの
春は

ただ切なくて

見上げる空に
滲む青空

春がこわい
春がこわい

こんな春は初めてだから

せめて
せめて

晴れやかに
にぎやかに
花を飾る

いつか

お空に大きな穴が開いて
天使が舞い降りてくるの?

ただ立ちつくす

春の風の中








2011年02月02日17:25春はもうすぐ
春はもうすぐ

長い冬も
いつか春に。

やさしい
あたたかな
陽ざしにみちた
春はもうすぐ

梅のつぼみ
ふくらんで
うれしい春を
教えてくれる

小鳥たちは
梅の木の上で
もうすぐ春だよと
歌ってくれる

やわらかな陽ざし
注がれる
哀しみのむこう

穏やかに
みちたりる
春はもうすぐ

この胸に
春の光
少しずつ注ぐ。
201102021708000


2011年01月10日17:37ひとことで。
人は

ひとことで
天にも昇り

ひとことで
心を砕かれ

ひとことに
胸を熱くする。

ひとことで
すべてを悟り

ひとことで
心を決める。


すべてを映す
そのひとことで。
DSCF6736



2011年01月08日23:56兎と神さま
月が腰掛のように細く輝く夜
兎はばたばたと神さまに会いに来ました。

「いそがしい、いそがしい。
 私はどうしてこんなにいそがしい。
 月が満ちるまでに
 神さまのお役目 こんなにたくさん。
 朝から晩まで走ってて
 なんだか本当に目が回る。
 どうしてこんなにいそがしい。」

息を切らし 耳をピンと立てて
神さまの言葉を待つように
やっとそこに座りました。

神さまは 言いました。

「あなたはすべてを背負いたい、
 忙しくしたいだけなのです。
 もうすでに 任務が完了していることまで
 いつまで背負って走ろうとするのですか。」

兎は 頬をプクッとさせて
まんまるな目をさらに丸くして言いました。

「いえいえ神さま。
 私の任務は終わっていないのです。
 まだまだ私はやり足りないのです。
 まだ何も報われていません。
 がんばればがんばるほど仕事は増えて
 私はなんだか目がまわる。
 だけどもっともっと
 私はがんばらないといけないのです。」

神さまは 少し笑って言いました。

「少し楽におなりなさい。
 任務完了したものは
 今夜あなたの記憶から
 そっと消しておきましょう。」

兎は 不満げに座っていましたが

「そうだ!急がなくちゃ。
 私はこうしていられない。
 神さま失礼いたします。
 また行ってまいります!!」

そう言って 失くした記憶にも気づかずに
次の任務へと走って行ってしまいました。

細い月だけが
静かに微笑みながら
兎を追いかける夜でした。
201101031652000


norie1

2010年09月06日11:17百日紅(さるすべり)
201009030947000

焼けつくような夏の日差しの中で
百日紅うれしそうに咲いている

今日はお出かけ
待ちきれなくて

少女は
フリルのついたピンクのワンピース

お家の前で
いまかいまかと
うれしそうに待っている

優しい母さんに手を引かれ
お出かけするの

見上げた庭先
見つけたよ

うれしそうな百日紅の花
少女と同じ
フリルをつけて

青空の下
揺れている

少女のように
揺れている


2010年06月26日21:06あじさいのように。
f0fa95f7.jpg

あじさいは
いつも
雨が恋しい

お日さまの光より

雨に打たれて
自分が輝く花だと知っているから。

この一瞬に
美しく咲きたいと願えばこそ

絵のように
記憶に残る一瞬を。

だからわたしも
あじさいのように

記憶に残る一瞬を残して。


この雨に
すべてを流して

美しく生きていく。

2010年06月23日00:55かたばみの記憶
4b47c471.jpg

むらさきかたばみ
遠い記憶。

ひっそりと
けれど気がつけは
いつもそばに。

優しい母さんの声がする
午後の庭に

野良犬が聞き耳を立てながら
昼寝する。

私はうれしくて
話しかけてながめる。

「今日は来てくれたのね。
 朝はどこに行ってたの?
 楽しいことがあったかな?
 待ってたよ。」

野良犬は 安心したよ、と言うように
「ふーん」と鼻で大きく息をして
わが家のようにくつろいで
私の話を聴いている。

サッシを開け放ち
光差し込む静かな午後。

そんな庭の隅で

ひっそりとかわいい
むらさきかたばみ

静かに揺れて

おしゃべりな
わたしのお話聴いている。

かたばみもまた
安心したように。

幼いわたしの視線の中に

いつもあった
むらさきかたばみ

ちゃんといつもながめてた。

むらさきかたばみは
幸せな記憶。
DSCF7052


2010年05月31日16:56薔薇の花園
7127f189.jpg

薔薇の花園
ひみつの隠れ家

甘い甘い
薔薇の香り

そっとあなたの耳元で
いざなう妖精
ささやく声を

聴いたあなたは
少しめまいする

薔薇の花園
アーチの中で

五月の風に吹かれたふりして
あなたは
妖精のささやきを聴く

ここはすてきな
秘密の花園

すてきな夢の隠れ家





2010年05月16日02:36祝福
6c544060.jpg

穏やかな一日に
今日も感謝。

豊かに
静かに
一日が過ぎていきます。

黄金色に染まる海は
幸せな一日を祝福しているようです。

この胸を満たしてくれる
美しい夕日を

少女のように
夢にあふれながら
見つめられる幸せ。

「ありがとう」

思わずつぶやく一日の終わりに
美しい夕日。

心を映す静かな海です。


2010年05月05日23:56五月の海で。
d3c478da.jpg

あなたと行こう
五月の海へ

光満ちた
穏やかな海へ

爽やかな風が吹く
まぶしい海は
光を集め きらきらと輝く

今はこうして
静かな海で。

ただぬくもりを感じて。



夢を語ろう
五月の海で

誰もいない
ふたりだけの海で

やっと訪れた
満たされる時間に

ともに生きてきた
喜びにあふれて。


時をとめて
ずっとこのまま。




2010年04月26日23:07春の語らい
894a2f3f.JPG

春のつぶやき
花の語らい
春の花壇で
ひそひそばなし

小さな花がひしめく中で
かくれんぼしている
あなたはだあれ?

初恋草さん
お話し聴かせて
あなたの恋の
すてきなお話し

うんうん
なんだかキュンとする
あなたはいつも乙女なのね

マーガレットさんうれしそう
私もお話させてほしいな。
自慢話になっちゃうけどね。
にこにこしながら順番待ってる。

振り向くと 勿忘草さん
静かに揺れて
遠い目をしてため息ついた

忘れかけていた恋の記憶
今思い出しました、と。

ロペリアさんは
ふふっと笑う

みんなおしゃべりなんだから。
大人は何も語らないものよ。

だけど何かあったら
私に相談しなさいな。

春の花壇は
みんなで寄り添い
恋の話に花が咲く

お花の中でこっそりと
花の語らい聴いている

きっきうれしそうな
笑い声が聴こえたよ

隠れていても
我慢できない

かわいいあなたは
いったいだあれ?
6989798_447661178_1large
6989798_447661184_1large